« クシマクロビオティック アドバンス料理実習第6回 | トップページ | お手当て 蓮根湯 »

クシマクロビオティック アドバンス料理実習第7回

Ad7 Ad7_

Ad7__2 As7_ Ad7__3 Ad7__4 Ad7__5

アドバンスの実習7回目。

6回目と同じメニューで、今度は陽性に傾いている場合の陰性よりに作る実習。

まず、玄米は圧をかけないようにしようとみんなで相談し、土鍋で炊くことにしました。土鍋だから、1.8倍のお水で炊くのですが、わたしが間違えて、1.8リットルのお水を入れてしまいましたsad ひゃあーとんでもない間違いをしてしまい、50分たっても水分がしっかり残っていた。なので蓋を開けて強火で水分を飛ばし、なんとかやわらかめごはんに。ふーー。同じテーブル班の友達に助けられましたcoldsweats01

味噌汁は、昆布だしよりも椎茸出しを3倍の比率にし、白味噌と麦みそで味付け。

きんぴらごぼうは、ごぼうと人参のカットは普通だけど、テンペが入って、かつ火にかける時間もあっさりめ。仕上げに火を通さない刻みねぎを飾りました。

小豆かぼちゃは、小豆をことことと圧をかけないで煮て、それからかぼちゃを足してさらに煮て、仕上げにみりんと米飴をプラスして、甘めに仕上げるようにしました。

陰性よりにするので、ひじきの煮物はアラメの煮物に。さらにとうもろこしも入って、見た目もカラフルな一品になりました。

プレスサラダも、陽性よりのときはかぶだけでしたが、陰性よりなので、ラディッシュとキャベツのプレスサラダ。

どのメニューも、優しめの味付けなのですが、なにより見た目が陽性よりのときより華やかだし、なんだか作っていても陰性になっているような気が。不思議。人間は思いこみの動物なのね。

陽性とすごく差が出たとか、体調に変化があったとかは、鈍感なタチなのでよくわからないのだけど、こうやって陰陽のバランスや体調を考えながら作るという体験をしたことは非常におもしろい経験でした。

« クシマクロビオティック アドバンス料理実習第6回 | トップページ | お手当て 蓮根湯 »

マクロビオティック料理クラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519528/28546224

この記事へのトラックバック一覧です: クシマクロビオティック アドバンス料理実習第7回:

» カラフルないきものたち [カラフルないきものたち]
動物をはじめ、爬虫類や虫、魚・・・神様は芸術家。 [続きを読む]

« クシマクロビオティック アドバンス料理実習第6回 | トップページ | お手当て 蓮根湯 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march