« あらめの煮物 | トップページ | ブラウンズフィールド 自然農園「ダグとワラ」 »

ブラウンズフィールド収穫祭

今日は中島デコさんのブラウンズフィールドの収穫祭に行って来ました。千葉県の長者村駅から、ブラウンズフィールドブログの情報に従って、駅の近くの自転車やさんでレンタサイクルし、車に邪魔にされながら20~25分。結構遠かったー。気合が入らないとそう簡単にはいけないですね。

ちなみにわたしたちは、都内からJRの企画切符ホリデーパス(当日区間内乗り放題)2300円を買ったものの、茂原までしかカバーしてないので、さらに320円/片道、レンタサイクル500円。レンタサイクルのおじさんはとてもいい人で、自転車を返しに戻ったら、コーヒーをご馳走してくれました。おじさん、アリガト o(_ _)oペコッ

ここ↓がブラウンズフィールドの入り口。小道を入っていくと、駐車場があって、その先に人がたくさん集まっているのが見えました。

ブラウンズフィールド収穫祭

受付で、入場料1000円を払って、受け取ったのは入場チケット↓。毛糸にあひるのクッキーと番号の書いたチケットカードがついていました。手作り感いっぱいで、かわいい。
ブラウンズフィールド収穫祭

芝生がきれいなメインの広場(ふだんはお庭なんでしょうね)で、ステージのほうでは中島デコさんほかブラウンズフィールドのみなさんがベリーダンスをしているところ↓。

来ている人達は、みんなどこかしらヒッピーぽい感じ。一緒独特な世界。
ブラウンズフィールド収穫祭

収穫祭では、広場のステージで分刻みのダンスや歌、音楽などが入れ替わりでとってもにぎやか。周囲は、ブラウンズフィールドをはじめとする数々出店。ごはんもの、スイーツもの、ドリンク、ベジラーメン、野菜、お米、服飾、雑貨、マヤ占い、レイキヒーリングなどなど。どれもこれもおいしそうだし、聞いてみると、名古屋から夜行バスで来たというツワモノ出店者もいて、びっくり。

ブラウンズフィールドの出店で食べたものたち。ベジカレー500円↓。かぼちゃとにんじんがごろんごろん。玄米ごはんはかため。カレーのしるっぽさと混じってちょうどいい感じ。
ブラウンズフィールド収穫祭

玄米もち100円↓。ごはんを臼でつき、お餅にしていくデモンストレーション付き。雑穀も少し入っているようで、見た目はつぶつぶありのグレーのどろんとした感じ。それを手でちぎって、注文に応じて、しょうゆかきなこかあずきをつけてくれる。いやあ、できたての素材のそのままの味がおいしかったです。
ブラウンズフィールド収穫祭

おもちカウンター。手前のまあるいのが臼。
ブラウンズフィールド収穫祭

釜焼きピッツア500円。注文を受けてから、その場で生地をのばし、トマトペースと野菜を載せ、釜に入れて焼いてくれるので、めちゃうまい!生地はちょっともちっとした感じの薄い生地で、手作りのトマトソースがこれまたフレッシュ。
ブラウンズフィールド収穫祭

これ↓がピザを焼いていた釜。これも手作りっぽい。かわいい模様が書かれていて、作るのも楽しかっただろうなあと思われます。すごいなー。
ブラウンズフィールド収穫祭

ブラウンズフィールドのオリジナルの甘酒マフィン320円↓。いやあ実に見た目がかわいいですね。見るからに食欲を刺激します。ふわっというタイプではなく、がちっと身がしまった感じのマフィン。普通のマフィンを想像していたわたしは、かなり噛み噛み必要でした。

ここまで、ブランズフィールドの出店のもの。他の出店のものは、また追って。

« あらめの煮物 | トップページ | ブラウンズフィールド 自然農園「ダグとワラ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519528/25600513

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウンズフィールド収穫祭:

« あらめの煮物 | トップページ | ブラウンズフィールド 自然農園「ダグとワラ」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march