« 柿のスイートスチーム | トップページ | マクロビオティック料理実習 »

玄米くらべ

0809170208091701 マクロビオティックを始めて、おいしい玄米が食べたいと思うようになったのですが、近所にはオーガニックの玄米って売ってない。そこでネットでいろいろ調べてみたら、どうも玄米で食べるのには、ミルキークイーンという品種がいいらしい。冷めてからもおいしいと、あちこちで書かれている。

そこで買ってみました。昨年産のミルキークイーン「じねん米」という名前のものの玄米。5kgで3800円(送料込で)くらい。(あ、これ、買ったのは2008年8月下旬、届いたのは9月なので、3か月ほど前の話なのですが、何タイプか玄米を試してみて書こうと思ったのです。)

まず、このミルキークイーンが届いてびっくりしたのが、梱包を開けているときにすでに甘い玄米のにおいがしてくるんです。お米を研ごうと米びつを開ける度にまた甘いにおい、浸水してても甘いにおい、炊いているときにも甘ーいにおい。もちろん、炊きあがっても甘いにおいwink たまらないですheart02

冷めてもおいしいっていうのも本当でした。もちろん、温めなおしたほうがおいしくて、暖めなおすと炊きあがりと同じかそれ以上にまたおいしいんです。すごーい。お米の甘さがすごく強調されている品種なのかなあ。

081002081001

そして、次に買ったのが、新米のコシヒカリの玄米。でも今回はちょっとケチって5kgで3000円(送料込みで)未満のものにしちゃいました。

こちらはにおいについては特筆すべきことがありませんでした。

冷めたら、ミルキークイーンにくらべ、おいしくないです。蒸す方法で温めなおしたら、炊きあがりと同様においしかったです。なので、ランチ用におにぎりにして持って行っても、ミルキークイーンのほうがおいしくいただけました。

これは、品種の違いではなく、購入価格に約1000円の差があったという点から、ランクが違うのかも、と推測。価格と味がちゃんとバランスがとれているってことなのかなあ。

081031vs_2 そして左のお米の写真、上がミルキークイーンで、下がコシヒカリ。こうやって比べてみると、見た目の違いもわかるけど、素人には区別つかないですね。

よく、甘いスイカの見分け方とか、新鮮な魚の見分け方とかありますが、玄米ってあるんだろうか。まあ、見分け方があったとしても、今やお米やさんに行って、お米粒を見比べながら買い物するわけではないので、役に立たない知識かもしれませんね。

今回のミルキークイーンもコシヒカリも楽天で購入。ネットで買うときって掲載サイトの情報からしか判断できないから、一種賭けみたいなものかも。

081102_2081104

3つ目の玄米は、ブラウンズフィールズの収穫祭で出店していた千葉県の猪野尾さんのお米。とても持って帰れなので、3合だけいただきました。新米。500円だったかな。5kgを3200円(送料別)で分けてくれると仰っていました。

お米と一緒にきれいな唐辛子もつけてくれました。

これがおいしかったー。品種が何だったか忘れちゃったんだけど、ミルキークイーンではなかったです、確か、やはりコシヒカリとかだったような。

冷めてもおいしいですが、ミルキークイーンのような強い甘さはではないです。でも美味しかった。

ということで、ここまでの感想は、甘い味がお好みであればミルキークイーン。冷めて食べるriceball機会も多ければ、これもミルキークイーンがおすすめ!

あまり甘いのがお好きでない場合は、コシヒカリでもよいと思いますが、冷めたら蒸し直すのがベター。

ほかの品種はどうなんだろうなあ。いろいろ違いがあるのかな。それから、価格もやはりひとつの目安だと思いました。

« 柿のスイートスチーム | トップページ | マクロビオティック料理実習 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519528/26115026

この記事へのトラックバック一覧です: 玄米くらべ:

« 柿のスイートスチーム | トップページ | マクロビオティック料理実習 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march