« マクロビ ポットラックディナー | トップページ | J's Kitchen ソイミートの唐揚げBOX »

リマ初級クラス体験

090618__02090618__リマクッキングスクールの初級クラスの体験をしてきました。

この日は、初級第7回目で、メニューは、

oneおめでとう(炒った玄米のおかゆ)

玄米を丁寧に炒ってから圧力鍋で炊く、という手間のかかる一品。炒ったほうが玄米の栄養価をより吸収しやすくなるので、病人食に向いているとのこと。

桜沢如一先生が重病だった人がこのおかゆを食べられるようにまで回復したことを喜んで「おめでとう」と言ったことから、名づけられたそう。

玄米を炒るといっても、どのくらいまで炒ればいいのか、やってみると結構わからないもの。だけどとっても丁寧に教えていただいたので、よく理解できましたpencil

090618___2

twoごま塩

自然塩をすり鉢でさらさらになるまでする。

胡麻は膨らむまで焦がさないように軽く炒り、すり鉢で力をいれないように、すり棒の角を当てる感じで胡麻の油をださないようにする。そして両方をあわせる。

ごま塩ってこんなに奥が深く、丁寧に作るべき一品だったのねsign02 と新鮮でした。

three根菜の旨煮

090618___3大きめにカットした野菜を炒めてから出し汁で煮、味噌を加え、煮切る。味噌はそのまま載せてふたをし、色が変わってくるまで温まるのを待ち、それから溶かすという。

今まではすぐに溶かしていたので、教わった作り方でもやってみよう。

なんだか自分が今まで作っていたものより、仕上がりが柔らかな感じがしたのです。

four昆布の佃煮

090618___4乾物の昆布から作る佃煮(写真左の下)と、戻した昆布から作る佃煮(写真左の上)の2タイプを教わりました。

乾物の状態から作れるとは!やわらかくなるまでかなり時間がかかるけど、出来上がりは市販品みたい。

両方とも昆布がやわらかくなるように、つねに水にかぶっている状態になるよう時々水を足していく。

昆布が指でつまむととけるくらいまでになると出来上がりだそう。それにはかるく数時間は火にかけていなければならない。時間のあるときにしかできない贅沢なメニューだわconfident

リマクッキングスクールは、クシアカデミイと違って講義の時間はないのだけど、その分実習中に陰陽の話などがふんだんに出てきて、同時に学ぶという印象を受けました。

それに実習のメニュー数も少ないけど、ひとつひとつが非常に丁寧に教えてくれるなあと思いました。

試食では、一食として適当な量が盛られます。なので、見た目は食事としては質素系。田昆布の佃煮は乾物から作ったスクエアな法で言えば、2、3枚。そして消化をよくするため、たくわんを2切れ。だけど、しっかり一口ごとに噛んでいただくと、これで腹8分目。普段はあまりかまずにたくさん食べ過ぎているなあ、ながら食いがいけないかなあと、反省think 

日々実践しなければ見につかないし、自分でほんとうに理解できたとはいえないけど、こうやって習いに来ると、必ず気付きがあるのでとても勉強になるflair 

« マクロビ ポットラックディナー | トップページ | J's Kitchen ソイミートの唐揚げBOX »

マクロビオティック料理クラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519528/30310274

この記事へのトラックバック一覧です: リマ初級クラス体験:

» 圧力鍋 [圧力鍋]
圧力鍋について紹介しているブログです。圧力鍋の特徴や注意すべきポイント、圧力鍋の料理などについて紹介しています。 [続きを読む]

« マクロビ ポットラックディナー | トップページ | J's Kitchen ソイミートの唐揚げBOX »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march