« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

健康陶器の塩入れ

090615_ マクロビ友だちのひろちゃんから、健康陶器をいただきました。ひろちゃん、ありがとーheart01

茶碗蒸しカップにも、梅干しをいれたり、といろいろな使い道があるらしいけど、マクロビオティックでは重要な調味料である自然塩はいい入れ物に入れたいよね、というひろちゃんの一言にいたく同感、さっそく塩入れとして使わせてもらってます。

以前にひろちゃん家に行ったときに、健康陶器というものを初めて知りました。その場で、実際に健康陶器でないお皿と健康陶器のお皿の両方に自然塩を置いて味を比べてみると、、、sign02

味が違うんですsign03 ほんとに、びっくりしたことにhappy02 味がちがうんですよ。

これからは料理がもっと美味しくなるかなあhappy01

J's kitchen もちきびバーガー

090618_jskitchen_ J's Kitchen のもちきびバーガー。これも恵比寿三越で購入。

大きさは小さいのであなどってしまったけど、バンズはずっしりとして密度があるし、もちきびバーグもずっしり。なので、これひとつでしっかりおなかにたまりました。

いそぎランチにぴったり。一緒にスープをいただけば完璧だなあscissors

J's Kitchen ソイミートの唐揚げBOX

090618_jskitchen_05 恵比寿三越に入っている「J's kitchen」のランチボックス「ソイミートのから揚げBOX」を購入。525円、安いっsign03

材料表記はかなり丁寧に書かれているなあ。

玄米ごはん、ソイミートのから揚げ(ソイミート、玉ねぎ、しょうゆ、その他)、切干大根のトマト煮(切干大根、人参、白ワイン、その他)、きのこのマリネ(まいたけ、しめじ、茶色えのき、その他)、ごぼうと人参のきんぴら(ごぼう、人参、みりん、酒、しょうゆ、だし)、小松菜ナムル(小松菜、ごま油、白胡麻)、レタス

090618_jskitchen_01

090618_jskitchen_02

090618_jskitchen_03090618_jskitchen_04 玄米の炊き方もgood

大豆ミートのから揚げなんてちょっと豪華じゃないsign02

お惣菜も3種類も入っているし。

見た目もオシャレ、さすがJ's Kitchencrown

リマ初級クラス体験

090618__02090618__リマクッキングスクールの初級クラスの体験をしてきました。

この日は、初級第7回目で、メニューは、

oneおめでとう(炒った玄米のおかゆ)

玄米を丁寧に炒ってから圧力鍋で炊く、という手間のかかる一品。炒ったほうが玄米の栄養価をより吸収しやすくなるので、病人食に向いているとのこと。

桜沢如一先生が重病だった人がこのおかゆを食べられるようにまで回復したことを喜んで「おめでとう」と言ったことから、名づけられたそう。

玄米を炒るといっても、どのくらいまで炒ればいいのか、やってみると結構わからないもの。だけどとっても丁寧に教えていただいたので、よく理解できましたpencil

090618___2

twoごま塩

自然塩をすり鉢でさらさらになるまでする。

胡麻は膨らむまで焦がさないように軽く炒り、すり鉢で力をいれないように、すり棒の角を当てる感じで胡麻の油をださないようにする。そして両方をあわせる。

ごま塩ってこんなに奥が深く、丁寧に作るべき一品だったのねsign02 と新鮮でした。

three根菜の旨煮

090618___3大きめにカットした野菜を炒めてから出し汁で煮、味噌を加え、煮切る。味噌はそのまま載せてふたをし、色が変わってくるまで温まるのを待ち、それから溶かすという。

今まではすぐに溶かしていたので、教わった作り方でもやってみよう。

なんだか自分が今まで作っていたものより、仕上がりが柔らかな感じがしたのです。

four昆布の佃煮

090618___4乾物の昆布から作る佃煮(写真左の下)と、戻した昆布から作る佃煮(写真左の上)の2タイプを教わりました。

乾物の状態から作れるとは!やわらかくなるまでかなり時間がかかるけど、出来上がりは市販品みたい。

両方とも昆布がやわらかくなるように、つねに水にかぶっている状態になるよう時々水を足していく。

昆布が指でつまむととけるくらいまでになると出来上がりだそう。それにはかるく数時間は火にかけていなければならない。時間のあるときにしかできない贅沢なメニューだわconfident

リマクッキングスクールは、クシアカデミイと違って講義の時間はないのだけど、その分実習中に陰陽の話などがふんだんに出てきて、同時に学ぶという印象を受けました。

それに実習のメニュー数も少ないけど、ひとつひとつが非常に丁寧に教えてくれるなあと思いました。

試食では、一食として適当な量が盛られます。なので、見た目は食事としては質素系。田昆布の佃煮は乾物から作ったスクエアな法で言えば、2、3枚。そして消化をよくするため、たくわんを2切れ。だけど、しっかり一口ごとに噛んでいただくと、これで腹8分目。普段はあまりかまずにたくさん食べ過ぎているなあ、ながら食いがいけないかなあと、反省think 

日々実践しなければ見につかないし、自分でほんとうに理解できたとはいえないけど、こうやって習いに来ると、必ず気付きがあるのでとても勉強になるflair 

マクロビ ポットラックディナー

090620_090620__ 090620___2090620___3 クシ・アカデミイの友人とマクロビオティックの料理を持ち寄るポットラック。

今回は3人なのに、すごい品数!

ディナーでテーブルはキャンドルライトだったので、お料理の写真がいまいちきれいでなけど、どれも美味しかったんです。

今回のホステス、ちーちゃんは、玄米ちらし寿司、ひじきのサラダ、切り干し大根、具だくさんお味噌汁。

ちらし寿司の玄米の炊き加減が最高sign03 高級おひつに入ってたんだけど、こんなにおひつってごはんをおいしくしてくれるんだと実感しました。おひつ、欲しいものリストに仲間入り。

ひじきのサラダはオリーブオイルを使うということで、目からうろこeye ひじきが洋風になってしまうのに感動flair 切干大根はしっかりと味があってグーgood

具だくさんお味噌汁は、食事の後半に出てきたので撮るのを忘れてしまったcrying ほっこりとした田舎風お味噌汁だったんです。ああ、おなかいっぱいでおかわりできなかったのが残念無念bearing

090620___4090620___5ゆきちゃんは、そばサラダ、海藻寒天ゼリー、豆腐マヨネーズ。

そばサラダ、止まらない!半分はわたしが食べてしまったのではないかなsmile

海藻寒天ゼリーは涼を感じさせるので、とにかく目を奪われてしまったheart04 写真ではうまく写ってなくて残念だけど、寒天のクリアなところ、海藻のグリーンが海を想わせるのかとっても涼しげ。白味噌を使ったクリームと一緒にいただく、めっちゃめちゃヘルシーな一品でした。

豆腐クリームも撮るの忘れてしまったweep ちーちゃんが用意してくれたスナップエンドウにつけていただいたんだけど、やめられないとまらない。豆腐マヨネーズ、自分ではまだ作れない(フードプロセッサーやブレンダーを持っていない)ので、憧れheart02

090620__2 090620__3090620__4 わたしは、春雨の五目炒め煮、豆腐ハンバーグ、かぶの味噌マスタード和え、梅ととろろ昆布のおすまし、人参クスクスケーキ。

なんだか並べてみたら、茶色っぽいものばかり。やっぱり見た目は重要だから、メニュー選びにももっと気を遣わなければと反省。

春雨の五目炒め煮は、しょうゆ味がベース。しっかり煮含めたので優しい味になりました、春雨がもっちりした食感になったのも長めに火にかけたからかなあ。

豆腐ハンバーグは思ったより簡単でした。これなら頻繁に作れそう。わりとふわっとと出来ました。これに麦味噌と豆味噌をミックスしてのばしたたれをかけていただきました。

かぶの味噌マスタード和えは、もう少しマスタードを効かせてもよかったかな。

おすましとクスクスケーキは撮り忘れてしまった。(クスクスケーキは少し残った分が自宅にあるので、それを別な機会にアップします)

090620_ それから、久しぶりにワインwineを飲みました。チリの「コノスル オーガニック カベルネ&カルメネール 赤ワイン チリ フルボディ」というオーガニックワインwine

クセがなくて、さらさらと飲めてしまう。普段グラス一杯飲むのも結構大変なのですが、これはお代わりしても翌日もすっきり。3人でらくらく一本空けてしまいました。

ラベルの自転車は、ワイン農家が畑まで自転車のペダルをこいでいくという農夫の象徴だそう。かわいい。

あー、楽しかったけど、食べ過ぎた~delicious

五穀入りあげ棒

090621_ marutaのお菓子「五穀入りあげ棒」(231円)。
五穀と書いてあるだけで、体によさそうと勝手に思ってしまうのだから、単純です。

玄米、大豆、あわ、きび、ごまの5種入り。

こども向けおやつだけど、おやつがやめられないわたし向きcoldsweats01

tecona ベーグル

090623_tekone_01 090623_tekone_02 tekona bagelworks(テコナ ベーグルワークス)に、連日行ってしまいました。

今回はお昼だったので、ベーグルを買えました。

3種類のテイスト違いのベーグルはそれぞれ、「もちもち」は自家製レーズン酵母で、「むぎゅむぎゅ」はホシノ天然酵母で、「ふかふか」はイーストで発酵させているそうです。

今回は「むぎゅむぎゅ」と「もちもち」から、ひとつづつ買ってみました。

上の写真のベーグルは「むぎゅむぎゅ」の白ゴマ(190円)。

シェイプもむぎゅっと絞ったようなかたちで、生地もすごく弾力があります。生地の中から、練り白ゴマのあの香りがふわっと漂い、食べてみるとほんのり白ゴマペーストの風味が感じられる上品な感じです。

090623_tekone_01_2 090623_tekone_02_2

もう一つは、左の写真の「もちもち」、豆乳と枝豆(220円)。

シェイプはよくあるベーグルの形だけど、枝豆がぷちぷちと顔を出していて、食欲を刺激されちゃいます。

こちらもしっかりとした生地だけど、豆乳が入っているぶん、しっとり感がありました。

ひゃあーhappy02、どっちもおいしかったなあupwardrightupwardright 

お店のイートインのランチプレートでは、ベーグルでないパンの食べ放題とマクロビオティックのお料理がいただけるそう。うーん、それもそそられる~。またまたtekona、行きたいです。

teconaのパンドミー

090624_tecona01 090624_tecona02

teconaのバンドミー。めちゃうまーbread 

とにかく食べて見て。

パンのしっかりしたうまさ、味わえます。

だけど、すぐ売り切れちゃうみたいだから早めに行ってね。わたしもお昼にいったら、さいごの半斤でした。

tecona スコーン

090622_tekone_01 090622_tekone_02 代々木公園駅すぐ近くのベーグルショップ「tecona bagle works(テコナ ベーグルワークス)」に18時頃に行ったら、すでにベーグルは完売とのこと。

残念~weep 

だけどせっかく来たので残っていたスコーンをお買い上げ(200円~230円/個)。

小さいです。わたしの握りこぶしの7割くらいの大きさ。だけど、しっかりとしたいい素材を使って作られているのだなあと思い、いただきました。あっという間に完食。

ベーグルは、むぎゅむぎゅ、もちもち、ふわふわ、という3種類があって、味がちがうそう。ディスプレイもなんだかユニークだし。うーん、近いうちにリベンジ~note 

お店は小さいながら、イートインもあるようなので、ランチにも来たいなheart02

築地市場で鮪の競りを見学

090623_05 090623_01

090623_02 早起きして、5時過ぎに築地市場に行き、マグロの競りの見学に行ってきました。

場内の奥の競りが行われるスペースには、見学者用スペースが設けられていて、「見学者区域入口」というドアから出入りします。

中は入ったとたん「寒っpenguin」。自分が冷蔵庫に入ったんだとわかりました。天井からは冷気が降りて来ていて、冷凍マグロの状態をを保つようになっていました。

狭い見学者区域の左右にマグロがずらっと並べられています。左のスペースは5時半から競りが始り、右のスペースは6時から競りが始ります。

それまで、仲買人がマグロの品定め。マグロの尾をカットした部分や尾の近くにカットされた部分を懐中電灯で照らして脂の乗り具合をチェックしています。

090623_03 090623_04

時間になると、それぞれ卸がベルをならして競りの始まりを告げます。

卸の人が小さなお立ち台に乗り、マグロの番号を言うと買いたい仲買人が1キロの希望価格を指で知らせます。市一番高い価格をつけた仲買人が競りを落とすと、休む間もなく次のマグロの競りに移ります。

卸の人の言っていることは理解できず、よくこれで競りが成立しているなあと思うのですが、耳が慣れてくると、すこしずつ何番のマグロがキロいくらで競り落とされた、というのがわかってきました。

競り落とされると、卸のお立ち台のそばにいる他の卸の人が手に持った伝票に書き込み、さらに他の卸の人が競り落とされたマグロに暗号のような文字を書いていきます。暗号はきっと競り落とした仲買人の名前なんだろうなあ。

090623_07090623_06  競り落とされたマグロはすぐ仲買人のお店のスペースへ持っていかれ、解体されていきます。解体されたマグロの半身や大きなブロックや短冊や、、目玉や、、eye 

頭だけもこんなふうに並んでました。

それにしても、場内のお店は所せましとずらずらずらーっとたくさん並んでました。そこにはマグロだけではなく、さまざまな魚fishや貝や甲殻類が!

生け簀にいたり、ショーウィンドウに並んでたり、発泡スチロールや樽に。山盛りになった甘海老もゴージャスでしたlovely  一般の人も買い物ができるようですが、競り後の早朝は交通量も多いし忙しいそうなので、9時以降のほうがよいようです。

090623_08 大人数家族やパーティーがあれば、ぜひどーんと豪勢にお買いものしたいものです。

さて、お店エリアを出ると、発泡スチロールの収集&処理場がありました。毎日こんなにたくさんの発泡スチロールがでるとはsign03 築地市場でコンパクトにまとめ、リサイクル業者に渡されるそう。

場内を見学して7時。

せっかくなので、場内の飲食店で海鮮丼を朝ごはんにいただきました。そのお店は撮影禁止だったので、写真をとれなかったのが残念。

いくら、うに、マグロ、中おち、玉子の5点が盛られた江戸盛り海鮮丼(1750円)にオプションのえんがわ(250円)を追加して、ゴージャスdollar1950円の朝ごはん。海鮮丼にはたくあんと味噌汁つき。

マクロビオティックを実践してから、魚はあまり食べていないので、今日だけで3か月分くらい食べちゃった気分wink

玄米キャンディー たんぽぽ

090605__2 Mitoku Macrobiotic の玄米キャンディー。タンポポ味。

原材料はいたってシンプル。玄米米飴(玄米、麦芽)、タンポポエキス。これって自分でも作れそう?

クチさみしいときにこのシリーズ、重宝してます。ほかにジンジャーやはすなどもありました。

それにしても、なんだか最近おやつばっか食べてるかな? おやつはやめられませんねーcoldsweats01

梅干しを漬ける!講座

090621__  オーガニックスーパー・マザーズマクロビオス塾に、リマクッキングスクールの公開講座がある。梅干しの漬け方と梅干しを使った料理を教えてくれるクラスがあったので、参加してきました。

one梅干しの漬け方

梅の選び方、あく抜き、へたの取り方、容器への並べ方、塩の加減、といった最初のステップから、丁寧に教えてもらいました。

まったく知らなかったから、聞くこと見ること、みな面白い。重石を置く期間はそんなに短いのかあ、簡単に梅酢があがってくるんだなあ、などなど。

これは作るっきゃない。梅と容器を調達せねばー。

two梅エキスの作り方

梅干し作りと一緒に、その場で梅エキスも教えてもらい、実習。出来上がりが左上の写真。

めちゃめちゃ酸っぱいので、ほーんの少し、耳かきにちょっと、という量で充分。

いくつもの梅をすりおろしてしぼり、鍋にかけて煮詰めていくと、ほんの少しにしかならないhappy02 市販品が高いことに大きく納得。手間暇を考えれば、全然高くないゾ。

090621_01_2090621_02  three 玄米巻き寿司

酢めしに梅酢、手に玄米をとるときに梅酢、巻く具に梅干し。具はテンペ、きゅうり、たくあん、などなんでもOK。

意外に巻きすで巻くのが難しかったりする。もう15年巻いてますという奥様は、ほんとにきれいにささっと巻く慣れた手つきを披露してくれました。

four梅ひじきサラダ

090621_090621__2 ひじきをサラダにして、梅で和える。

fiveにらとアマランサスの梅炒め

アマランサスは炊いておき、ごま油でいためたにら、たまねぎと梅を合わせる。

梅づくし~。梅雨から夏にかけて、梅は重宝する季節。おにぎりに梅干しっていう超ベーシックパターンから抜けだしたいな。

PURE CAFE エナジーバー

090612_purecafe_ 表参道にあるPURE CAFEのエナジーバー。525円。

ずっしりと重い。巷のなんとかバーなどとは比べものにならないくらい確かなものです。

原材料は、小麦粉、なたね油、くるみ、塩、てんさい糖、ローズマリー、メープルシロップ。

まず開封すると、ローズマリーbudの香りが漂ってくる。エナジーバーにハーブなんて、なるほどー。感度の高い女性を意識している感じが、やはり巷のものとの違いを感じますねup 

忙しいときには、これだけで一食分になります。まっとうに生食に生きるマクロビアンの方にはメープルシロップが甘すぎかもしれませんが、わたしは好きですheart04 

キヌアのおかゆ

090613_ マクロビオティックを始めてから、ごはんは玄米!とずっと圧力鍋で炊いてきたけど、最近少しゆるめたほうがいいかな、と無圧で炊いてたのだけど、さらにもっとゆるめることも試してみたいなと思うようになった。

そこで、ときどき玄米の残りごはんをおじや風にしてたりしたのですが、雑穀への興味も強くなってきたので、キヌアのおかゆに挑戦。

レシピは、マユミさんの世界一の美肌レシピを見て作りました。面倒に思っていたけど、作ってみると簡単scissors

090613__2 だけど、味は淡泊ですね。ちょっと濃い目の味付けのお惣菜か漬物、ふりかけなどが必須という感じ。 

わたしはあずきかぼちゃ、切干大根と小松菜の炒め煮、梅干しの古漬けをおかずにしたほか、味噌も溶かしながらいただきました。

あずきかぼちゃ

090613__4 ずっと国産のかぼちゃが高かったので、なかなかかぼちゃを変えなかったけど、鹿児島産のかぼちゃがお手頃価格で出回ってきたので、久しぶりにあずきかぼちゃを作りました。

ゆるめたい気分なので、陰性寄りに作りました。だから、水分多めの仕上がりで、味も薄味。

食べてみて、、、あずきかぼちゃは陽性寄りの味のほうが好きだなあconfident

切干大根と小松菜の炒め煮

090613__3 切干大根と小松菜。どっちもマクロビオティックではよく使う食材で、組み合わせしたおかず。

戻した切干大根を小松菜と一緒に炒め、出し汁と醤油で煮ふくめるだけ。

優しい一品ですが、薄味で飽きてしまう。もうちょっとお醤油を入れてもよかったかな。

ごま蒸しケーキ

090615_01 090615_02 白ゴマペーストと白ゴマを、全粒粉と甜菜糖、豆乳、ベーキングパウダーと混ぜて蒸すだけ、という簡単なレシピを見つけた。

おーsign03 こんな単純なレシピなら、今まで小松菜とコーンのマフィンも、大福も、葛粉を使ったティラミスも、寒天ゼリーも失敗しているわたしにだってちゃんとできるはずrock と思って作ってみました。

、、、結果は、、、

がーんweep またもや失敗。なんでふわっと膨らまないのかしら~mobaq レシピ本の写真では、少なくともこの2倍の高さくらいまでは膨らむはずなのにぃ~shock

失敗の原因がわからずに挑戦し続けているから、失敗続きなのかなあ。でもめげないぞー。こりずにチャレンジしちゃおうgood

南部せんべいのがんこ

090609_ めっちゃGoodなお菓子、見つけました~eye

南部せんべいの「がんこ」。岩手県の小松製菓というところのもの。

南部せんべいの周りにできる部分がカットされたものらしい。南部せんべいは固くてばりっと割りながら食べるのはちょっと苦手。わたしなんかは、こっちのほうが食べやすいし、なんだかみみというだけで得しちゃった気分になれるし、実際おねだんもお得だと思うし、気に入りましたheart02

パッケージには、ここのおいしさ、知ってたら通。

つつましく人気者なんです。

かたいみみ、ご希望のお客様のためにつくりました。

などと書かれているのもそそられました。

原材料は、小麦粉、でん粉、食塩、胡麻、重曹。

M Cafe de Chaya ランチ

090501_m_02 090501_m_03090501_m_04090501_m_05 090501_m_09 090501_m_08

M Cafe de Chaya 赤坂サカス店でランチ。3種類のお惣菜を選んで、お味噌汁、玄米ごはん、ドリンク付き。

ここの玄米はいついただいてもおいしいです。ごま塩と梅干しと佃煮もついて、これだけでも幸せかもheart02

スープも手抜きをせずに、複数の野菜を使って、ちゃんと素材の甘味を活かしているものなので、いただくとほっとします。

090501_m_10090501_m_12_2   

モンブランのケーキも食べてしまいました。うー、幸せ~heart04 友人は豆腐チーズケーキ。それもパチリcamera。 M Chayaのスイーツはどれもおいしいんだよねっ。メープルシロップを使ってたりするのを嫌がるマクロビアンもいるけど、わたしは大好きheart01 

ところで、お店の横にある狭いイートインスペースでいただいたのだけど、お惣菜の器はテイクアウトのプラカップと同じだし、他の容器も使い捨てのものだったので、なんだかもったいないなあと思いました。食器を洗う手間を考えたら、使い捨てのほうが経済的なのかもしれないけど、エコ的にもよくないと思うので、これは改善してくれたらいいのにな。

これが本物!笹団子

090615_01 090615_02 会社の同僚が、新潟の実家から送られてきたという笹団子をくれた。

聞けば、なんとsign03 

彼女の祖母と母親が毎年100個くらい大量に作っているもので、これは今年も作ったから、と実家から送られてきたのだという。

毎年、彼女の祖母は裏の山から熊笹を取ってきて、もち米を蒸し、あんを作り、団子にして、笹に巻く。

縛っているのは紐ではないし、一本でうまく団子の両側を結び、真ん中で締めている。この結び方からして芸術flairすばらしい~。

笹を開け、団子を口に入れようとしたとき、笹の香りが・・・notes 

いやあー、たまらないです。こういう風情、日本人ですよね。

田舎が都会なわたしには、未だよき日本の暮らしをしている実家があってうらやましい。

kuh 薬味たっぷりお豆腐ランチ

090538_kuh01 おいしい玄米が食べれるお店として「kuh」というお店が表参道にあったそうですが、そのお店のプロデューザー伊藤和江さん、赤坂の「table studio TAKITO」で、「kuh」の不定期ランチをやっているという記事を見つけた。

玄米のおいしいお店と聞けば、それは絶対行かなくちゃ!

090538_kuh02 090538_kuh04 090538_kuh05_2 ランチは、お豆腐ランチ(1000円)、お肉ランチ(1200円)、お魚ランチ(1300円)、お肉orお魚+お豆腐ランチ(1500円)の4種類があるのだけど、マクロビアンとしてはもちろん「薬味たっぷりお豆腐ランチ」。

薬味たっぷりお豆腐と、小鉢2品、香の物、お味噌汁、玄米がついてきます。

玄米、うわさ通り、おいしい~upwardrightupwardrightairplane。それになんと、玄米はお変わり自由なんです、うれしすぎっcrying

090538_kuh03 090538_kuh06

090538_kuh07 お味噌汁も贅沢でしょ。香の物もこんなについてくるしwink

お豆腐が薬味がどっさりのっかっていて、その姿が見えないくらい。ヘルシー。たれはちょっとわたしには塩っ辛かったけどね。

すごくヘルシーでバランスがとれているランチになりました。

090538_kuh でも、わたしはさらに納豆もプラスしてしまいました。

この納豆も、薬味が多すぎて、サーブされたとき、何が来たのかわからなかったくらい、納豆の上にはどっさりと野菜や海草が。

これでは、納豆ランチ、というのもできてしまうよ、きっと。

不定期なので、事前に営業日をチェックしなければならないけど、ついつい足が向いてしまいそう。

アマランサスポテト

090518_01 090518_02 インズヤンズ梟城の南青山茶会に行った時にいただいた雑穀タラコに倣って、アマランサスとジャガイモを使ったお惣菜に挑戦。

タラコに見えるようにピンク色にするパウダー類はないので、それ以外は聞いたレシピに基づいて作ってみたのだけど、分量までは聞いてなかったので、なんだかジャガイモが多かったみたい。アマランサスの存在がよくわからないcoldsweats01

そのせいか、味も南青山茶会でいただいたものとは違ってしまった。ちょっと物足りない感じ。

090526_01 そこで、さらに他のものにアレンジしてみることに。

ワンタンの皮に包み、蒸してみました。ワンタンの皮だけど、気持ちはしゅうまい。

シュウマイなんてカンターンupwardright なんて思っていたわたしが甘かった。ちゃんと包めてないぞ。包んだものが蒸した後には崩れているぞ。ひゃあー。ひとつひとつ、丁寧に作らなくちゃいけないのね。

学びました! one分量は正確にsign01 twoシュウマイは丁寧に包むsign03

次回はがんばる~happy01

マルシェ ランチプレート

090531_01 クシ・アカデミィの1階にある「マルシェ」のランチプレート。

マルシェでは、日替わりのメニューを用意している。日替わりなんて、えらいっ!毎日替えるのって、食材の調達や仕込み作業を考えると、すっごく大変だと思うんだよね。だけど、毎日違うから通っちゃうというファンもいるよね、きっと。

090531_02 090531_03

090531_04 この日のメニューは、

oneアフリカンシチューとエゴマ玄米ごはん

カラフルなカレー、、じゃなかったのね。確かにいただいたらカレーじゃなかった。どこがアフリカンなんだろーcatface

twoお味噌汁 ほっとする味heart04

090531_05 090531_06

threeシーザーサラダ

さっぱり生野菜のサラダ。自分ではなかなか生野菜サラダを作らないので、うれしい。種類もたくさん使ってあるしnote だけど、わたしにはちょっとドレッシングがきつかったかな。

four苺と雑穀のコンポート

小さくてもデザートが付いているだけでうれしいですよね。かわいい苺にヘルシーな雑穀という組み合わせもうれしい。アクセントの松の実が、見た目にも食感にも効いてました。

マルシェでは、マクロビオティック関係の本が置いてあって、自由に読めるので、一人で来ても退屈しない。近所にあったら、頻繁に来て、ついつい長居をしてしまいそう。

ごぱん 玄米酵母蒸しパン<あんず>

090606_03_2 090606_01 090606_02  大森一慧先生の料理教室で、「おいしいよ」と勧められた「ごぱん」の玄米酵母蒸しパン、あんず(506円)。

原材料もすごくこだわっているみたいだし、なんとその日の料理教室のアシスタントの方がごぱんの方だという。とてもできるアシスタントの方だなあとクラスのときに思っていたので、食べてみなくちゃ。

10分蒸すと、蒸しパンはもっちり。中には余計な甘さが一切ないあんずジャムがしっかり入っている。いいものしか使わないというこだわりの美味しさ、いただきましたhappy01

原材料:岩手県南部小麦粉、全粒粉、トルコ産干し杏、自家製酵母(岩手県南部全粒粉、無農薬玄米、寺田本家発芽玄米酒粕)、自然海塩

築地場外 お漬物と海ぶどう

最近のわたしのマイブームは、土曜の午前中に築地の場外を散策すること。

実は、築地に歩いていけるほど近所。だけど、マクロビオティックをやっていると、お魚は自宅でお料理しないので、行かなくていいかなと思っていたのだけど、もしかしたら、野菜もあるのかもsign02 と思い、行ってみることに。

結論から言うと、野菜もありましたsign01 だけど、ありませんでしたsign03

090530_01  というのは、数は少ないけど野菜を扱っているところもあったのですが、オーガニックではなかったのです。なので、あったけど、自分にとってはなかったも同然だったわけです。

漬物やさんもあったのですが、ほとんどなにかしらが添加されてたりして、自然のものがない。でも何かためしてみるか!と思い、2か所でひとつずつ買ってみました。

ひとつは、きゅうりのぬか漬け。きゅうりは自然栽培のものではないという話だったけど、そのお店でぬかにつけている、ということだったので一本買いました。100円。

もうひとつは、別のお店でたくあん。これは店頭にはならんでなかったんだけど、無添加のものが欲しいといったら、「ああ、本物のね、あるよ。」と、お店の奥から出してきてくれたのでした。一本300円。

上の写真のピンクのものは、自分で梅酢につけた大根。この3種で食べ比べてみたところ、やっぱりキュウリはいまいちでしたね。

090606___3 他に、豆や乾物、調味料なども見たのですが、国産の天然もの、自然に近いものは本当に少なかった。業務用にどーんと大量なものが安く買えるというのが、築地なんだなあと実感。

歩いていると、沖縄のお店で海ぶどうを試食させてくれた。見た目は毛虫みたいで気持ち悪いけど、ぷちぷちしていて美味しい。何もつけなくても、海水のしょっぱさで充分味付けになっている。珍しいので、3パック1000円でお買い上げ。

結構な量が入っていたので、ごはんのお供に、おやつにと楽しませていただきました。

090606___4 築地では買うもの、ないなーあと思っていたら、パンやさん発見。

バターも卵も牛乳も使っているかもしれないけど、五穀クロワッサンに魅かれ、食べちゃいました。170円。一緒にコーヒー(170円)もオーダーして休憩。

クロワッサンなんて、マクロビオティック始めてから食べてなかった。すごい久しぶり。焼きたてなのでおいしい。だけど、五穀は表面についているだけだったみたい。生地も五穀、というわけではなかった。

このときは焼きあがってなかったけど、全粒粉ロールというのもありました。全粒粉というワードに、ピン!ときちゃいます。今度ためしてみようsmile

長岡式酵素玄米講習会

090606_ 友人に酵素玄米を教わってから、一度参加してちゃんと話を聞いてみたいと思っていた長岡式酵素玄米の講習会に、先週末行ってきましたsweat01

講習会は、酵素玄米の炊き方を教えてくれるのだけど、それよりもなによりもその前のお話が勉強になりました。食事は玄米riceballや野菜budを食べるのではなく、いのちをいただくこと、感謝することだというのが根本になっている。エネルギーや、プラスとマイナス、左回りと右回りなどは、マクロビオティックの陰陽の考え方と同じで、理解しやすかった。

しかし、酵素玄米は消化がいいのでかむ必要がない、食べたいだけ食べていい(小食にする必要がない)、という点はマクロビオティックとは正反対。どちらもそれぞれの理論があるので、どちらも正しいのだろうな。

酵素玄米、やってみたいけど、うちはIHだから長岡式の平和圧力鍋(アルミ)が使えない。火加減も火を見てできないし。炊飯器で炊けるという話もちらほら聞くけど、それは本当に酵素玄米なのかしらん? 試してみるかなあ、引っ越しを真剣に考えるかなあ、迷うこの頃。

COBOの食パン ハーフスクエア

090531_cobo 上田家の「COBO」という本を見ながら、自分でりんご酵母を作ろうとおもったけどうまくいかなかった。本を見ていると、自分で作った酵母のパンがすっごく美味しいみたいなんだけど、残念。

と思っていたら、恵比寿に上田家の酵母を使って作ったパンを売るショップ、COBOが4月にオープンした。ぜひ、それは味を見たいと思いつつ、やっと行くことができました。

COBOのパンは、すべて酵母と国内産小麦と塩だけでできていて、どの種類のパンも配合は同じだそうだ。発酵時間などを変えるだけで、ちがうパンができるという。すごいなwobbly といっても種類は7つくらいしかなかったけど。

090531_cobo_01090531_cobo_02 090531_cobo_03090531_cobo_04COBOの一番のオススメは、毎日食べても飽きず、どんな料理にも合うというCOBOの食パン「 乳COBO88パン(1200円)」だというので、試してみることにした。

が、1200円の食パンって、いったいどこが毎日食べる食パンよっsign02 そんなん食べてたらエンゲル係数高くてたまんないよ。

でもこの食パン、食パンらしくないのは値段だけだけじゃない。まず、見た目。高さが全然低い。普通の食パンの1/3くらいしかない。高さを抑えて酵母の美味しさをたのしめるようにしているらしい。

そして、この食パン、カットするときにも違いを実感。なんと、切るときにパン屑がでないのだ。それだけ、パンがすっごくしっとりしていて重い感じ。

食べてもそのしっとりずっしり感を感じる。ちまたによくある軽い食感とは正反対。密度が濃くて、一口ひとくち味わっていただかずにはいられない。なんだかわたしは自然と少量づつしか食べれない。だから、1センチくらいにカットした3切れ程を食べると、結構な満腹感を感じる。

常温で数日おいておけるということなので、3日いただいたが、味がちっとも変わらなかった。トーストしても美味しいとの話だったが、やはりパンの美味しさを味わいたいと思ったので、そのままいただいた。

さらに言えば、パンには何もつけないのがいい。そのままいただくのがお気に入りとなったけど、ちょうどそのとき作ってあった焼き野菜のバルサミコマリネが一緒にいただくのもすごく合った。やはり和食よりもちょっと洋風のほうが合うのか、バルサミコマリネソースをつけながら食べるとまた美味しい。

090531_cobo_03うーん、1200円って高いけど、、、それだけする価値あるかなあ、とちょっと思ったり。でもデイリーにいただく食パンではないことだけは明らか。たまの贅沢のごほうび食パンですね。

 それから、スコーン(200円)も購入。なぜかスコーンには珍しいひし形。こちらはプレーンなもので、おなか空いてたので一気に食べてしまった。食パンよりも粉っぽい感じで、これもやはり粉の美味しさをいただいている感じでした。

次回は、カンパーニュやベーグルなど他のタイプも試してみたい。

でも天然酵母のおいしいパンって高いよね。自分で作れるようになれたらいいのになあ。いつか挑戦してみたいゾ。

ASUKA くるみのケーキ

090525_asuka_01 090525_asuka_03 090525_asuka_ 女性起業塾の同期とマクロビカフェ「ASUKA」に。

わたしはケーキセットで、くるみのケーキをチョイス。くるみの量が贅沢ですねっcake

そして、ASUKAではちゃんとバリスタがいて、コーヒーアートを描いてくれるので、カフェラテをチョイス。

うーん、カフェラテとケーキ、ふつうのお茶なんだけどはっぴーnote

090525_asuka_02 090525_asuka_01_2 友人がオーダーしたお日さまカレーも激写。お日さまカレーなんて、ネーミングがいいよね。オーダーしただけで元気になれちゃう感じがして。

友人とは10ヶ月ぶりに会ったんだけど、女性起業塾に通っていたときよりも共有の関心ごとがあったりして、話しが尽きないwink 意識レベルも高いし、向学心も強いし、きちんと自分の価値観を持っているし、行動力もずば抜けてある彼女は、とても自分よりひと回りも年下とは思えない。あ、わたしが未熟なのかcoldsweats01 

今回の彼女、「毎日をていねいに生きるってことだよね」って言っていたのが印象的でした。刺激もらったなあー。ありがとう!

一慧のクッキング体験受講

090605__4 大森一慧先生が校長をされている一慧のクッキングの存在を今頃知り、初級クラスの体験受講(4600円)に行ってきました。

まずは最初に講義があって、一慧先生が熱意を持ってお話してくださった。

今回は動植物の分布図という講義だったので、クシアカデミイで習ったし、知っているといえば知っていることだったのだけど、一慧先生のお話は、なんだかもっとすごーく宇宙とつながった根本なんだなあと思いました。まあ、それも事前に習っていて、自分がさらに学びたいと思って聞いているからそう思うのかもしれないけど。なにしろ、マクロビオティックを実践されてきた歴史が違う、だからなのか、言葉の重みがあるなあと感じました。

090605__4_ 090605__4__2

お料理の献立は、初夏のメニュー(初級の第4回)。

お料理は一慧先生ではなく、講師の方が教えてくださいました。

one丸麦入り玄米

平和の圧力なべの炊き方を教わりました。重しを使い、そのゆれ方や音で玄米の炊け具合を感じていく。あ、もちろん、タイマーで時間を計るのだけど。炊き上がりはもちっとして美味しかった。

twoロールキャベツ

キャベツの茹で方がまた勉強になった。なるほどー、そんなスマートな茹で方があったとはsign03 中身の主なものはコーフーミンチ、たまねぎ、人参、キャベツの芯、ごぼう。考えたら、ロールキャベツ作るの初めてflair  巻くときに、破れたところのあるキャベツは、つぎはぎをしてふさぐお手当てみたいなことをしながら具を巻いていく。ツギハギ、オモシロイhappy01

090605__4__3090605__4__4threeたまねぎのリング揚げ

結構じっくり揚げました。たまねぎが甘いっ。衣もさくさくして美味しかったあ。

four新ごぼうの味噌煮

かなりしっかり炒めてました。あー、わたしはもっと適当に炒めてたなあ、丁寧に作らないとちゃんと美味しくならないのだなあと反省。味噌の入れ方、ごぼうとからめるタイミングもちゃんとレシピに沿って作らないと、こういう味にならないのだろうなあ。

090605__4__5fiveにゅうめん

うどんの乾麺をお湯でゆでるのではなく、出し汁で茹でるという方法だった。だけど麺が違うらしく、のびてはいなくてちょうどいい喉越し。市販の出し汁はやはり人工的な味がするけど、昆布だしで作ったお出しは本当においしい。

試食のときにもまた学びがありました。作った分を人数分に分けてしまうのではなく、一人分の量を盛っていたのです。ごはんはちゃんとはかりで120gを、ごぼうの味噌煮はこのくらいの量で、と一慧先生が見て判断する。

作った分、食べれないのー、えー、もったいない。こんな少なくて足りない~と思うわたしでしたが、普段食べ過ぎているのだなと反省。作った分食べるのではなく、身体が欲する必要な分だけ摂ればいいんだよね。ああ、今日は反省しきりでした。

大森一慧先生の豊富な知識と経験に基づいた講義とアドバイスは、重みがありました。甘いものがやめられないんです、といったら、動物性を止めて10ヶ月程度じゃまだまだ止められなくて当然、今までずっと食べてきた蓄積があるから、とのこと。そっかー、焦らず気長に野菜の甘みだけで満足になる日を楽しみに、それまでの自分の変化を楽しめばいいんだなあと思ったのでした。

さらに、食欲が止まらないというわたしに、玄米を圧力で炊くのをやめたり、おかゆにしたり、味付けは薄めにして、とのアドバイスをくださいました。そんなに食べ過ぎると肝臓を悪くするよ、といわれ、およっ、抑制せねばと思ったのでした。

げんきタウン フルーツバー

090602_01 090602_02

げんきタウンフルーツ・バー(399円)。ナチュラルハウスにあって、なんだかすっごく売れている気配がしたので、買ってみました。

洗双糖を使っているので、買うか悩んだけど、好奇心が収まらないっhappy02

これがおいしい!売れているわけがわかります。かなりぎしっとしているので、陽性が強いとは思うのですが、噛めば噛むほど素材の味が味わえる感じなのですが、結構固いので、わたしはなめなめしながらたべてしまう。

でも美味しいなー。リピート確実heart

原材料は、小麦粉(国産)・砂糖(洗双糖)・有機レーズン・菜種油・有機カレンツ・有機レモン・食塩(海の精)。

いよかんコルネ

090527_01 090527_02 木のひげの「いよかんコルネ」。

こんな小さくて、399円もするの~!わたしには買えないって思ってたけど、いよかんのスイーツなんて珍しいし、ちょとtお安くなっていたので、すかさずゲット。

パイ生地のなかに、いよかんピールが入っているのだけど、ピールだったので、想像していたような伊予かんの酸っぱ甘いみずみずしさはなかった。だから、ピールなんだけど。

外側はさくっとしていて、甘さ控え目。4口で平らげちゃいました。

原材料は、南部小麦、国産バター、全粒粉、いよかんピール(国産無農薬いよかん・洗双糖・水飴)、塩。

からいもあめ 黄金千貫

090525_ ちょっと甘いものが欲しくなったときのために、最近は飴を常備。でも砂糖を使わない飴となると、自然食品屋さんでないと手に入らなかったりする。

これは、”黄金千貫”というさつまいもをベースに作られた飴とのこと。昔のままの素朴な飴菓子です、とラベルに書かれているように、口に入れるとシンプルにねっちょりとした飴でした、噛むと歯にくっついてしまうので、ひたすら舌の上で舐めるのがおいしくいただくコツscissors

原材料は、さつまいも、麦芽、麦炒り粉。

なめこおろしとなめこ味噌汁

090526_090526__2  ダイエットにと思い、努めて大根おろしを食べているのだけど、さすがに飽きる。ちょうど立派ななめこが手に入ったので、なめこと合わせてなめこ大根おろし。

考えたら、なんだかなめこひさしぶり~eye お味噌汁にも入れてみました。

ぬめっとプリプリな感じ、おいしい。だけどちょっと一度に作りすぎたcoldsweats01 しばらくなめこはいいかなぁ~。

天然酵母 黒ごまかりんとう

090601_ ときどき無性にかりんとうが食べたくなるのだけど、かりんとうってどんなにおいしいものでも油と砂糖がどっさり使ってあるので、マクロビアンとしてはなかなか手がだせない。

そんなときに、リマ東北沢店で見つけたのが、この「天然酵母 黒ごまかりんとう」。かりんとうに天然酵母ってついているだけでもグッsign03 と来ない? 酵母は白神こだま酵母だそう。って、かりんとうに酵母がひつようなのね、そんなことも知らなかった。

保存料、甘味料、化学調味料などを使わない食品の開発や流通を手がけている、ネイチャーズ・ファイネストJという京都府の会社の商品。ラベルのデザインが千代紙風なのは、京都の会社だからかしらん?

原材料は、小麦粉(国内産)、てんさい糖、植物油脂(なたね油)、黒ごま(国内産)、酵母、食塩。

悪いもの使ってないと思ったら、一気食いしてしまったcoldsweats01 ひょえー。久しぶりに油たっぷりものをたくさん食べてしまった罪悪感と思いっきり食べた爽快感が混じって、やっぱり罪悪感が勝ってしまうような。。。気をつけよcatface

鬼おろし

090516_大根おろしがダイエットにいいというので、ほんとうに自分もやせるかなsign02と試してみることに。

ほぼ1週間くらい毎日大根おろしにお醤油をかけて食べる、ただそれだけなんだけど、効果あるのかなあ。

と、偶然、クシの友人から鬼おろしをいただきました。おろし器は金物かセラミックがいいのかなあ、なんて漠然と思っていたわたしには、木のおろし器はNEWnew 粗くおろせるのだけど、その分、水っぽくならず、旨みも繊維も残って美味しいのだとか。

実際におろしてみると、ほんとうに粗い。そして、確かに水分が少ない。ざっくり下ろせて素材のうまさをいただく、という感じだ。

ところで、このところ連日大根おろしを食べて、あらためて大根そのものの味の違いを実感。ちゃんとした自然栽培の大根はおろしても辛くない。だけど、ふつうの大根はおろしにしていただくと辛くて辛くて口が痛くなる。やはり、ちゃんとした素材を選ぶことが大事なのだと思ったのでした。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march