« 玄米キャンディー たんぽぽ | トップページ | tecona スコーン »

築地市場で鮪の競りを見学

090623_05 090623_01

090623_02 早起きして、5時過ぎに築地市場に行き、マグロの競りの見学に行ってきました。

場内の奥の競りが行われるスペースには、見学者用スペースが設けられていて、「見学者区域入口」というドアから出入りします。

中は入ったとたん「寒っpenguin」。自分が冷蔵庫に入ったんだとわかりました。天井からは冷気が降りて来ていて、冷凍マグロの状態をを保つようになっていました。

狭い見学者区域の左右にマグロがずらっと並べられています。左のスペースは5時半から競りが始り、右のスペースは6時から競りが始ります。

それまで、仲買人がマグロの品定め。マグロの尾をカットした部分や尾の近くにカットされた部分を懐中電灯で照らして脂の乗り具合をチェックしています。

090623_03 090623_04

時間になると、それぞれ卸がベルをならして競りの始まりを告げます。

卸の人が小さなお立ち台に乗り、マグロの番号を言うと買いたい仲買人が1キロの希望価格を指で知らせます。市一番高い価格をつけた仲買人が競りを落とすと、休む間もなく次のマグロの競りに移ります。

卸の人の言っていることは理解できず、よくこれで競りが成立しているなあと思うのですが、耳が慣れてくると、すこしずつ何番のマグロがキロいくらで競り落とされた、というのがわかってきました。

競り落とされると、卸のお立ち台のそばにいる他の卸の人が手に持った伝票に書き込み、さらに他の卸の人が競り落とされたマグロに暗号のような文字を書いていきます。暗号はきっと競り落とした仲買人の名前なんだろうなあ。

090623_07090623_06  競り落とされたマグロはすぐ仲買人のお店のスペースへ持っていかれ、解体されていきます。解体されたマグロの半身や大きなブロックや短冊や、、目玉や、、eye 

頭だけもこんなふうに並んでました。

それにしても、場内のお店は所せましとずらずらずらーっとたくさん並んでました。そこにはマグロだけではなく、さまざまな魚fishや貝や甲殻類が!

生け簀にいたり、ショーウィンドウに並んでたり、発泡スチロールや樽に。山盛りになった甘海老もゴージャスでしたlovely  一般の人も買い物ができるようですが、競り後の早朝は交通量も多いし忙しいそうなので、9時以降のほうがよいようです。

090623_08 大人数家族やパーティーがあれば、ぜひどーんと豪勢にお買いものしたいものです。

さて、お店エリアを出ると、発泡スチロールの収集&処理場がありました。毎日こんなにたくさんの発泡スチロールがでるとはsign03 築地市場でコンパクトにまとめ、リサイクル業者に渡されるそう。

場内を見学して7時。

せっかくなので、場内の飲食店で海鮮丼を朝ごはんにいただきました。そのお店は撮影禁止だったので、写真をとれなかったのが残念。

いくら、うに、マグロ、中おち、玉子の5点が盛られた江戸盛り海鮮丼(1750円)にオプションのえんがわ(250円)を追加して、ゴージャスdollar1950円の朝ごはん。海鮮丼にはたくあんと味噌汁つき。

マクロビオティックを実践してから、魚はあまり食べていないので、今日だけで3か月分くらい食べちゃった気分wink

« 玄米キャンディー たんぽぽ | トップページ | tecona スコーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519528/30244803

この記事へのトラックバック一覧です: 築地市場で鮪の競りを見学:

« 玄米キャンディー たんぽぽ | トップページ | tecona スコーン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march