« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

白玉あずき

090409_ 090411__3 あずきが食べた~いhappy02

って思うとき、ありますよね? で、とにかく小豆を炊いたのですが、何にするかは考えてなかった。

そのまま小豆だけでも食べてしまいそうなので、せっかくだから何かちゃんとお料理にしよう。

この間のホールフーズスタジオのクラスで習った「レンズ豆の白玉あんみつ」のときに白玉をつくるのは簡単そうだったし、買ったまま一度も使っていない白玉粉があるので、ふつうに「白玉あずき(ぜんざいっていうのが正しい?)」にしてみました。

それにしても、だれもが簡単だという白玉つくり、わたしはなんてへたくそなんだーweep キレイに丸くできない。丸めているとべたべたしてきて、なんだかけっこうな粉を無駄にしてしまった気がする。

なぜだか、昔から自分で手で丸めたものって美味しく感じない。トリュフチョコやハンバーグや団子系。だからこの白玉もいまいちな気がして仕方がない。出来上がりはちゃんと美味しいとは感じるのだけど、心底ではないのだ。うーん、なにかトラウマとかあったかなあ。。覚えがないけど。。

それにしても、マクロビオティックだから素材そのものの甘みを生かし、甘みを加えるのを控えめにしていると、なんだかスイーツを食べた気がしなくて、余計スイーツが食べたくなってしまう。それが過食につながってしまっているように思うこのごろ。

たぶんこれはスイーツに関してだけではなく、料理についても同じ。それぞれの味付けをしっかりしないと、食事をした気がしなくて、だらだらと食べ続けてしまう。そういう意味でもそれぞれの味付けをしっかりとして、食事の味のバランスをとることも大事なんですね。

小松菜と海苔のナムル

090411_ 小松菜はいつもおひたしにしてしまうばかりなので、今回はちがう料理法に挑戦したくて、またまたレシピ本をぱらぱらとめくり、探しました。

ゆでた小松菜とちぎった海苔を、生姜のすりおろしとしょうゆと玄米酢であえたもの。

ちょっと時間が経つとのりの存在感がなくなってしまった。いただく直前にあえて、レフトオーバーを作らないほうがいいかも。

小松菜と切り干し大根

090411__2 小松菜と切干大根をだし汁でコトコトと煮ました。やさしい味になりました。

もしかしたらもう少しお醤油で味をつけてもよかったかなあ。とくにお弁当に入れて持っていったときに、そう思いました。

セロリの蒸しサラダ

090415_ セロリだけがある。どーしよーと思って、レシピ本をぱらぱらめくって見つけた「セロリの蒸しサラダ」。

セロリは蒸しただけ。ソースは、タヒニと玄米酢と白味噌をちょうどよい濃度になるよう水で加減しつつ、混ぜたもの。

たったこれだけなのに、おいしい。セロリをそのままいただくのは得意ではないのだけど、蒸してあるからなのか、ソースのせいなのか、セロリのクセが感じられず、さくさくといけます。たぶん子供でもたべられるのではないかなあ。

マクロビオティック食事法

Photo_3

クシ・アカデミイのレベル1まで修了したけど、次のレベル2にはすぐに進むことをやめた。もう少し日常で実践してみたり、他のことも試したり、本などから学んだりしてみたいと思ったからだ。

そこで、久司道夫先生と久司アヴェリン偕代先生の「マクロビオティック食事法()()」を読んでみた。

上巻は、マクロビオティックの基本を、下巻は食材の解説と料理法を紹介している。

多くはすでにクシ・アカデミイで習ったことだが、この本が20年近く昔のものだということもあって、習ったことよりも少し厳しい感がした。

たとえば、豆腐チーズケーキcakeはマクロビオティックに移行途中の人がスイーツをほしいときには食べてもよい、普段のマクロビオティックの食事では必要ではないもの、というような感じで紹介されていた。

およよ、大好きなスイーツのひとつが、、、weep 

マクロビオティックスイーツ、毎日食べたい~と思っていたけど、ちょっと自分を戒めようと思ったのでした。ときどきでいいのね。

それから、言い古されたことでよくわかっていると思っていたのだけど、そうか!と初めて理解できたのが、同じ食事を家族でいただくことの大切さ。

食べたものが血となり肉となるのだから、同じものを食せば、同じ思考をもつことができ、家族としての絆も深まる、ということ、そうかぁhappy02sign03と、目からうろこでした。

だから食は世界を変えることができ、マクロビオティックは世界平和につながるのだよねhappy01

亜麻の実入り玄米ごはん

Photo 090408_ 亜麻の実をもらった。亜麻の実というものを初めて聞いたし、初めて見たのだけど、女性にはとってもいいもので、ごはんを炊くときに一緒にいれればいいだけ、と聞いて、それならわたしにも使えると思った。

いつもは玄米を炊くときに雑穀や豆などを入れるのだけど、今回は亜麻の実だけを入れて炊いてみた。

亜麻の実は、コーヒー豆のような濃いブラウンかと思っていたが、炊き上がった玄米の中では、小豆色にも見えなくもない。

見た目はちいさなぷちぷちとした亜麻の実がとてもかわいらしい。かわいい玄米ごはんってへんな表現だけど、かわいいheart01 味はとくにない。ぷちぷちとした感触が少しあるだけ。

なかなかよい~good と思うのだけど、女性にいい亜麻の実って、どういいのかと思い、検索してみたら、女性のホルモンバランスにいいらしいということがわかった。

見つけた亜麻の実についてわかりやすいページは、「excite 健康 世界各地でポピュラーな「亜麻の実」って?

亜麻の実、これから流行るかもsign02

ハナダロッソランチ

090414_01090414_03 祐天寺から原宿にお引越ししたハナダロッソ。ホームページを見ると、場所がかわっただけで、メニューは変わっていないみたいだけど、どんなところにあるのかなあと思い、ランチに明治神宮前へ行ってきました。

ビルの1階にあるのだけど、ちょっと奥まった場所にあるので、気をつけていないと道に出ている看板も見落としてしまうので、要注意bell090414_04_2

090414_02

090414_05 お店は祐天寺の赤基調から、白基調で赤をアクセントにした反転スタイルにして、前より清潔感と洗練さが感じられた。お店の入り口スペースにも席があって、屋外でもいただけるらしい。

この日は、日替わりランチ980円に。メインメニューは、テンペと彩り野菜の豆乳クリーム焼きをチョイス。

ほんとに彩りよくカラフル。あつあつでサーブされたので、テンペはちょっと冷まさないと食べれなかったけど、自分ではテンペをこんなふうに使うと考えたことはなかったので勉強になりますね。

ハナダロッソの玄米も大好きheart 好みのもっちり具合なんだよね。そして、ここの副菜がまた手を抜いてないのがエライ。とくにわたしは酢の物系が好き。

だけどもう少しお惣菜の種類がほしいかな、もう少しボリュームあるといいのにな。

お店の入り口には、看板メニューのベジバーグのお弁当が売られてました。お弁当もおいしそう。近くだったら、お弁当の常連になりそう。

GAIAのある日のお弁当

090415_gaia GAIAのある日のお弁当。わりとGAIAのお弁当も好きheart いろんなお惣菜がつまっているし、玄米も好みだし、お弁当ばこも自然っぽいし。

この日は夕方に、御茶ノ水店の近くに来たので、一階でお弁当を買って、三回の書店のカウンターでお味噌汁(200円)をつけてもらって、夜ごはん。お箸も貸してくれるんです。

090415_gaia_2 この日のお弁当は、玄米ごはん(ごま塩つき)、梅干、大豆のから揚げ、キャベツ、フライドポテト、新たまねぎのオープン焼きトマトソース、きのこ煮、みつばとにんじんごま味噌和え、春キャベツめかぶ梅酢和え、にんじん・大根ぬかづけ。

お味噌汁も美味しかったー。

恵比寿 マルシェのお弁当

090412_01 090412_02

090412_03 090412_04 クシ・アカデミイのクッキングスペースの一階にあるマクロビオティックカフェ「マルシェ」。

レベル2のクラスは、毎回ランチ付きとのことで、初日はマルシェのお弁当。いただいたお弁当を激写。

まず見た目に彩りがキレイで、マクロビオティックは茶色い食事、という概念を払拭してくれます。マルシェとかクシのメニュー、いつも彩りキレイでおいしそうだけどな。

キビを使ったり、海藻の酢の物だったり、味にもバラエティがあって楽しいし、大豆ミートで食べ応えもあってうれしい。

想定外のブラウニー

090411_01 090411_02 ホールフーズスタジオ(Whole Foods Studio)で習った「ひよこ豆のブラウニー」を作ってみようと思ったのですが、結果的には肝心のひよこ豆がはいらないブラウニーになってしまいました。

ひよこ豆を浸水しておいたのはいいのだけど、作る暇がなくて5日も浸水しっぱなし!まずい!ちょっと水も濁ってきたし、、、とあわてて材料を用意。

胡桃を炒って砕き、レーズンや粉をはかり、甜菜糖シロップを作り、オーブンも170℃に熱した!さあ、最後に混ぜて、、、とひよこ豆を混ぜで気付いた!ひよこ豆、炊いてなかったcoldsweats02sign03 浸水を5日もしたから、水煮のような気持ちになってた。おばかな自分。

材料も合わせてしまったので、ひよこ豆を一粒ずつ取り出し、ひよこ豆のないブラウニーにすることに。

たしかにブラウニーだし、味もGOODscissors なんだけど、予定とちがってしまったので、ちょっとがっかり。

普段もらってばかりなので、今回作ったブラウニー、あちこちに無理やり配りまくっちゃいました。みんな、おいしいと言って食べてくれてありがとconfident

玄米粉の桜のカップケーキと豆腐チーズケーキ

090405_ 090405_01 またまたマクロビ友人のひろちゃんが作ったスイーツをご紹介happy01

一つ目は、米粉をつかった桜のカップケーキ。米粉100%とのことで、もちっとどっしりした仕上がり。市販のふっくらしたものとは全然別物のカップケーキだけど、米粉だから安心していただけますね。米粉のスイーツは難しいらしいのですが、さすがひろちゃん、ちゃんとできてるribbon

それから、ふたつ目はひろちゃんの定番、豆腐チーズケーキ。

090405_02 砂糖は使わず、甘酒で甘みを出すのがひろちゃんのこだわり。今回は、寺田本家の「むすび」もはいっているとのことで、ケーキを手に取った瞬間にぷーんと日本酒の匂いがbottle ケーキといっても本当にこれは子供にはあげないもん、大人のスイーツです。

いつもひろちゃんのスイーツ、おいしいんだよね!ほんと、幸せ&ありがとheart02

PSMM ブランチセット

090405_psmm01 090405_psmm02 090405_psmm03090405_psmm04_2 090405_psmm05 090405_psmm06 自由が丘の友人宅へ行く前に、マクロビオティックスイーツ専門店の「パティスリーシンプルモダンマクロビオティック」で、ブランチ(1580円)をしました。

oneカップスープ。きのこがたっぷり入ったクリーム仕立てでボリューム感がありました。

twoマクロビオティックキッシュ。これもおいしいし、ボリュームあってかなり満足。threeオリジナルマフィン。文句なくおいしい! fourサラダ fiveデザートはヴェリーヌでした。

090405_psmm01_2 090405_psmm02_2

090405_psmm03_2 090405_psmm04_3 090405_psmm05_2 5人だったので、5種類のヴェリーヌがテープルに運ばれてきたので、好きなものを選べるのかと思って、みんなで迷いながら決めたら、選べないとのこと。運ばれてきた5つを5人でどうぞ、ということだった。あれ?って感じでしたが、それぞれ違う味を試食できたからまあいいか!

以前にこのお店に来たときは、アフタヌーンティーの初めてのお客さんだったみたいで、ちょっと高すぎーと思ったけど、ブランチのほうが全然お得だと思います。食べ応え、美味しさ、コストバリューで。でも予約が必須だとすると、気軽には来れないですね。

さくらのクッキー

090404__2 アップするのが2週間も遅れてしまって、もう桜の季節が終わってしまうけど、季節モノってうれしいtulip

桜のクッキー。ひろちゃんのお手製なのだ。シェイプも桜だけど、真ん中に飾ってあるのも桜。うーかわいい。ひろちゃんのスイーツは、ほんと上品な甘さでたまりませんcatface

ゴーヴィンダズのパン

090404__01 090404__02 中野にある「ゴーヴィンダズ」でお土産に買ったくるみとレーズンのパン。

おいしいです~happy01 明日にとっておこうと思ったのに、気になって気になって、結局一気食いしちゃいましたhappy02

ゴーヴィンダズ Govinda's

090404_01 090404_02

090404_03 中野にある菜食家庭料理の店「ゴーヴィンダズ」。菜食家庭料理というよりもインド料理やさん的なのですが、以前にネットで評判がいいのを目にしていたので、いきたいなあと思っていたお店。

中野に来たついでに、以前に行ったことがあるという友人に道案内をしてもらって行ってきました。

すでにランチもデザートも食べた後だったのですが、お店の雰囲気からそそられるので、3人でプレートとデザートをシェアすることに。なんて食いしん坊なわたしたちbleah

090404__ 090404_  インド風てんぷらの「パコーラ丼」が人気の看板メニューらしいのですが、あれもこれも食べてみたいわたしたちは「ジャガナータ・セット」をチョイス。サラダ、パコーラ、ダルカリー、ライス、デザート、ハーブティーで1550円(上段鎖写真3点)。カレーは思ったより全然辛かった。普段マクロビオティックで刺激的な味に慣れてないからなのか、わたしたちにはかなりスパイシーでした。そして人気のパコーラ、美味しかったです!これはホントに人気があることに納得scissors

cakeデザートは、本日のデザートの塩キャラメルのケーキと、豆腐チーズケーキ。塩キャラメルはフォークを入れると崩れてしまい、ちょっと食べにくいけど美味しかった。そして豆腐チーズケーキは砂糖不使用でうまいっ!かなり気に入りましたheart02 ところで、ここのケーキ、おおぶりなほうだと思うんです。お上品で小さなデザートが主流の昨今、こういう気持ちのいいカットはうれしいですね。

ゴーヴィンダズ、リピート必須ですねfoot

mikikana食堂

090404_mikakana01_2 090404_mikakana09 4月4日、かなちゃんの気まぐれ食堂「mikikana食堂」に行ってきました。中野駅から近いところなんだけど、一本道を入ったところにある建物の一階で、とっても静か。お店はなんと、ふつうの住居。それも玄関から入るのではなく、庭側から入るというユニークさ。そんなカジュアルな雰囲気がなんだか落ち着くお店でした。

090404_mikakana02 090404_mikakana03090404_mikakana04_2 090404_mikakana07 090404_mikakana08 090404_mikakana05  いただいたのは、「春のデトックスおばんざいプレート」。5品のデリと玄米、お味噌汁、ドリンク付きwink

oneひじきと野菜の春巻き two春の山菜味噌 three春野菜の白和え four根野菜とくるみのきんぴら five大豆唐揚げと春キャベツの味噌煮

春色プレートというだけあって、春の食材がちらほらとbud ひとつひとつのデリから、やさしい味がしました。

090404_mikakana10_2 そしてもちろん!デザートもいただきますnote  さくら餅に魅かれ、プティングとさくら餅のセットにしました。どちらも控えめな甘さでいくつでもいける感じ。

普通に会社員としての仕事もしながら、ときどきマクロビカフェも開いちゃうかなちゃん、ほんと凄いなー。メニュー考えたり、試作したり、食材の仕入れをしたり、やることはたくさんあるのにこなしちゃうかなちゃん、きっと楽しいからできちゃうのかな。

小豆かぼちゃ 陰陽

09031402 09031401

これもアップするのが1ヶ月以上、遅くなってしまったcoldsweats01

クシ・アカデミィのアドバンスクラスで、同じメニューで、陽性寄りと陰性寄りの実習をやったのですが、陽性寄りの実習の次の週に陰性寄りの実習だったので、鈍感なわたしは味の違いが本当に実感できているのか確信が持てなかった。

そこで、同じ材料を使って、自分で同時に陽性寄りと陰性寄りの小豆かぼちゃを作ってみることに。

陽性寄り:小豆は圧力鍋で圧力をかけて炊き、塩をまぶしたかぼちゃを下に小豆を上にして、水分がなくなるくらいまで煮る。(上の写真2点)

090314012 09031402_2 陰性寄り:小豆は普通の鍋で30~40分煮る。かぼちゃを小豆の上にのせ、塩を2~3つまみ入れ、やわらかくなるまで煮る。(下の写真2点)

catfaceさてさて、結果は・・・・wink

まず、見た目。陽性向けのほうが、水分が飛んで粉吹きのようにほっこりした感じ。陰性向けのほうは、しっとりした仕上がり。粉ふきな感じも好きなので、どちらも美味しそう。

食べて比べてみると、、、

わたしは断然、陽性寄りのほうがおいしいと感じる。陽性寄りのほうが塩が多い分、素材の甘さがしっかりと引き出されていて、食べた満足感があった。

自分の日常はせわしいので、きっと陽性気味だから、料理は陰性寄りの味付けにしたほうがいいと思っていたのだけど、美味しく感じるのは陽性寄りのほうだった。

マクロビオティックでは、自分の体に聞いて食べたいものをいただく、なんて話も聞くので、自分はもっと陽性寄りの味付けにしたほうがいいのかなsign02とギモンに思ったので、パトリシオ先生の講義のときに質問してみた。

先生の答えは、わたしは陽性寄りだから、陰性寄りの味付けにしたほうがいい。陽性寄りのほうが美味しく感じたのは、陽性がさらに陽性を引き寄せるということがおきているから。自分が美味しいと感じるものが、つねに食べるべきものとは限らない。というものだった。

むずかしー。食べたいものが食べていいものだったら簡単なのに・・・catface マクロビオティック、奥深いわねっsweat02 まだまだ経験が必要!あれこれやっていくのが楽しみflair

ホールフーズスタジオ 豆料理クラス4

090331_hfs4_01 またまたすでに終わってしまってから3週間くらい経ってしまったWhole Foods Studioのお豆料理コース第四回目、つまり最終回。

最終回は、スイーツ3品、どれもとっても簡単でした。すぐに自分でも作れると思うものばかり。

one小豆と抹茶のプリン

090331_hfs4_02層になっているのが素敵!こんなのが作れたら、なんだかデザート名人の気分。甘さも自分で調節できるから、プリン嫌いのわたしでもこれは大好きheart02 

プリン:寒天と葛を両方つかってなめらかに仕上げる。白練り胡麻が風味を、白味噌がクリームっぽい感じを作ってくれる。白胡麻クリーム、白味噌がコクをだしてくれて絶品です。

抹茶ソース:プリンが固まったら、プリンの上にかける。葛をとろみに、抹茶の色をキレイに出すのに豆乳をつかう。抹茶の代わりにフルーツソースにもできるし、バリーエーションが増やせそう。

小豆のシロップ煮:プリン、抹茶ソースと重ねた上に飾る。シロップは甜菜糖と水、少々の塩を火にかけて作り、やわらかく煮た小豆と一緒にする。

シロップ漬けにしたものなので、いろいろと使いまわせるし、保存も比較的長く効くし、はたまたそのまま食べてもイケる。先生の「タッパーウエアに入れて会社に持って行って、残業のおともになるよ」なんて一言も「なるほどー」と参考になりました。でも作ったら、最後まで一気食いしてしまいそうで、コワイ・・coldsweats01

twoレンズ豆の白玉あんみつ

090331_hfs4_03レンズ豆をぜんざいにしてしまうってアイデアも、なるほどflair小豆をレンズ豆に変えただけといえばそうなんですが、このレシピのユニークな点は、ジンジャーシロップをかけていただく、ということ。ジンジャーシロップがぜんぜん趣向のちがったぜんざいにしてくれるんです。大人の和菓子って感じになります。

ジンジャーシロップは、生姜を甜菜糖、水、米飴、ひとつまみの塩をなべに入れて火にかけるだけのものなので、作ってみたい度upupup

レンズ豆もすぐ煮えるし。だけどなんだか、わたしは白玉だんごつくりが億劫に感じてしまうんだよね。簡単だってわかっているのだけど、ひとつひとつ手で丸めてって火から離れられないところかなあ。でも近々挑戦しよpunch

threeひよこ豆のブラウニー

090331_hfs4_04

これも簡単cat

マカデミアナッツが入っていると見た目にはみえるのですが、それはひよこ豆chick 甘さ控えめで、ぱくぱく食べちゃいそう。作りたいけど、食べすぎが怖い。だけどこれも、作るぞrock

090331_hfs4_05 090331_hfs4_06

nightそれから、夜のクラスだったので、ごはんとスープも先生が用意してくれました。

玄米にしそと胡麻をまぶしたさっぱりごはんと、野菜とオートミールが入った食べ応えのある豆乳スープ。

スープにオートミールを入れるというアイデア、奇抜で、え?wobblyと思ったのだけど、いただくとまったく違和感がなくておいしい。ぜひ作りたいメニューになりました。これもまtまた近いうちにやってみよ。

今回で、お豆料理のコースは終わり。お豆大好きなので、いろいろなお豆料理を基礎知識からまとめて教わることができて、とても勉強になりました。

クシ・アカデミイ以外の料理クラスは、ここ、ホールフーズスタジオしか体験したことなくて、単発クラスは一回参加したのですが、今回の4回のコースのほうが楽しかった。やはり料理教室に通うことで、料理を教わるというだけでなく、先生やクラスメートとの交流がなによりも楽しいのだなあと実感。今回もクラスメートにお友達ができたので、とってもハッピーheart

ホールフーズスタジオ 豆料理クラス3

090324wfs_02 090324wfs_

090324wfs__4 090324wfs__2 090324wfs__3 ブログにアップするのがすっごく遅くなってしまった。クラスがったのは、もう一ヶ月前・・・coldsweats01

ホールフーズスタジオ(Whole Foods Studio)のお豆料理コースの第三回目。今回はメキシカン風なメニュー。090324wfs__5 090324wfs__6

(1)ブラック・ビーンズのファヒータス

ファヒータスとは、メキシコではとてもポピュラーな一品で、ハーブやスパイスで味付けしたお肉とたまねぎやピーマンなどの野菜を一緒に炒め、トルティーヤに巻いていただくというものらしい。

クラスで教わったのは、もちろんマクロビオティック的にアレンジしたもので、”黒豆で作るフィリングを、サルサソース、豆腐マヨネーズなどと一緒に、トルティーヤにはさんでいただく”というレシピ。黒豆のほか、ブラックタートルビーンズ、キドニービーンズ、金時豆、白いんげん豆などが合うそう。

  • トルティーヤ(全粒小麦粉とブルーコーンの2タイプで2色) 2色でかわいいlovely
  • 黒豆のフィリング(トルティーヤに挟む):黒豆のほかは、とうもろこしとたまねぎ、好みでパプリカ、というわりとシンプルな感じだけど、黒豆がとっても食べ応えあってGoodです。
  • 豆腐マヨネーズ:木綿豆腐、梅酢、玄米酢、白味噌、米飴、塩という材料。
  • サルサソース:トマトを使う、油を使う、ということから、陰性が強く、夏向けのものなので、体を冷やす。今回は、レシピの紹介のみ。

(2)フムス

フムスとは中東料理で、ひよこ豆のすりつぶしたディップ状のもので、ピタパンにつけて食べるものらしい。

とっても美味しくて、めちゃめちゃ作りたいのだけど、フードプロセッサーがないと難しいbearing

(3)コーヒーゼリー豆腐クリーム添え

コーヒーゼリーは穀物コーヒーと寒天で。お豆に関係あるのは、添えた豆腐クリームってことですね。ゼリーは作るの簡単だけど、豆腐クリームはやはりフードプロセッサーがないと苦しい・・catface

cloverその他、

(4)生野菜。トルティーヤに挟む。

(5)レーズン入り玄米。オリーブオイルも入れて炊いたものなので、洋風玄米。フムスにごはんも合うよ、と先生が用意してくれました。中東では、ピタパンにつけていただくのを、ごはんにしたってことだよね。

夜のクラスだし、試食は20時半くらいになっちゃうので、ごはんがうれしい~happy01 いつも残さずいただいちゃうのでした。

アリサン 緑豆チップス

090331_ アリサンの「緑豆チップス(Mung Bean Chips)」。

原材料は、緑豆と海塩だけらしい。油もつかっていないとか。すごい。

たしかにとっても素朴な味です。南部せんべいに通じるところがありますね。あれよりずっーと薄くて小さいけど、味の点で。

まだら模様がかわいらしいチップスです。

OSAWA レーズンソフト

090401_ オーサワジャパンのおやつ、「レーズンソフト」。

レーズンはたしか単糖類。なので、普段あまりバカ食いしないように気をつけているんだけど、実はドライフルーツも大好きheart04

砂糖を使っていないレーズンのお菓子なんて、なかなか市販品ではないと思う。久しぶりのレーズンだったので、一袋一気食いcoldsweats01

粒選りレーズンを、サクッと香ばしいコロモで包みました。

レーズンソフト

原材料:契約栽培レーズン、もち米粉、麦芽米飴、国内産小麦粉(南部地粉)、食塩

立科みそ飴

090330_ オーサワの立科みそ飴。210円。砂糖不使用。

オーサワの立科みそが一番おいしいと、あるマクロビオティックの先生がおっしゃっていたし、料理実習でいただいたときに確かにおいしいと思ったので、あのお味噌で飴があるなんて!と即買い。

「甘辛風味が懐かしい味わい」とパッケージに書いてあるけど、飴自体の見た目も懐かしい感じ。

甘みが水あめ、麦芽飴のため、やさしい甘み。一度に数個は止まらないcoldsweats01 もち米を使っているので、噛むと歯にくっついてしまうのが玉にキズ。

きゅうりと豆腐の塩炒め

090222_2 きゅうりはマクロビオティックの料理クラスではあまり出てこなかったので、なんだか買ったのも久しぶり。

水きりして手でほぐしたお豆腐ときゅうりを、塩で炒めるだけの本当にシンプルな炒め物なんだけど、めっちゃ美味しかった。きゅうりの歯ごたえと塩気がおいしくて、あっという間に平らげてしまいましたhappy01

野菜の煮物

090222 煮物大好き! 

だけど、自分で作るとなんだか茶色の偏った彩りになってしまうことが多い。

今回はいつもより彩りを意識して、食材をそろえ、盛りつけてもきれいに見えるよう、お鍋の中でもあまりいじらないように、我慢がまんして作りました。

でも、野菜だけの煮物って、よくいえば優しい味なんだけど、おなか空いているときには、物足りない。つまり、たいていおなかが空いていることの多いわたしには物足りないことが多い。やっぱりベジミートなんかを入れたほうがいいのかなあ。いつ、ベジミートデビューしよ?

大根とキャベツのゆかり和え

090401__2 塩をふって水分を切った大根と、軽く蒸したキャベツをまぜて、ゆかりと酢で和えただけ。

まだまだわたしは、酢のものレシピが少ないのだけど、これは見た目も爽やかで簡単だから、レギュラーメニューになりそう。

今週のお弁当に大活躍でしたscissors

甘い野菜のスープ

090211 おいしくて大好きなんだけど、材料をそろえて、細かくカットするのがなかなか面倒でしばらくご無沙汰していました、甘い野菜のスープ。

ほんとうに野菜の甘みを実感できる一品。癒しのスープとも言えるかな。

レンズ豆や雑穀をいれてしまうのもおいしくってgoodですscissors

お手当て 大根とにんじんとネギ

090226_2 クシ・アカデミイのアドバンスクラスで、お手当のひとつとしてテキストに載っていた、大根おろしと人参すりおろしとネギ。

体内に凝り固まった脂肪を溶かしてくれて、ダイエット効果があるそうな。

久司道夫先生のDVDでも、母親の肥満を気にして相談した人に久司先生が勧めていた。

やってみよ~!

大根とにんじんをすりおろし、ネギを刻み、お醤油をちょろっとかけていただく。

sadひゃあー。これで正しいのかなあ。

素材そのもの。大根の辛みが強いのか、美味しいとは感じないし、食べにくい。材料をいっしょくたにして食べるってこんなんで合ってるのかなあ。

ダイエットのために、続けていただくお手当てらしいけど、もういらないー。今後、ほんとうにこれで正しいのか、先生に聞いてみよ。

アメリカの豆腐チーズ

090402_01_3090402_02_2

クシ・アカデミイのクラスメートのち-ちゃんが カリフォルニア帰りのお土産をくれましたnote

お土産はチーズshock

チーズって乳製品じゃないsign02 マクロビアンのわたしたちになんで乳製品をsign02

と思ったら、お豆からできたチーズでしたhappy01 えっと、わたしたちもよく作る豆腐チーズってことでしょうかねえ、たぶんheart04

わたしがもらったのは、写真右の「Soy FETA」って書いてあるほう。どうやら地中海ハーブが練りこんであるみたい。ゆきちゃんがもらったのは、写真左のモッツアレラ。

さすがアメリカサイズ。ちょっとしたチーズもごろっとした大ぶりサイズ。たっぷりあるし、アメリカの豆腐チーズなんて初めてだし、これはぜひみんなで味わいたいな。試食パーティーやろうかなnotes

PURE CAFE でおかえりなさいディナー

090402_01 090402_02

090402_03 090402_04 090402_05 090402_06 090402_07 090402_08  クシ・アカデミイのクラスメートが、カリフォルニアにオーガニックカフェを満喫してきたというので、その旅行のお話を聞かせてもらう「welcome back ごはん」を、表参道の「PURE CAFE」で。

オーダーしたお料理は、野菜の白ワイン煮、グレインズサラダ、クスクス、カナッペ、セロリのスープ、野菜のキッシュ、コンボプレート、オーガニックビール。

どれもおいしかったですが、イチ押しは、野菜のキッシュかな。一人でごはんするなら、コンボプレートおすすめです。

カジュアルな雰囲気で居心地のいいPURE CAFE で、ランチはかなり混雑しているのですが、ディナータイムはゆったりしてておすすめ。

カリフォルニアに行ってきたちーちゃん、入ったお店のメニューを持って帰ってて、みせてくれたのですが、メニュー数が多くて、バラエティにもすごく富んでいる。豆腐がTOFUと言われてるのはもう当たり前だけど、にがり、あらめ、なんて単語も使われていた。アメリカの自然食レストラン、食品店でも、かなり言葉が通じるかも。

とにかくたくさん自然食を食べられるお店があって、毎日オーガニック三昧で幸せだったってちーちゃんが言うので、わたしたちも「行きたい!」って気持ちがもくもくupwardrightupwardrightupwardrightairplaneairplaneairplane

玄米もち入り野菜味噌スープ 

090304 玄米もち入り野菜スープに味噌を溶いただけ。

味噌にするだけで、ぐっと和風で身体が温まる感じ。食べた感もアップ。

玄米もち入り野菜スープ

090226 お正月にちょっとしか食べなかった玄米もちがまだある。

料理する時間がなかったときには、便利です。

野菜とおもちを入れて、塩少々。おもちがやわらかくなるまで我慢すればできあがり!

アコルトのパン

090321 090321__2 090321__4 090321__5 090321_2 表参道にある天然酵母パンのベーカリー「アコルト」に久しぶりに行きました。

閉店間際だったので、急いで選ばなくちゃ、と焦って選んだら、なんだかあんこものばかり選んでました。

  • おさつりんごバイ(525円):とってもぎしっと詰まった小さなパイ
  • 名前忘れてしまった、あん入りのパン
  • じゃがいもとコショウのベーグル(315円):シンプルな外見だけど、味はかなりいけてました。
  • よもぎアンパン(525円):ちょっと苦いほどヨモギがたっぷり入った外皮に、ほとんど甘みが感じられない小豆。小豆の甘みはデーツだけがそう。すごいー。

毎回のことながら、徹底した素材の追及と製法には、頭が下がります。でもとっても高尚なパンのような気がして、カジュアルにはいただけません。日々のパンではないですね。ありがたーくありがたーく、心していただく感じ。

オニオンスコーン

090321_ クシ・マクロビオティッククラスの博子さんのお手製、オニオン・スコーン。

いただいた瞬間、玉ねぎのにおいがぷーんとしてくるほど、玉ねぎのみじん切りがたっぷり入っている。

スコーンがささっと作れてしまうなんていいなー。まだまだ経験が少ないわたしはレシピ本を見て、きっちり材料を計って作ってもイマイチの出来。経験あるのみ!だよね。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march