« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

アドバンス第三回

アドバンス第三回
アドバンス第三回
アドバンス第三回
アドバンス第三回
アドバンス第三回
今日のメニューは、
ひえともちきびのコロッケ
スピリットピースープ
豆腐タルタルソース
コールスローのプレスサラダ
黒米プディングかぶソース

ながいもバーグ

090118 長いもを焼きメニューにしたいなあと、レシピなど参考にせず、自分で作ってしまった。

すりおろした長いもとサイの目サイズにカットした野菜をフライパンで焼くだけ。

醤油でちょっと味付けしたけど、なんか足りない気がする。何が足りないのか、まだわたしには不明。。。なので、蒸し野菜用に作ったバルサミコ酢のソースをつけながらいただいたら、Goodでした。

090119

まだまだわたしは料理を創作するには未熟すぎる、、と実感したのでした。

さつまいもともちきびのお団子

09011801_2 09011802_2マクロビオティック和のレシピ」に載っていた、さつまいもともちきびを使った和スイーツ。小麦粉や甜菜糖をつかわないし、簡単そうと思い作ってみることに。

しかし、家には十分なもちきびがなかったので、分量はあるだけ、という適当な材料になりました。

さつまいもともちキビを一緒にお鍋で炊いてつぶし、手で丸めてきなこ+塩をまぶす、という簡単なもの。

なかなかそれっぽくできた!でも、やはり分量のバランスとしてもちきびが少なかったかな。もちっぽさが足りず、さつまいも団子って感じになってしまった。それはそれでおいしいのだけどねwink

和風煮込み

090114 しょうゆ味の煮物が食べたくなった。

適当にある野菜(大根、白菜、えのき、里芋、ごぼう、高野豆腐、ねぎ)を入れて、だしと醤油、昆布と煮ただけ。

やっぱり日本人はお醤油だよねえsmile やめられない、止まらない!ばくばくと食べてしまって、イカンいかん。

ひろこさんのマクロビオティックトリュフとカップケーキ

090124 090124_2 料理クラスのクラスメートのひろこさんが、手作りのチョコカップケーキとトリュフをプレゼントしてくれました。

めちゃめちゃかわいいし、おいしそうでしょ。

実際にとっても美味しかったんです。これで、小麦粉も卵も乳製品も使ってないなんて!

カップケーキはひとつでも食べ応えがある感じだし、トリュフは一粒にぎっしりと詰まっているんだけど、クルミの歯ごたえもあって、止まらなくなりそう。うますぎーheart02

おいしいからレシピを教えてもらいたいところだけど、自分で作ったらあっという間に全部一人で食べちゃいそうだから、聞かないほうがいいかなあ。

あー、ほんとにおいしかった。バレンタインデーも間近だし、ひろこさんみたいな彼女がいたら幸せだなあheart01 (って、レズじゃありませんよ!)

パティスリー・シンプル・モダン・マクロビオティックのアフタヌーンティー

090124psmm01 090124psmm02 今月17日に自由が丘にオープンした平田優シェフのマクロビオティック専門スイーツのショップ&カフェ「パティスリーシンプルモダンマクロビオティック」で、アフタヌーンティーしてきました。

このショップのホームページSMMの料理のお写真を見て、フランス料理から入った人のお料理ってアートだなあ、絶対食べたい!って思ったので、アフタヌーンティーがあると知るや、さっそく予約。なんとアフタヌーンティー第一号のお客様だったそう。

090124psmm03 アフタヌーンティーは、左上写真(2人前)のように3段のスイーツcake&サンドイッチbreadとドリンクcafe(穀物コーヒー、有機コーヒー、有機ティー、番茶から選べる)がついて、2680円sign03

一段目は、「ヴェリーヌ」とアプリコットのタルト。ヴェリーヌは、多分フランボワーズタイプの「アートレスグレイス」のミニチュア版。フルーツの酸っぱさと玄米甘酒の甘さがレイヤーになっていて、やっぱりアートだと思いました。

アプリコットタルトも甘さが素材の甘さのほかは、本当に最小限でしか加えられていないみたいで、甘くない。もうちょっとアプリコットは使ってほしいですけどね。

090124psmm04 090124psmm14 2段目は、レーズンスコーンとクリームブリュレ・リブラン。クリームブリュレなのに、卵や乳製品を一切使っていないなんて言われないとわからないくらい、ふつうのクリームブリュレという感じ。

スコーン:有機小麦、菜種油、有機豆乳、有機レーズン、ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)

スコーンは、フルーツの素材を最大限生かした5種類の「グラス・ド・フリュイ」も一緒に楽しめる。このグラス・ド・フリュイは一瓶1150円~1470円というから、ここで全部味わえるのはお得かも!この5種類、すべておしゃれな名前がついていて、わたしなんか一生覚えられないcatface

グラス・ド・フリュイ

  • クリムゾン・フランボワーズ
  • ローズレッド・ストロベリー
  • ブラック・カシス
  • アメジスト・ブルーベリー
  • ゴールデン・ポム
  • ダマスク・ルヴァーブ

090124psmm09 3段目は、きゅうりのサンドイッチと玄米ボール。どちらも一口サイズだし、あまり驚きがなくて、ちょっと他の段にくらべるとイマイチかなあ。もちろん、サンイッチの全粒粉パンも豆腐クリームもおいしかったし、玄米をまるめて塩をちょっと載せて刺すだけで、おしゃれになっちゃうというアイデアも勉強になったけど。

お店はとってもおしゃれだけど、知っている人じゃないと入りずらい。何のお店かよくわからないし、メニューも出てないし。客席は12席くらいしかなかったけど、落ち着ける雰囲気ではあります。

だけど、アフタヌーンティーではドリンクは2杯は欲しかったし、せめてお水はサーブしてほしかったなあ。

通常メニューもテイクアウトもかなりリッチなお値段がするので、ちょっとお茶にとか、ちょっとお土産に、というより、マクロビオティックをよーくわかっている人とゴージャスにお茶か、そういう人にがんばってお土産を持っていく、という感じかな。

もっと普通のお値段にならないと、マクロビオティックは特別なもののままでしょうね。素材のクオリティと平田シェフというブランドで、それは無理なんだろうなあとは想像しますが、庶民としては残念sad 今度はいつ行けるかなあ~

よーこさんのマクロビオティックランチ

090125 09012501

09012502 料理クラスのクラスメートのよーこさんのマクロビオティックランチを御馳走になりました。

よーこさんはホントにお料理好きで、勉強熱心で、わたしがここまでマクロビオティックを実践できているのも、よーこさんの影響も大なんです。お料理レシピを教わったり、理論的なお話をしてくれたり、体調の変化を聞いて、負けてられない!なーんて思ったり。よーこさんが作ってくれたのは、

  • 小豆入り玄米ごはん
  • おでん
  • きのこのワイン蒸し
  • ねぎとしめじの豆乳グラタン
  • 蒸しサラダの豆腐マヨネーズ和え

090125_2 090125_3

090125_4 どれも簡単に作れて美味しいって聞いて、作り方教えて!とリクエストさせていただいたものばかり。

よーこさんの言った通り、ほんとに簡単だったし、おいしかった。

グラタンの作り方は、ちゃんとネギを炒めてからオーブンに入れるとか、豆乳クリームを丁寧に鍋でとろみがつくまで火にかけるとか、基本的なことだけど、いつもわたしが横着しているところをよーこさんはちゃんと、だけど手際よく作っていたので、これがわたしとの決定的な差だなあと、自分のずぼらさを改めて痛感しました。

090125_5 090125_6 さらによーこさんは、おやつも作ってくれました。

  • レーズン蒸しパンと白ゴマプリン。

蒸しパンは自分ではおいしく作れなかったので、これもリクエスト。よーこさんのはちゃんと蒸しパンになってる!ふむふむ・・・

よーこさんを見習って、自分でも美味しくできるように基本をちゃんとやってみよう!

よーこさん、ごちそうさまでした。どれもこれもとっても美味しかったですhappy01 

天然酵母パン「タルマーリー」 クルミといよかんピールのパン

090126_01中島デコ先生のブラウンズフィールドのすぐ近くにあるパン屋さん「タルマーリー」は、脱都会をして田舎で自家製天然酵母のパンを週末に自宅販売し、それ以外のときは通信販売をしている。

年末年始にブラウンズフィールドのデトックスプログラム2008に参加したときに、ウーファーのみなさんが「ほんっとにおいしいっ!」と口をそろえて言っていたので、パン好きとしては食べてみたくて仕方がなかった。

タルマーリーさんは年末年始はお休みされていたし、デトックスプログラムで腸内洗浄したので、小麦粉は1か月くらいは食べないほうがよいとデコ先生に言われていたが、今日、GAIAお茶の水イベントに行ったら、ちょうどGAIAタルマーリーのパンが届く日だった。まだ一か月経ってないけど、3週間は経っているからいいか!と、ひとつだけ買うことに。

090126_02 090126_03

ひとつだけと悩みに悩んで買ったのが、この「クルミといよかんピールのパン」。 いよかんピールって珍しいなと思って。

原材料:小麦粉(国産)、自家製全粒粉公募、クルミ(有機)、いよかんピール、自然塩

原型の半分で350円。大きさは、片手サイズ。お値段がしっかりするので、ひとつしか買えなかった、というほうがただしいか。いい材料だけを使って、手間暇かけて、愛情注いで作っているようなので、こういうお値段になってしまうのだと思うけど、もっともっと需要が増えて、作り手も増えて、手頃なお値段になるといいのだがなあ。

って、さっき岡部氏の講演で「小食」って聞いてきたんだから、少しだけをありがたく頂けばいいんだけど、おいしいものをたくさん食べたい!って欲が捨てられないっcoldsweats01

前置きが長くなりましたが、・・・

お味はおいしいーlovely いよかんピールの程良い酸味と甘みが新鮮。クルミは歯ごたえを演出。パンはしっかりとした味で、全粒粉らしい苦味もきいている。みんなが絶賛するだけある。

うーん、もっと食べたいっ! タルマーリーのパンは隔週の月曜にGAIAに届くそうなので、そのタイミングを狙って足しげく通って、ほかのパンも食べてみよっ。

GAIAイベント 岡田賢二「月のリズムでダイエット」

マクロビオティックを勉強し始めてから、月との関係、旧暦、宇宙のエネルギーなどといったようなものにも興味がでてきて、すこしづつ勉強中なんだけど、GAIAのホームページで、

岡部賢二著「月のリズムでダイエット」出版記念&旧暦正月を祝う会

というイベントがあることを知り、その第一部に参加してきました。

岡部氏のことは今回初めて知ったのですが、ムスビの会を発足され、とくに西日本で精力的な活動をされているとのこと。なかなか東京に来ていただけることもないかと思い、仕事は二の次にして、GAIAのマクロビオティックお弁当をいただきつつ、拝聴しました。

本のタイトルは「月のリズムでダイエット」となっているけど、ダイエットを推奨されているわけではないそうです。

生活習慣病が大きな社会問題となっている昨今では、健康で平和で幸せな生き方をするには、小食・粗食がよい。

そして、腸にもお休みをあげる(食事を抜く)ことで、より人間本来の活力をひきだす素地を作り、自然・宇宙のエネルギーを新月や満月の夜にチャージできるようにしておく。

その方法として、新月と満月の夕食を抜いて代わりに甘酒をいただき(※1)、塩を入れたお風呂に入る(※2)ことを習慣にしては、と提唱されている。

※1 腸を休め、甘酒で整腸する

※2 月は万物のエネルギーの元となる太陽の光を反射している。水はその光を留める。塩は浄化作用がある。

moon3moon3moon3

岡部氏の話はとても分かりやすくて、面白かった。ご本人にお会いして直にお話を聞くことは、本から得られる情報とは違うこともあり、来てよかったと思いました。

お話の中で、個人的にとても共感し、記録しておきたいと思ったことが2点。

・人間の世の中(物質の世界)は、見返りを求める世界だが、自然界は見返りを求めない無条件の愛の世界であるということ。だから、わたしたちは心おきなく自然の中で心を開くことができ、癒される。

・これからは「認める時代」になるということ。それぞれの違いを認め、それを楽しむ。でも違いを認めるということは、自分のあるがままを受け入れないとできないものである、ということ。

ちょうど今読み終わろうとしているアイリーン・キャディ著「フィンドフォーンの花」に同様なことが書かれて、大きくうなずいていたりしたので、「あれ?これってシンクロ?」と思ってしまいました。

ということで、新月の今日、夕食はもちろん抜きまーすconfident

ねぎぬた

090113_3 ねぎの青い部分、どーしよーgawk

と迷った挙句、味噌和えにすることに。

湯がいたネギに、味噌、米飴、りんご酢を溶いたもので和えました。適当に作ったわりには、いい感じのお味に仕上がってくれましたnotes

お弁当にも大活躍してくれますriceball

ブランチドベジタブル

090113_2MAYUMIの世界一の美肌レシピ」からの一品、ブランチドベジタブル。

キャベツとにんじんを、沸騰したお湯(塩ひとつまみをいれておく)に入れて、色がかわったら、さっと取り出す。いり黒ゴマを振って完成、という簡単なもの。

だけど、湯がくと色がぱっときれいになって、本当においしそう。湯がきすぎないで、歯ごたえを楽しみながらいただく温野菜、まさに美肌レシピなんですね。

クシマクロビオティック アドバンス料理実習第二回

Ad02

クシ・マクロビオティック・アカデミー アドバンスコースの実習第二回目。

今日のメニューは、

  • 3色おはぎ(小豆、かぼちゃ、くるみ味噌)
  • お吸い物
  • 煮しめ
  • 春雨サラダ
  • 卯の花

Ad02_2実は、おはぎを食べたことがほとんどないという人生で、おはぎ食わず嫌いなわたし。おいしいのか?ととっても懐疑的だったのですが、おいしかったですwink おはぎの中身、玄米もちはやっぱり味があっておいしい。

かぼちゃはそのまんまだったので、おはぎでない食べ方のほうが好きかなと思ったけど、くるみ味噌はかなりいけてました。

Ad02_3

Ad02_4 Ad02_5 Ad02_6 卯の花、春雨サラダは日常のお惣菜にぴったり。簡単だし、お弁当にもいい!

Ad02_7 ところで、今回の実習は中島デコ先生が担当してくれました。デコ先生は、かぼちゃのおはぎで、うさぎを作ってらしたんです。かわいいからアップで撮っちゃいましたgood ちなみに、うさぎの部分はカボチャの皮部分なので、濃いグリーン色。

つづらのまめだいふく

09011701 09011702

09011703 09011704 クシアカデミイの1Fのマルシェで、マクロビオティックの考え方で作られている和スイーツ、つづらの和菓子を販売していたので、試しにひとつだけ買ってみることに。

まめだいふく 210円。でも小さいの!とってもとっても小さいの!普通の大福の1/3くらいかなあ。ほんと、一口サイズ、直径3.5cmくらい。

冷凍販売していて、2時間くらいで食べ頃になると言われたけど、バッグの中にいれたまま直帰せずに出歩いていたから、帰宅したら、写真のようにきれいな状態ではなかったsad

使われている材料が、小豆、有機もち米、米飴、有機デーツ、赤エンドウ、片栗粉、昆布、粟国の塩、ということで、たしかにお上品なお味でした。カワが薄くて、あんこぎっしりという大福はなかなかないですし。

でも小さい~weep 3つは食べちゃいたいサイズですね。

GAIAのお弁当

090109gaia GAIAお茶の水店でお弁当が半額(400円)になっていたので、買ってみました。

  • きび入り玄米ごはん、ひじきコロッケ、キャベツ、きのことセロリオーブン焼き、里芋人参がんもの煮物、かぶサラダゆず風味、小松菜ふのり和え、人参・大根のぬか漬け。

かなりボリュームあるし、おいしい。お弁当ケースも竹の皮を加工したものでできていて、雰囲気もエコ。勤務先が近かったら、毎日でも買いに行きたくなるなあ。

ハナダロッソのランチ

09011801 祐天寺にある花田美奈子先生のお店「ハナダロッソ」に、日曜日ランチしました。お店は、赤をキーカラーにモダンな感じなカジュアルカフェレストランという雰囲気。

ランチは、日替わりプレート、ベジハンバーグプレート、カレー、季節限定プレート、ベジバーガーと、マクロビオティックのお店にしてはメニューが豊富。

初めてだし、お店一番人気という「ベジハンバーグプレート」にしました。

090118020901180309011804

09011806_209011808 09011805 

玄米、ベジバーグ(デミグラス風ソース)、きんぴらごぼう、野菜の酢漬け、青菜の和えもの、スープ。

ベジバーグおいしかったけど、ライトな感じでちょっと物足りないかな。付け合わせの酢漬けがめっちゃ好みでした。和えものもよかったし、どっちかって言うと、わたしは副菜のほうが好きheart01でした。

これで、日曜なので1365円。同じメニューが平日だとドリンクもついて1260円になるようです。なんか損した感じgawk

09011809_2 ランチデザートが315円というお安さなので、追加でオーダー。この日は黒米ショコラケーキ。全然甘くない。ちょっと食べた感が薄いのだけど、添えてあったゆずのシャーベットがおいしくて、よかった。

かなりオススメの五本木バーガーも興味あったんだけど、他のお客さんの注文されたのを見ると、小さい。わたしには足りないかなあ・・・って小食にならねば!

Asuka ランチ

090110asuka01

090110asuka02

代官山のほうへ出かけた時に、偶然、「Asuka」を発見。マクロビのカフェレストランなので、ここはもちろん入ってみる。

ランチの中から、動物性の食材が使われていない「Asuka丼(1350円)」を注文。白菜と麩をメインに、たくさんの野菜が玄米にあんかけされている。

量的にはかなり少ないので、ゆーっくりゆーっくり、お店にある雑誌などを見ながらいただきました。

090110asuka03 090110asuka04

お店のドリンクメニューには、Asukaのこだわりが書いてある。コーヒーにはバリスタがいて、ラテアートを描くところを披露してくれるというので、ケーキもおいしそうだし、ケーキセット(1200円)を追加注文して、ラテアートをお願いした。

ラテアートは、バリスタが席まで来てくれて実演してくれた。ハートと葉っぱを描いてくれました。うれしいheart04

ケーキは今が旬のアップルタルトappleを注文。リンゴが薄くスライスされていて、繊細な感じにとてもひかれちゃいました。

いただいたものはどれもおいしかったです。お店の雰囲気もいいし、リピたいですね。お値段がちょっと高めな気がするけど、場所柄仕方ないのかなあ。。。

栗入り黒豆

081220_ Basic IIの第四回目で習った「栗入り黒豆」を作ってみました。

黒豆と市販の甘栗に昆布を入れて、醤油でことことと煮るだけの簡単なもの。だけどとっても美味しい。

うまく仕上げるコツは、かき混ぜすぎないこと。かきまぜちゃうと、黒豆がに崩れてしまって、キレイに仕上がらない。今回は、がまんして極力さわらないようにしたので、荷崩れ防げましたscissors

黒豆は生理痛を和らげる効果があるそうです。月イチメニューになりそう。。。

八頭の煮物

081224_ 八頭(やつがしら)って里芋の小芋らしい。親芋のまわりにぽこぽことくっついてできる様子が八つの頭のように見えるから、というのが名前の由来らしい。だけど、買ったのは、八頭って書いてあったんだけど、ひとつずつ芋が独立していて、里芋にしか見えない。

時間がなかったので、圧力鍋で芋を皮つきのまま茹で、熱いうちに皮を剥いて、ほかの野菜とだしと醤油で煮込みました。

一日たってからいただいたら、もっと味がなじんで美味しかった。やっぱり煮物はコトコトと、がいいのかな。

農家の台所 くにたちファーム 恵比寿店

0901100309011010 09011009 09011005090110060901100709011008090110040901100109011002

農家の台所の恵比寿店でランチ。

「こだわり野菜のランチプレートと本日の一品料理の御膳(1000円)」に、サラダバーをつけて、1380円。

ランチプレートには、色どり豊かな総菜が少しづつきれいに並べられて、素材が何でどういう調理法なのかを考えながら食べてみました、勉強になる。ちなみにご飯はおかわりOKだそう。

サラダバーは、見たことのない野菜があったりして楽しい。バーカウンターにいるスタッフが野菜の説明もしてくれる。塩、オリーブオイル、マヨネーズの3点盛りのドレッシングプレートをとり、好きな味付けでいただく。

珍しい野菜が多くの種類をいただけるという貴重な場所だけど、サービスはいまいち。ランチのオーダー時間ぎりぎりに行ったら、満席だったためにけんもほろろに追い返されそうになったので、先にオーダーするから席が空き次第案内してほしいと交渉しなければならなかった。案の定、すぐに席は空き、食事をすることができたけど、今度はサラダバーがみるみるうちにかたずけられてしまった。ゆっくり味わって食事をいただく、という気持ちになれず、残念だ。

お店入口とレジ付近に、野菜や果物、加工品が陳列されていて購入することができるけど、スペースが狭くて見ている気分ではないし、値段がすべて高め。それだけいいものなのかもしれないけど、ちょっと買う気にならなかった。

農家の台所、というわりには庶民には遠い感じでした。

クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

クシ・マクロビオティック・アカデミー アドバンスコースの実習第一回目。

今日のメニューは、

・かぼちゃ入り玄米ごはん
・スープ餃子
・大豆のシチュー(大豆の五目煮)
・ひじきのサラダ
・蓮根の梅酢漬け
・ごまプディング

クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

かぼちゃ入り玄米ごはん↓ 玄米を炊く時にいっしょにかぼちゃを入れてしまう。盛るときに見栄えよくかぼちゃを置き、かぼちゃの種を飾る。ひとつのメニューで、かぼちゃの実とタネをいっしょに摂るというのは、バランス的にもよいそう。
クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

スープ餃子↓。餃子の中身はもちろん野菜だけなので、ライトな餃子です。
クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

大豆のシチュー↓。「シチュー」とは言ってもこれは「大豆の五目煮」です、と小堀先生がおっしゃったのが面白かった。パトリシオ先生がメニューを考えているが、英語で煮込みはみんなシチューになってしまうから、とのこと。

きれいに仕上げるには、あまり水をいれすぎず、かつかき混ぜすぎないことかなと思いました。
クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

ひじきのサラダ↓。ひじきってサラダになるんですねえ。煮含めたひじきをゆでた野菜とピーナッツドレッシング和えにしたもの。ピーナッツ味、おいしい~lovely
クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

蓮根の梅酢漬け↓。ピンク色がきれい。ときどきたまらなく酢の物が食べたくなるときに梅酢に漬けておくだけでできるので便利!
クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

ごまプティング↓。豆乳ベースなので、ゴマ豆腐の甘いものという人もいましたが、わたしは好みな味でした。上にかけたのは、メープルシロップを水でうすめたシロップ。
クシ・マクロビオティック アドバンス料理実習第1回

ふたばカフェのランチプレート

091016futabacafe01 マクロパパさんのブログを拝見させていただき、ふたばカフェを開かれることを知りました。今回の6thと6thの後は、山梨に行かれてしまうそうなので、これは是非とも行かねば!と思い、行ってきました。

091016futabacafe02091016futabacafe03091016futabacafe04091016futabacafe05 ランチは玄米プレート(1200円)の一種類だけど、たくさんのおかずが載っています。

  • じゃがいもとキヌアのロールキャベツ
  • まだか漬けと白菜
  • ごぼうの煮たん
  • 瀬戸内寒ひじきのフジツリ
  • 冬かぶのグリルと菜の花のサラダきつね添え
  • ファッフェル(中近東のひよこ豆のナゲットをふたば流にアレンジだそうです

ひじきにパスタを合わせてしまう意外性や、春を先取りの菜の花とイエロードレッシング、中身が楽しみなロールキャベツ、初めての味ファッフェル、、、ひとつひとつが丁寧に愛情持って作られていて、自分のガサツさを反省させられました。

091016futabacafe06_2091016futabacafe07

そして、玄米と七福スープ。

玄米は圧力鍋で炊いてらしたので、もちっとやわらかめでした。七福スープは、やさいの甘みがよく出ていたし、見た目もとてもかわいらしかった。

どれも、優しさいっぱいの味がしました。きっとマクロビパパのお人柄が表れているのだろうなあと思い、おいしくいただきました。

実は、ひとつ気になることが・・。わたしがそろそろ食べ終わる頃に、お隣の方にお店の方が「ごぼう、忘れてました、すみません。」と言って、プレートにごぼうを追加されたんですが、自分のプレートにはそもそもごぼうなんてのってなかった。メニューにも「ごぼう」があるので、きっとスタッフの方が気づくまでにサーブされた方々には、みなごぼうがなかったんだと思う。わたしはかなり早く入り、カウンターにいたので、ほぼ様子が見えてたんだよね。

でも慣れないカフェ仕事を頑張っている様子を見てたので、「わたしにもごぼうありません!」とは言えませんでしたcatface とっても美味しかったしね! 今度は手伝ってあげたいなあ~。

091016futabacafe08091016futabacafe09 さらに、スイーツ&ドリンク(ランチ注文の場合は、各300円)もいただきました。

スイーツは、キャロットケーキとゲデックター・アプフェル・クーヘン(ドイツ風アップルパイ)、苺の葛プリンの中から、2つも注文しちゃいました。

だって、マクロビパパさんのブログで苺プリンがお勧めって書かれてたし、限定6個だということだし、普通のプリンが苦手だから、こんなときでもないとプリンは食べられない!という思いと、やはりマクロビパパさんのブログの写真を見て、ゲデックター・アブフェル・クーヘンは絶対食べなくちゃ!と思ってきたのです。どっちもとってもおしゃれでおいしかったです。やはり、マクロビパパさんの優しい気持ちが詰まってました。

ドリンクは、ハーブティーをいただいたのですが、撮るのを忘れてしまいました。

ふたばカフェでは、お水ではなくて、生姜番茶を出してくれるんですね。この寒い冬にはふれしいおもてなしですね。

お店では、焼き菓子も販売されていましたが、席に着く前にいくつも選んでキープしてるお客様が多くて、すごい人気を眼のあたりにしました。わたしは今、デトックス後で小麦粉は1か月位とらないようにと中島デコ先生に言われているので、今回は我慢bearing。次回に買いたいな。

仲間との新年会ランチ

女性起業塾の友人と集まって新年会。それぞれ食べ物やドリンクを持ち寄って、友人の一人のマンションのコモンルームを借りて開催。

わたしはマクロビオティックの料理を作りました。

  • 根菜カレー
  • もちきびと甘い野菜のスープ
  • あらめの煮物
  • 白菜のお漬物
  • りんごともちきびのコンポート

090112090112_2090112_3 090112_4 090112_5

カレーは、オーサワのカレー粉を使ったのですが、塩やしょうゆなどで自分で味の調整をしなければならなかったのに、それを怠ってしまったのでイマイチの出来になってしまった。出来上がったカレーに醤油を足していただいたら、おいしくなりました。

もちきびと甘い野菜のスープは塩しか使わないのに、野菜の甘味がよく出て、本当においしいスープとなりました。有機野菜と自然塩にこだわれば、やはり素材同士が勝手に美味しくなってくれるみたい。

りんごのデザートも、塩とリンゴジュースだけでこんなに手軽にできて、しかも甘くなるってことでみんなから好評でした。今回はレーズンを入れてみました。

友人がもってきてくれたのは、

  • シャンパン
  • サーモンの前菜
  • チーズ
  • 丸武の卵焼き
  • 肉じゃが
  • 芋きん
  • シュトーレン
  • 赤福

090112_6 090112_7

090112_8 090112_9 090112_10

久しぶりに動物性のものや砂糖を口にしてしまいました。やっぱり美味しい!と思うものがほとんどだったのですが、おいしいけどマクロビのほうがいいかなと思うものもあったりして、自分の舌が変わっているのかなあと不思議な気分でした。

でもとにかく食べすぎた。せっかくデトックスして、胃を小さくしたと思ったのに、一気に大食いモードに・・・。やばいcoldsweats01

人参と赤ほうれんそうの胡麻和え

Image112 100%オーガニックベーカリー「アコルト」の西野椰季子さんのレシピ本「マクロビオティック 和のレシピ」に載っていたメニューの小松菜を赤ホウレンソウにして作ってみました。

人参のオレンジと、赤ホウレンソウの赤と緑がきれい!

赤ホウレンソウは、茹でて絞ると赤い汁が出て、当然といえば当然なのかもしれないけど、「およっ!」ってびっくり。ビーツの赤色みたいに鮮やかなんですねえ。

かぼちゃのスープ

Image011 かぼちゃのスープが飲みたいっ!と思い、適当に作ってしまった。

玉ねぎを水で甘くなるまで炒め、サイの目レベルに小さくカットしたカボチャ1/4個を足し、お鍋のふたをする。やわらかくなったら、かぶるくらいの水を足す。沸騰したら、カボチャをスパチュラでつぶす。

カボチャそのまんま!って感じのスープになったけど、おいしい~happy01 適当に作ったわりには、ぜんぜんイケるscissors

後で料理クラスの実習メニューにかぼちゃのポタージュが出てきたのですが、そのレシピは具材ももっとたくさん要るし、フードプロセッサーも必要だし、と手がこんでいた。でもそれに全然負けてないwink って思うのでした。

M Cafe de Chaya のクッキー

Image110 赤坂サカスにある「M Cafe de Chaya」のクッキー273円。

紙袋に入れてくれるのですが、その袋が油で色が変わってしまうのでちょっとびっくり。卵、白砂糖、乳製品は使ってないはずだけど、何がこんなになるのかあ。

もちっとした感じで、けっこう噛まないとならないので、ちょっと噛み疲れるけど、味はおいしいsmile

あり合わせのさっぱりスープ

081208 あまり食材がなかったので、わかめ、ふ、ねぎ、コーン、ズッキーニ。味付けはシンプルにお塩だけ。

玄米のりまき

081217081218 料理実習でならったときに、おもったよりおいしかったし、お弁当にもいいなあと思ったので、作ってみました。

具はあまりなかったので、ホウレンソウと梅ぼしと胡麻という質素なものだけど、玄米の甘みと海苔がとっても相性がよくて、ぱくぱくイケますsmile

ママんテラス東京 青山 その2

カフェタイムに外苑前にある「ママンテラス」へ。

081223_01081223_02 ランチに行ったのだけど、軽食はカレーかサンドイッチしかない、とのことで、それらをオーダー。

野菜カレーは、カレーと玄米をよそったお皿に、蒸した根菜を彩りよくならべてある。うーん、見た目にはキレイだけど、根菜もカレーで煮込んだほうが好みだなあ。カレーは野菜と香辛料という感じで、いわゆる奥の深いカレーの辛さではなかった。1000円。

サンドイッチは、テンペカツのサンドイッチ。まず、運ばれてきたときに、サンドイッチの小ささでがっくり。いくら軽食とはいえ、このボリュームでドリンクが付いていたとしても1000円なんてーーーpout。添えてあるサラダも漬物も、よくいえばお上品ってところで、かなりがっくり。

前回ランチをいただいたときは、満足したので、今回のカフェタイムはおおきく残念sad。ママンテラスはランチタイム限定にかぎりますな!

PURE CAFE ランチ

表参道のAVEDAに併設している「PURE CAFE」のランチ。前回行った時はランチタイムを過ぎていたので、今回は念願のランチ~riceball

でも、行った時間が14時半とランチタイムぎりぎりだったので、本日のランチはなかったdespair

まず、サンドイッチのセット↓。サンドイッチのほかに、スープと小鉢とドリンク付き。081224_purecafe04081224_purecafe01081224_purecafe03081224_purecafe02

サンドイッチも3種類あって、選べるのだけど、選んだのはりんごとさつまいものサンドイッチ。さつまいもとマーマレードをペーストにしてパンに塗ってあり、うすくスライスしたリンゴとレタスがトーストされたパンで挟んである。

さつまいもペースト、いけます。かなり高得点upwardright。スープも選べたので、WHITEという大根と白菜のスープ。

もうひとつは穀物のプレート↓。スープとドリンク付き。玄米を主にして野菜とお豆や雑穀が入ったボウルは、玄米ピラフっぽくて、しっかり噛まないと!でも噛めば噛むほどに穀物のおいしさを味わえる感じ。

081224_purecafe06081224_purecafe07081224_purecafe08081224_purecafe05 スープは、こちらはREDをチョイス。トマトベースだけど、セロリが利いてちょっとピリッとした感じ。

ちょっとおなかがすいていたので、追加でマフィンもつけちゃいました。かなりマフィンとしてはお値段するけど、ここのマフィンはおいしいです。思わずリピートしたくなります。

チャヤマクロビ日比谷シャンテ 玄米プレート

この間来たばかりなのに、また来てしまいました。チャヤマクロビ日比谷シャンテ

081220_01081220_02081220_03 今日は友人とランチ。玄米プレート。おまかせデリと玄米とスープ。

081220_04081220_05 たかきびのミートボールが本当にお肉みたいで食べごたえがあっておいしかった~pigtauruschick

もちろんスープもぐーup

081220_06081220_07 デザートとドリンクもつけて、豪華版。

木の実のタルトといちごショートケーキcake。木の実のタルトはメープルシロップを使っていて、食べ応えあります。ショートケーキはとても卵や生クリームをつかっていないとは信じられないクリーミーさです。

うーん、幸せheart04

蒸しやさいと玄米おにぎりのお弁当

090105_ 蒸し野菜(かぶ、大根、人参、たまねぎ)と、ゆで野菜(春菊)と玄米おにぎりのお弁当です。

デトックスプログラムでしっかり噛むこと(玄米だったら200回)を教わると、今まで食べてた量が多く感じられる。

なのだけど、しっかりめいっぱい積めちゃうんだよね。食べたい~wink 食べられるって幸せ~lovely

渋谷BIO cafe ベーグル

090105_bio05 さらに「渋谷BIO cafe」 でベーグルも買ってしまった。渋谷はなかなか来ないし、ユニークなベーグルだし、どこかのブログでここのベーグルがおいしいと読んだ記憶があったし。

レッドダイヤベーグルというらしい。230円。紫芋、小豆、オートミール。

まず、とっても大きくってずっしりしていてうれしい。色もきれいで、ネーミングもユニークで、材料も他にはない組み合わせだし、いただく前からワクワクさせられるベーグルですね。

食感はもちっとしていておいしい。かなり食べ応えがあります。1個で十分おなかいっぱいになります。リピートしちゃいますねnote

渋谷BIO cafe ケーキ3種

渋谷BIO ケーキ3種
渋谷の近くに行ったので、オーガニックカフェレストラン「渋谷BIO cafe」に立ち寄り。植物性のケーキを欲張って3つ買ってしまった。
090105_bio02090105_bio04090105_bio03   
豆腐チーズケーキ

カボチャ豆腐ケーキ
豆腐ガナッシュケーキ

どれも洒落たデザインじゃないけど、どれもしっかりした味でおいしい。

でも考えたら、デトックス上がりで一か月は小麦粉を食べないようにって言われてたんだった。(小麦粉は帳の壁につきやすいから、だとか。)なんだかケーキは小麦粉ではないと勝手に思いこんでぱくついてしまった。あららーーー。

お雑煮

お雑煮
実家に行ってお雑煮を作ってもらいました。動物性のものを使わないでってお願いしたら、薄味の温かいだし汁に野菜が入っている、という感じ。何か足りない。マクロビオティックのお雑煮ってどう作るのかな。

デトックス最終日

デトックス最終日
デトックス最終日
とうとうデトックスプログラムの最終日。今日のメニューは朝ヨガ、回復食の朝食、参加者とデコ先生とスタッフみんなでシェア、通常食の玄米おにぎりをお昼にもらって終了。
本当にみんながいて、スタッフが支えてくれたから、身体のデトックスだけでなく、精神のデトックスや気付き、学びがあったと実感しています。素晴らしい新年のスタートになりました。参加者のみんな、デコ先生を始めとするブラウンズフィールドのみなさん、本当にありがとう。そしてそれぞれの宣言を現実にして報告しあえる日を楽しみにしています。

デトックス六日目

デトックス六日目
デトックス六日目
デトックス六日目
あけましておめでとうございます。
デトックスが昨日で完了し、昨晩から今日、明日にかけて回復食です。
今日のメニューは、初日の出を拝み、朝食、初詣、回復食クッキング、昼食、RC、回復食クッキング、夕食。
朝食は蒸し野菜と林檎の葛スープ。
昼食は蒸し野菜と甘い野菜のスープ。
夕食は玄米クリーム。
おなかがびっくりしないよう百回とか二百回噛むのがいいらしいけど、そんなに噛んではいられない。でもみんながよくかんでゆっくり食べるので、つられてゆっくり食べる。するとこんな少量でもおなかがいっぱいに。今まで食べてなかったから、ということもあるけど驚きです。それから昼食を摂ったら身体が重く感じられた。一日二食で十分かと思ったけど、RCがすんだら空腹を感じるように。でも空腹だからと食べなくても本当は全然大丈夫なんだろうな。
さあ、明日は最終日。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march