« 梅の古漬けとごぼうの梅煮 | トップページ | 広尾 J's KitchenのJ'sランチ »

高菜っぱチャーハン

09032301 1.カフェスローで買った玄米「さわのはな」がすっごくぱらぱらとしていて、チャーハンによさそう。

2.母の手前味噌に浸かっていた梅の古漬けがチャーハンに合いそうと、クシ・マクロビオティックアカデミイの先生にアドバイスをいただいた。

3.油と相性のいいという「雲仙こぶ高菜」が手に入った。

という、3つの理由で、チャーハンを作ることにしました。

<材料> 玄米、母の手前味噌の古漬け梅、雲仙こぶ高菜の葉っぱ、いりごま、ごま油

前に玄米でチャーハンを作ったときには、やはり玄米のもちっとした粘りがチャーハンらしいぱらっとした仕上がりにはさせてくれなかったのですが、今回はさらっとした玄米「さわのはな」のおかげで、パラパラなチャーハンになりました。

思ったほど主張しなかったのが、母のお手製の梅の古漬け。古漬けそのままで食すると、かなり塩っぱさがある濃いお漬物、という感じなので、そんなにたくさんは入れなかった。それでも塩っぱさを感じるかと思ったのですが、チャーハンでは、全然気になりませんでした。今度はもうちょっと入れてみよ。

« 梅の古漬けとごぼうの梅煮 | トップページ | 広尾 J's KitchenのJ'sランチ »

マクロビオティック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519528/28837063

この記事へのトラックバック一覧です: 高菜っぱチャーハン:

« 梅の古漬けとごぼうの梅煮 | トップページ | 広尾 J's KitchenのJ'sランチ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march