外ごはん

アースデイマーケット@代々木公園

090923_earthmarket01090923_earthmarket02090923_earthmarket03090923_earthmarket04 代々木公園で開催されているアーデイマーケットに行ってきました。月に一回開催されているタイプのものなので、わりと小規模。でも人は多くてにぎわってました。

普段行くことのできないようなマクロビオティックのお店が出店していて、ランチになるかな。と思ったら、あまりごはん屋さんはありませんでした。

そこで、おいしそうなおにぎり発見、たくさん種類があったけど、みそ(yen150)と雑穀(yen200)をチョイス。味噌をつけるだけでりっぱなおにぎりの具になってしまう。これ、おいしいお味噌だから成り立つのだと思うけど、自分でもやってみよ。

雑穀おにぎりは雑穀のうまみのハーモニーって感じで、想像以上においしかった。自分でざっこく入り玄米ごはんにしているけど、このおむすびは黒米が入っているのが味に大きな違いになっていたのかも。色も紫色になって、おいしそう。

090923_earthmarket05 おもちも買いました。3つでyen1000. 左の写真の左から、玄米もち、大豆入り玄米もち、黒米もち。

玄米もちはシンプルに玄米のおいしさを味わい、大豆入りはちょっと甘い。黒米もちは、ごはんのつぶつぶ感が残っていて、食感が楽しめる。どれもしっかりとかむほど味がありました。

090923_earthmarket08 090923_earthmarket09090923_earthmarket10 ミニバンで出店していたWHOLE FOODS MARUGOTO. 普段はオフィス街でミニバンでマクロビお弁当を販売しているそう。

ベジタブルカレーと黒大豆カレー(各yen700)。

ベジタブルカレーはココナッツ風味でイエローカレー。なすやジャガイモなどがごろごろ。黒大豆カレーはりっぱな黒大豆がごろごろ。

どっちもしっかりと玄米もついて、見た目もきれいで丁寧につくられているなあと思いました。おいしかったです。うちのオフィスの近くにもランチに来てくれたらなあlovely

野菜もちょこちょこ買いました。たまねぎ、ごぼう、かぼちゃ、菜っ葉、新生姜、紅あずま。無添加の白菜のお漬物。パン。いただくのが楽しみrestaurant また買いにこよう。

赤坂 レストラン オゥ レギューム

090916_01 赤坂の野菜の美味しいレストラン「オゥ レギューム」で、マクロビ友達とランチ。こちらのお店は、マクロビオティックではないけれど、自然農法の野菜を仕入れるなど、おいしい野菜にこだわっているお店との評判。

090916_02 090916_03

090916_04 090916_05 090916_06 いただいたのは、野菜プレートランチ(yen1200)。

野菜のマリネ、キッシュ、グリル、サラダ、ジュース。それにフランスパンとカフェがつく。自然の野菜を使っているだけあって、ひとつひとつの野菜の味が濃いclover 野菜好きにはうれしいですね。

090916_07 090916_08

090916_09 プラス(yen300)でデザートもつけちゃいました。

おまけデザートなのに、2種類もlovely うれしい悲鳴heart04 甘すぎず、重すぎず、Goodgood

店名は覚えにくいけど、フランス語で「野菜tとともに」という意味だそう。お店の雰囲気もいいし、リピ確実なお店です。

五反田 韓国料理チェゴヤ 

090913_01 090913_02 終日セミナーなので、グループのみんなと決められたお店でランチ。近所の韓国料理「チェゴヤ」。

春雨(チャプチェ)ごはん。韓国の春雨ってもちっとしていてボリュームがあっておいしい。日本の春雨とは原材料が違うのかな。

おむすびって愛だよね

090912_011 090912_02 昨日から、マクロビ友達つながりで、3日と1晩の自己啓発セミナーに参加している。3日は、朝8時半から夜11時までというハードなもの。

セミナーの紹介者で今回ボランティアもしてくれているツッキーが、玄米おむすびを差し入れに持ってきてくれた。

おむすびは「おいしいうちにすぐ食べてね」と書かれたシールがついている。ツッキーかわいすぎribbon 

受け取ったときはまだホカホカしていたおむすび、にぎってくれた気持ちの温かさが余計伝わってきた。食は食材の生命を食べることだけど、作ってくれた人の愛もいただくことだよねheart01 だから、おむすびとっても美味しかったriceball

渋谷BIO カフェ 夏野菜のドライカレー

090906_biocafe_ 渋谷スペイン坂にあるベジ対応カフェ「BIO cafe」で、マクロビ友達とおしゃべり。

週末ランチにしかないメニューというので、夏野菜のドライカレー(yen1300)をオーダー。

お皿にうすくひいたもち玄米の上にドライカレーがのり、その上に鮮やかな夏野菜がキレイに並べられている。おおっ、キレイcatface

カレーはぜんぜん辛くないので、あまりカレーという感じはしなかったけど、おいしかったdelicious

第10回アリサン マーケットデー

090905_alisan_01 090905_alisan_02 普段とっても食材関係で利用しているアリサン。埼玉県日高市にある社屋にはおいしいと評判のアリサンカフェがあると聞いていたので、いつかは行ってみたいなあと思っていたけど、なかなかそこまで足を伸ばしてはいなかった。

9月5日(土)に、毎年恒例になっているアリサンマーケットデーというものが催されるということで、この機会にマクロビ友達と遠出をしてきました。

最寄り駅の高麗駅からアリサンまでの道には、無人野菜販売所がいくつもあり、草花も緑も川もあり、栗の木があり、視界が広くて、来てよかったなあと思うくらい気持ちいい。

090905_alisan_03 090905_alisan_04

090905_alisan_05 アリサンマーケットデーは、今年で10回目だそう。駐車場にはFoodや野菜、雑貨衣類日用品、タネなどの出店があり、中庭では音楽のライブ、1号棟2階ではワークショップが行われているのだが、駐車場のマーケットを見て、食べるものをゲットして中庭に持っていって食べて、もうそれだけで手一杯。

090905_alisan__01 090905_alisan__02

090905_alisangreen_01 おなかも空いてたので、まずは香ばしいにおいがたまらない、one焼きとうもろこし(yen200)から。ひとつぶ一粒がプリッとして、甘い。

ランチとしてごはんがたべたいなあと物色。さいたま市の Green Groundtwoチリコーン麩酵素玄米丼(yen600)。オートミール入りのコロッケ付き。久しぶりの酵素玄米heart01

090905_alisan_kiki_02バジルペーストのにおいにつられて、kikithreeバジルサンド。香ばしそうなパンに自家製のバジルソースを塗って、季節の野菜のグリルをはさんだだけのシンプルなものだけど、見るからにおいしそう。 

090905_alisan_kiki1 090905_alisan_kiki_01

090905_alisan_kiki_02_2090905_alisan テーブルには他にもパンやスイーツが並んでいる。

飛ぶように売れていくケーキのうち、なんとかfive梅ケーキをゲット。 さっぱりしていてスイーツという感じではないけど、おいしい。

暑い日で、sixジンジャーソーダになんとも誘惑される。たねの森yen100)で。うーん、さっぱりnote

090905_alisan_estreet090905_alisanestreet めっちゃおいしいベーグルと評判のe-street bagles で、seven抹茶栗スコーンとeightアッブルのベーグル。

抹茶栗スコーンは思った以上においしかった。もっと食べたい~delicious

ベーグルは生地がしっかりしていて、噛み応えがあって、ベーグルのおいしさが味わえる。

スコーンもベーグルもたくさんの種類があって、どれもこれも食べたかったなあ。

090905_alisan_01_3 なんだか大きなコロッケが入ったピタサンドがおいしそう!と人の食べていたのを見て、オーダー。ラパンノワールくろうさぎnineピタサンド。

ひよこ豆のコロッケがボリュームあって、うれしい。

普段あちこちの自然食品店で見かけ、いろんなパンを買っているラパンノワール。お世話になっています。

いやあー。今回のたくさん食べちゃいました。アリサンカフェでも食べたかったけど、テナントの買い食いでもうおなかいっぱい。

なのに、まだまだ!お持ち帰りでもあれこれ買いました。

090905_alisan_kiki01_2 090905_alisan_kiki041 kikiノアレザンyen400)。くるみとレーズンがたっぷり入っていて、ずっしりとした重さんのライ麦パン。

噛めば噛むほどおいしさを味わえる。おいしかった!

090905_alisan_041 090905_alisan_061

長野県bio-landで、農家民宿とドイツパン&菓子Kominkaから、ドイツパンが。あれもこれもシンプルだけど、しっかりとした強さを感じる伝統のパンなのだろうと思わせる趣のパンが並んでいたけど、結構高かったので、友人と半分にして買ったパン。だけどすっぱかったー。日本ではこんなすっぱいパンは見たことない。基本に忠実なんだと思うけど、ちょっと慣れませんweep

090905_alisan1_2090905_alisan1090905_alison_1090905_alisan_vida021090905_alisan_vida031ほかにもちょこちょこたくさん粉ものかってしまいました。

小豆スコーン、黒米パン、デーツマフィン、おからスコーンなどなど・・・。

ほかに、野菜も買って帰ったし、すごいエンゲル係数高い一日だったなあ。

090905_alisan1_3 最後にアンケートに回答して、粗品のスナック試供品をいただきました。s

eat more greens ランチカレー

090902_eatmorevegetable01

090902_eatmorevegetable04

090902_eatmorevegetable06 麻布十番にあるNYスタイルのベジカフェ「eat more greens」でランチ。

本日のベジタブルカレーセット(950円)の今日のメニューは、彩り野菜とトマトのカレー。

ごはんは十穀米で、ちょっともっちり系。カレーは、茄子やにんじん、じゃがいものほか、グリーンレンティルが入っていて、コクを出しているように思われた。量もたっぷりでうれしいhappy01

添えられた生野菜も、お飾りという感じではなくて、きちんと量がある。 eat more greens というだけあって、一皿で多種の野菜がしっかり摂れる感じで、好感heart04

ランチセットにはドリンクとミニデザートがついてくる。ドリンクは、コーヒー、紅茶、とうもろこし茶が選べるというので、とうもろこし茶をチョイス。これもたっぷりカップでしっかりいただけました。

ミニデザートは、ココナッツミルクを小豆とミックスしたもの。上には、さつまいもを蒸してつぶしたもの、ブルーベリー、オートミールが載っている。さつまいもをこんな風に置くだけで、色もきれいだし、甘みがあるのですごく自然なスイーツだと思う。さすが。

麻布十番の駅からも近いし、お店の雰囲気もアメリカンで居心地がいい。リピート確実good

砂浴合宿3日目

砂浴合宿3日目。2日目同様に、6時起床。海岸掃除をかねて、6時半からゴミを拾いながら、原岡海岸を散歩。7時から浜辺で、Yumi先生のもと、ルーシーダットンを30-40分。

090827__ 090827___2

090827___3 8時から朝食。玄米に黒ごま、かぼちゃの味噌あんかけ、きゅうりの昆布の浅漬け、たくあん、味噌汁(写真撮り忘れ)。

ここのかぼちゃは白いかぼちゃで実もすごく固く、甘みもすくないけど、ほっこりした美味しさはちゃんとある。

久しぶりのお味噌汁、美味しかったー。

さあ、今日は砂浴最後。どんな反応が出るか、楽しみ!と砂浴の準備をしていると、なんと月のものがやってきた。おおー。こんなときに思いがけない来客だ。今年になってから不定期だったけど、まさかこのタイミングとは。

090827_仕方ない、今日は全裸はあきらめ、トップレスで砂に埋まる。(左の写真が埋まっていた場所で、その下の写真は、埋まりながら見ていた海岸の風景)

海岸は結構風があり、日も陰りがち。目を開けていると砂が目に入って痛いので目をつぶると、また眠ってしまう。眠りは浅いけど、よく昼も夜も眠れるなあ、と自分で感心。

今回は左足の先とひざあたりにちょっと痛みを感じたくらいで、他にはとくに変わったことはない。3時間くらいで砂から出て、山村先生に診てもらうと、だいたい今までの2日間で言われたことと同じことが出てくる。

090827__2人によって、全然砂のつき方が違ったり、言われることが違うので、人の望診もすごく勉強になる。山村先生の周りにはいつも数人が囲んでいて、熱心に診断を聞いていた。わたしはまだまだ勉強もしていないので、聞けば聞くほどわからなくなってしまう。自分が言われたことでも、混乱気味だ。

わたしは、初日はまだあまり砂浴の効果が出ていず、2日目で全裸になったこともあり、痛みを感じたり、午後には汗をかいたりと、効果が出てきたようだ。3日目はとくに砂浴で取り立ててのことはなかったが、月のものが来たということは拝毒作用の一種と考えられるのではないかと思う。それに万年便秘症で、外泊するとそれに拍車がかかるのに、この合宿中では多少だが排泄があったのが注目すべき点かもしれない。

他の参加者でも快便だったり、頭痛を感じたり、気分が優れなかったり、など、拝毒の症状が現れてる人が何人もいた。

ちょっと軽くなった身体で帰宅。でもお昼は玄米おむすび2個とたくわんだけだったので、かなりおなかが空いた。帰宅して、わらべ村の全粒粉のそばとお豆腐をしっかりいただき、あっという間に寝てしまいましたsleepy

本当に貴重な体験だったなあ。山村先生、尾形先生をはじめ、ほんとうにみなさんに感謝。

砂浴合宿2日目

砂浴合宿2日目、6時起床。海岸掃除をかねて、6時半からゴミを拾いながら、原岡海岸を散歩。7時から浜辺で、Yumi先生のもと、ルーシーダットンを30-40分。

090826__ 090826___2

090826___3 8時から朝食。玄米おかゆ、豆腐とにんじんとごぼうの煮物、昆布の佃煮、しいたけのあんかけ、きゅうりの生姜ずり、という感じか。

昨夜、夕食当番をしたので、この昆布は車麩を煮たときのもので、しいたけはしいたけ茶を作ったときのものだと気付く。素材をうまく利用しているなあ。

9時から、海岸で砂浴。初日の体験から、どういう穴にしたらいいか、埋め方などがわかり、ほかの参加者を埋めるのにもコツをつかんでいく。

砂浴を満喫するには、やはり素肌が効果的にちがいないと悟り、今日は全裸で挑戦。すると砂に隙間なく埋まることができて、かなり居心地がいい。その効果か、埋まってしばらくすると、右上腕部と右脇あたりにするどい痛みを感じ始めた。

ああ、これが昨日他の参加者が虫が這っている、と表現していた痛さに違いないと思い、ひたすら我慢。でも左はなんともなくて右だけ、この部分は何なのだろう、などと思いながら、いつのまにか寝てしまう。

11時頃、水分補給用に「トマト要る人~」と呼び声が聞こえて、目が覚める。昨日はきゅうりだったけど、のどが渇いた気がしなかったので食べなかったが、目が覚めたらのどが渇いたように思ったので、左腕だけ出して、ひとつもらう。

あまり午前中は日が照っていなかったせいもあって暑くなかったのだけど、トマトを食べて少しすると、寒さを感じるようになった。12時半頃、お昼の玄米おにぎりとたくあんが配られたが、空腹ではないと思ったので、できるだけ埋まったままがんばってみようと思ったが、トイレに行きたくなり、砂から出た。

トイレに行き、お昼を食べていると、かなり日が照ってきた。この天気のよいうちに温かい砂に入ろうと、後半戦へ。かなりパラソルを下げ、目線は目の前の海だけを見ていると、やはりまた眠ってしまう。今回は腕の痛みは感じない。

目が覚めると、周囲で診断してもらうために山村先生を呼ぶ声が聞こえる。参加者が多いので、なかなか先生に診てもらうのは難しい。しばらくそのままの状態でいるが、目が覚めるとじんわりと汗をかいているよう。

090826__1 090826__1_2 ようやく砂から上がり、山村先生に診ていただく。まずは上半身を起こし、背中。

すると、「これはユニーク。ケータイ持っているでしょ?だれか写真撮ってあげて。この指も入れてね。」と。

砂が一箇所だけ、キレイについていないところがある。砂がついていないのはトラブルのサイン。

そして足。とくに左のふくらばぎの下あたりに、砂がついているが、べっとりと湿った砂がついている。

砂がついているのが正常だけど、湿っているのはそれに相当する部位の水はけが悪いからだという。

090826___4 090826___5 090826___6

今日の夕食は、なんとカレー。カレーはスパイスの刺激があるので、マクロビオティックではあまり王道メニューとはいえないから、ちょっと驚き。でもカレーなんていかにも合宿らしい。

トマトと塩もみきゅうりのサラダに、切り干し大根の煮物。

夕食後、ボランティアで穴掘りお兄さんの頭になって参加してくださっている、寺田本家の蔵人なかじさんを囲んでいるおしゃべりの輪に入る。なかじさんは「かもすぞ」って書かれたTシャツを着ている。発酵職人の誇りを感じますねえ。いかに発酵食品を摂るのが大事かをなかじさんにも伺い、みそ、ぬか漬けの常食を心がけねば、と思うのでした。

山村先生、尾形先生のお話があり、21時半解散。本部がある民宿「伝承郎」から自分が宿泊している「イイヅカ」の間に、夜空にキレイな星がshine。ちょっと浜辺まで行って空を見上げ、宿に戻り、就寝。ああ、なんて規則正しい生活good

砂浴合宿1日目 車麩のカツ丼

Img_0200 今日から2泊3日、千葉県原岡海岸で行われる砂浴合宿に参加。

ご自身のことをしんちゃんと呼ぶ、マクロビオティック食事指導者の山村慎一郎先生と、食事を用意してくださる尾形妃樺怜先生がご一緒してくださる砂浴なんて、なんて贅沢!

Img_0197初日の今日は、現地にお昼頃集合し、部屋に荷物を置き、砂浴の用意をして海岸へ。海岸にはすでにパラソルが並べられ、穴が掘られている。

山村先生から砂浴にいい穴とはどういうものか、どういうふうに埋もれればいいのかなど、実演とともに説明をしてもらい、各自砂に埋まっていく。周囲の人と手伝いながら、山村先生に教わりながら、アルバイトのおにいさんに手伝ってもらいながら、なんとか砂に埋まる。リピーターの参加者は、用意も埋まるのも手際がいい。

わたしは運よく、山村先生に埋めてもらえた。先生はいつものように、くだらなーい冗談を交えながら、あれこれコツを伝授してくれた。背中や脇の間にもちゃんと砂を入れておかないと、と手をぐいぐい入れながら、砂をまんべんなく入れていく。

まだ勝手がわからないので、タンクトップと短パンで入るが、結構砂浜は掘ると冷たい砂が現れる。首から下はすっかり砂に埋まるのだけど、意外にひんやりとして熱くない。

さて、埋まったのが1時前、目と耳だけ自由になるので、なんだか敏感に周囲の様子をキャッチ。他の人は痛いとか、虫が這っている、などといった感触があるらしい。わたしはとくにひんやりした感じ以外はとりたてて不快感はないので、そのうち周囲の声を聞きながらも、うつらうつらと眠りに入る。

しばらくして目覚めると、今度はなんだかすこし砂が崩れてきて、手が出てしまったり、足先が出てしまったり、また背中や腰のあたりにちょっと空間があるような気がしたり。ちょっとでも身動きをすると、するすると砂が崩れていく。

今日は、夕食のお手伝い当番なので、みんなより早く15時過ぎに上がる。山村先生に診てもらうと、服を着ていたので、素肌に砂がついた部分は少なく、あまり診れるところがないらしい。足の裏、ふくらはぎの一部に湿った砂がついていることから、水はけが悪い、循環があまりうまくいっていない、と言われる。確かに万年便秘症で、寒がり体質なので、その通りだと思う。

宿に帰って、シャワーを浴び、16時からは尾形妃樺怜先生の夕食作りのお手伝い。尾形先生はなんとボランティアで合宿中のごはん作りをしてくださっているのだとか。

090825__

キッチンでは、車麩が煮上がったところで、出しのいいにおいがする。大きななべ2つには大量のたまねぎが炒められている。

何ができるのかなあと思ったら、車麩のカツの丼だった。煮含めた車麩を冷まし、地粉ととき粉とパン粉をつけて揚げ、玄米、炒めたたまねぎ、車麩のカツの順に重ねる。

合宿中は、砂浴の拝毒効果を高めるために、一汁一菜程度の素食と聞いていたので、予想もしない豪華さにびっくり。

090825___2 090825___3 それから、かぼちゃとトマト、きゅうりのサラダ。わかめとオクラのお吸い物。そしてたくあん。

夕食は18時。みんなで揃っていただきました。

090825___4今回の参加者は、お子さんもスタッフも入れると総勢64名にもなり、大所帯。みんな初めて会う人だけど、砂浴に来るくらいだから、もちろんマクロビオティックという共通項もあって、食事の後は、あっという間にあちこちで話の輪ができる。

20時から、山村先生のお話と、尾形先生のお話もあり、21時半に解散。22時就寝。

山村先生のお話では、わたしも立たされ、鼻のこの部分が心臓で、肺で、舌を出せば、幅広だから持久力がある、云々かんぬん。貴重な体験でした。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march