« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

チャヤマクロビ新宿

新宿伊勢丹の7階イートパラダイスにあるマクロビオティックレストラン「チャヤマクロビ新宿店」でマクロビ料理クラスメートとランチ。
2600円のチャヤマクロビランチに、300円のカップスープをつけました。

前菜は、雑穀コロッケ豆腐のタルタルソース↓を選びました。コロッケにかけてある豆腐のタルタルソースは自宅で作るのとは当然だけど、全然ちがう。おいしかったなー。手を抜かないのよね、プロは。

チャヤマクロビ新宿

オプションに付けたスープ↓
チャヤマクロビ新宿

メインは、全粒クスクスのブロッコリーとカリフラワーのブラウンシチュー↓を選びました。
チャヤマクロビ新宿

玄米ごはんをチョイス↓
チャヤマクロビ新宿

デザートは、モンブランと穀物コーヒー↓にしました。
チャヤマクロビ新宿

どれもホントにおいしかったあ!!

蒸篭で蒸す

蒸篭で蒸す
蒸篭で蒸す
マクロビオティックは温めるのは、電子レンジを使わずに蒸しなさいと言う。が、うちには蒸し器がない。蒸すなんてやったことがないのだ。
フィスラーの圧力鍋には二段にして使えるものが付いてきたが、ちょっと温めるという度に圧力鍋を使うのは億劫。
蒸し器を買うよりもいっそセイロにしたら?とマクロビ友人に言われ、なるほど!それは料理が楽しく思えるかも!と。
調べたら、蒸すということは常に煮沸消毒しているようなものだから、洗剤でゴシゴシ洗う必要はなく、キチッと乾燥させればよいとのこと。常に乾燥気味のうちにはピッタリ!と、玄米とか野菜とかを1〜2人分蒸せればいいかな、と18cmをとりあえず一段購入。もっと欲しくなったら重ね段を追加購入すればいい。
写真は白菜と菜っぱ(小松菜とほうれん草)蒸し梅酢添え。蒸すって素材そのままを味わうことになるので、おいしい野菜じゃないと蒸してもおいしくないのかも。この野菜はスーパーものだったからか、味はいまいち。梅酢だけでは物足りなくて、胡麻ペーストをのばしたものも付けて頂きました。あと、蒸すとかさが減るので、もっとたくさん蒸してもよかったかな。

餃子とたくさん野菜のお味噌汁

餃子とたくさん野菜のお味噌汁
今朝は寒かったので、解凍してあった餃子を焼かずに水餃子にしようかと思ったのですが、水餃子のスープの作り方がわからなかったので、餃子入りお味噌汁にしました。白菜や小松菜、玉ねぎ、えのきも入れて、具だくさんの一品になりました。

ブラウンズフィールド ライステラスカフェ

ライステラスカフェ自体は営業してなかったけど出入り自由になっているという開放さ。

カフェの家屋も古民家なのか、とっても雰囲気あります。
カウンター側↓

ブラウンズフィールド ライステラスカフェ

客席側↓
ブラウンズフィールド ライステラスカフェ

入口入ってすぐ右手↓ どの席も居心地よさそう。
ブラウンズフィールド ライステラスカフェ

広場から建物外観↓
ブラウンズフィールド ライステラスカフェ

ライステラスカフェ、食べに来てみたいけど、とっても遠い~。

※これでブラウンズフィールドの収穫祭レポートはおしまいhappy01

ブラウンズフィールド収穫祭

ブラウンズフィールド収穫祭での風景。

広場を囲むように出店者が。広場は入口のほうにステージがあり、奥にはファイヤープレースが。芝生がきれいで、ピクニックシートを広げている人たちもいれば、ごろっと寝込んでいるひとも。

ブラウンズフィールド収穫祭

畑。ニワトリ。
ブラウンズフィールド収穫祭

モンゴル風テント。こんなのがお庭にあるなって素敵!毎日ここで寝たいって、わくわくしちゃうよね、とくに夏なんかは。
ブラウンズフィールド収穫祭

ハンモックがファイヤープレイスのまわりにはたくさん。この写真↓は、ファイヤープレースを背にして、広場のほうを撮ったもの。
ブラウンズフィールド収穫祭

ファイヤープレース。この後、火が入ってました。
ブラウンズフィールド収穫祭

ホントに気持ちいい空間ですね、ブラウンズフィールドって。

ブラウンズフィールド収穫祭 クレープとクッキー

雑貨屋さんという出店者さん(natural sweets つむぎ)で、クレープを焼いていた。自分でクレープがうまく焼けなかったので、勉強のためにひとついただく(500円)。自家製豆腐チーズとトマトソースを巻いたイタリアン風のもの↓。

クレープを焼くところ。フライパンなのにちゃんとクレープになるってことは、自宅でもできるはず。観察させていただくと、まず生地はけっこうゆるいみたい。それから、わりと早く裏返してしまうようだ。

これが巻いていた豆腐チーズ↓。こうやって大量に作っておけば、いろいろな用途に使えそう。

果実酒も販売。たしか写真↓の左から、いちご、杏、ブルーベリーだったような。どれも250円。豆乳ラテが450円だったから、お酒安いよねえ。飲まなきゃ損ソンって感じじゃない?

ほかの出店で気になるスイーツが・・・。これ↓、クッキーサンド。サンドされているのは、さつまいもらしい。食べてみる。250円。うん、素材の味だけの甘さという話だが、ぜんぜん ちょうどいい甘さ。

お名前を聞くのを忘れてしまったけど、スイーツ屋さんを普段されているわけではなく、今回は出店のために作ってきたとか。芋クリームサンドクッキーのほか、マフィンなどもあっておいしそうだった。

ブラウンズフィールド 収穫祭

ほかの出店者さんですが、、、

鴨川から来ているLokahiさんは、サモサを出店、その場で揚げてくれて、おいしかったー。友人が買ったのを一口いただいたので、写真を撮るのを忘れてしまいました。Lokahiさんのサイトに、写真がアップされてました。Lokahiさんはブラウンズフィールドに1年いらしたそうで、そんなお話を伺ったりして、肩の力を抜いて、自然の流れのままに楽しく暮らすっていう風を感じました。

名古屋から、夜行バスで来られていたのは「オーガニックごはんやさん 花小路」さん。お二人でお店を夕方に閉めて、作って、夜行バスに乗ってきたそう。で、収穫祭の後にはまた夜行バスで帰り、翌日お店を通常通り開けるのだそう。すごーいPOWERw(゚o゚)w!

そうそう、販売されてたのは天然酵母パンと根菜スープのセット500円、それからケーキやタルト数種。おなかの事情が許せば、根菜スープセット、いただきたかったなあ。とってもおいしそうだった。スイーツもうまかった!ってこれも、友人のを一口いただいたのだけど、マクロビスイーツにありがちなパサパサじゃなくて、しっとり!!なの!!

名古屋に行ったら、ぜひ立ち寄らせていただきたいですね。

ブラウンズフィールド 自然農園「ダグとワラ」

ブラウンズフィールドに出店していた自然農園「ダグとワラ」。おじさんの笑顔が魅力的でしょ。

ブラウンズフィールド 自然農園「ダグとワラ」

無農薬のサツマイモを、今食べ頃(傷があるのであまり長持ちしない)、今月末食べ頃(傷ナシで泥つき)、来月中旬食べ頃(傷ナシで泥つきで蔓つきなので、長持ちする)と食べ頃違いを持って来られていた。

今食べ頃を1キロ買いました。200円という安さ!
ふかしてみたら↓、みっちり濃厚な味!バクバク食べちゃいました。ブラウンズフィールド 自然農園「ダグとワラ」

おじさんに、さつまいもは新聞紙にくるんで段ボールとかに入れて、冷蔵庫の横の暖かい場所に保管しておくのがいいと教わる。野菜はなんでも冷蔵庫の野菜室に入れればいいと思っていたので、衝撃! 帰ってから、ちゃんと教わった保管方法にしました。こうやって、生産されているかたに直に教えてもらえてラッキーでした。

夏みかんが無料だったので、ひとつもらいました。これってふつうに皮剥いて食べればいいのかなあ。
ブラウンズフィールド 自然農園「ダグとワラ」

ブラウンズフィールド収穫祭

今日は中島デコさんのブラウンズフィールドの収穫祭に行って来ました。千葉県の長者村駅から、ブラウンズフィールドブログの情報に従って、駅の近くの自転車やさんでレンタサイクルし、車に邪魔にされながら20~25分。結構遠かったー。気合が入らないとそう簡単にはいけないですね。

ちなみにわたしたちは、都内からJRの企画切符ホリデーパス(当日区間内乗り放題)2300円を買ったものの、茂原までしかカバーしてないので、さらに320円/片道、レンタサイクル500円。レンタサイクルのおじさんはとてもいい人で、自転車を返しに戻ったら、コーヒーをご馳走してくれました。おじさん、アリガト o(_ _)oペコッ

ここ↓がブラウンズフィールドの入り口。小道を入っていくと、駐車場があって、その先に人がたくさん集まっているのが見えました。

ブラウンズフィールド収穫祭

受付で、入場料1000円を払って、受け取ったのは入場チケット↓。毛糸にあひるのクッキーと番号の書いたチケットカードがついていました。手作り感いっぱいで、かわいい。
ブラウンズフィールド収穫祭

芝生がきれいなメインの広場(ふだんはお庭なんでしょうね)で、ステージのほうでは中島デコさんほかブラウンズフィールドのみなさんがベリーダンスをしているところ↓。

来ている人達は、みんなどこかしらヒッピーぽい感じ。一緒独特な世界。
ブラウンズフィールド収穫祭

収穫祭では、広場のステージで分刻みのダンスや歌、音楽などが入れ替わりでとってもにぎやか。周囲は、ブラウンズフィールドをはじめとする数々出店。ごはんもの、スイーツもの、ドリンク、ベジラーメン、野菜、お米、服飾、雑貨、マヤ占い、レイキヒーリングなどなど。どれもこれもおいしそうだし、聞いてみると、名古屋から夜行バスで来たというツワモノ出店者もいて、びっくり。

ブラウンズフィールドの出店で食べたものたち。ベジカレー500円↓。かぼちゃとにんじんがごろんごろん。玄米ごはんはかため。カレーのしるっぽさと混じってちょうどいい感じ。
ブラウンズフィールド収穫祭

玄米もち100円↓。ごはんを臼でつき、お餅にしていくデモンストレーション付き。雑穀も少し入っているようで、見た目はつぶつぶありのグレーのどろんとした感じ。それを手でちぎって、注文に応じて、しょうゆかきなこかあずきをつけてくれる。いやあ、できたての素材のそのままの味がおいしかったです。
ブラウンズフィールド収穫祭

おもちカウンター。手前のまあるいのが臼。
ブラウンズフィールド収穫祭

釜焼きピッツア500円。注文を受けてから、その場で生地をのばし、トマトペースと野菜を載せ、釜に入れて焼いてくれるので、めちゃうまい!生地はちょっともちっとした感じの薄い生地で、手作りのトマトソースがこれまたフレッシュ。
ブラウンズフィールド収穫祭

これ↓がピザを焼いていた釜。これも手作りっぽい。かわいい模様が書かれていて、作るのも楽しかっただろうなあと思われます。すごいなー。
ブラウンズフィールド収穫祭

ブラウンズフィールドのオリジナルの甘酒マフィン320円↓。いやあ実に見た目がかわいいですね。見るからに食欲を刺激します。ふわっというタイプではなく、がちっと身がしまった感じのマフィン。普通のマフィンを想像していたわたしは、かなり噛み噛み必要でした。

ここまで、ブランズフィールドの出店のもの。他の出店のものは、また追って。

あらめの煮物

あらめの煮物
最近海藻類が少ない気がして、今日はあらめにしました。
クラスで習ったのは、あらめと玉ねぎと人参というベーシックなものですが、テキストに他の野菜や高野豆腐を入れてもいいとあったので、ちょうどボリュームをつけたかったこともあり、入れられそうなものを見繕って、あらめ、玉ねぎ、人参、えのき、椎茸、こんにゃく、全粒車フ。
狙い通りボリュームがでて、いつものより食べ応えが出た感じ。
反省点は、こんにゃく。糸こんにゃくにすればなじみがよかったな。油揚げは間違いなくあう、今度試してみよ。

犬吠埼でお寿司

エネルギーチャージに東へ日帰り旅行。知らない土地に、ざっくりと下調べしただけで出かけたのですが、かなりおもしろかった。

銚子駅から銚子電鉄に乗り換え↓。銚電は2両くらいしかなくて、車掌さんが切符を車内で販売するというすっごい懐かしい鉄道だけど、ファンがいるみたい。

犬吠埼でお寿司

銚子電鉄の犬吠駅の外観。パームツリーとかカフェ(平日は営業していないみたい)があって、おしゃれなリゾートっぽい雰囲気。
犬吠埼でお寿司

エネルギーチャージ旅行なので、まずはお参りということで満願寺へ↓。よくわからないけど、お遍路さんが来るお寺みたい。奥の本堂にらせん階段があるのだが、下っていても仏像、上って行っても仏像がある。とくに上の仏像さんは、遠く犬吠埼を見据えているとても景色のよい毎日を送っている。ぜひ、満願寺へ来たら、上がってその景色をおすそ分けしてもらって。
犬吠埼でお寿司

満願寺から、名物のぬれせんべい屋さんが見えたので、お土産を買って、駅すぐの魚屋さんがやっている回転寿司で地元で捕れた近海のお魚のお寿司をいただく↓。マクロビア

ン的にはお寿司はNGなんだと思うけど、エネルギーチャージ旅行では土地のものをいただくのがよいのだから、おいしくいただこう!

犬吠埼でお寿司

犬吠埼でお寿司
犬吠埼でお寿司
犬吠埼でお寿司

地球がまあるく見える展望台(大人入場料300円)はいったいどんなふうに地球をみせてくれるのかなあと丘を上がっていく。徒歩にはけっこう坂がきつい。屋外展望台はすばらしい見晴らし。たしかに360度の絶景!

エネルギーチャージ旅行の最後は、海方面へ犬吠埼の灯台を目指し、犬吠埼京成ホテルの温泉に入ること。ホテルに着いたときは、ちょうど日の入りになってしまった↓けど、暮れゆく海岸線はとてもきれい。
犬吠埼でお寿司

犬吠埼での源泉は、ここの京成ホテルと観光ホテルの2か所らしい。京成ホテルの温泉は、露天風呂、露天ジャグジー風呂、内風呂、サウナが主なもの。夜は真っ暗で海が見えないので、昼間の入浴のほうがおすすめ。温泉は透明で、さらっとしていて、ふつうのお風呂との違いは感じられない。

タオル付き日帰り入浴は1200円(ホームページで300円割引券が入手できる)。手ぶらで温泉に入れて便利。

帰りは、犬吠埼京成ホテルの入り口がバス停になっている京成バスで東京駅まで(2500円)。これも便利でした。

五穀せんべい

五穀せんべい
表参道の「クレヨンハウス」のショップで買いました。300円。
よく言えば、素材だけの素朴な味。わたしには物足りないなあー、残念ながらリピートはしないですね。

がんもと野菜のすき焼き風

がんもと野菜のすき焼き風
富山県の物産館で、おいしそうなお豆腐と手づくりがんもを発見。がんもはカットしてみると、おやきのように具が入っていたので、野菜と一緒にすき焼き風にしてみました。
がんもがメインってのもイケました。お豆腐はずっしりと密な重さのとおり、噛みごたえがありました。
野菜、キノコ、こんにゃくなど、あれこれ入れて、お肉はないけど満足な一品になりました。おいしい(^〜^)!

テンペサンドイッチ

友人がマクロビオティック料理が、とくにテンペサンドイッチが食べたいというので、実習で作ったメニューをほぼ一式再現。

まずはテンペサンドイッチ↓。写真の色が悪くて残念、もっと美味しそうなんです。テンペの味付けは照り焼き風で、かなりうまくいきました。でもテンペは最初に半分の厚さにしておいたらよかったかな。そうすれば調理時間も短く、食べやすかったかも。でも見た目はかなりボリュームあるように見えて見栄えいい。

テンペサンドイッチ

小豆かぼちゃ↓。素材の味を生かして、塩少々だけ。
テンペサンドイッチ

青菜とわかめのおひたし↓。青菜は、小松菜と春菊を使いました。さっぱりとした上品な味になりました♪
テンペサンドイッチ

きんぴらごぼう↓。ごぼうと人参だけのシンプルなもの。味付けはしょうゆだけなので、とっても優しい味で、ばくばくいけちゃう。

このほか、もちきびと野菜のスープと、デザート(リンゴのクランチ)を作ったのですが、撮り忘れてしまった。残念。

マクロビアンでない友人には、味が物足りないかなあと心配したけど、喜んで食べてくれたのでよかった。お世辞でも美味しいって言ってもらえてホッとしました。

でもこのために、一日がかり。食材の調達から考えると非常に手間がかかった。一人でこれだけちゃんと作るって大変なのね。まだまだ全然慣れてなくて、いちいちレシピ見ながらだし。要領よくササッと作れるようになるには、ひたすら作っていくしかないよね。がんばろー。

表参道ブラウンライスカフェ

会社の先輩とちょっと足をのばして、表参道の「ブラウンライスカフェ」へランチに。12時オープンするとすぐに満席に。みんな目指して来てるって感じのお客様ばかり。

頼んだのは、「旬の野菜の豆カレー」1050円↓。お味はふつう。中辛らしいけど、全然辛くないです。ごはんは玄米なんだけど、あまりカレーに合ってない感じがして、まだ改善の余地ありかな、と思いました。付け合わせのサラダのドレッシングもわたしには濃かった。

表参道ブラウンライスカフェ

軽いランチにしたかったので、カレーにしちゃったんだけど、ブラウンライスカフェ人気の日替わり膳(旬のめぐみ膳)1680円か、季節の野菜せいろ蒸し膳にすればよかったかなー。でもせいろをちょうど買ったところなので、せいろ蒸しは自分でやる!って思ってしまった。ここでオーダーすれば15種類の季節野菜を食べれたんだなあ、と後からちょっと後悔。まあまた次のチャレンジにしよ。

となりにあるテイクアウト店「おもて」で、酢豚の「玄米いなり」300円↓をテイクアウト。ショップの人に「肉団子に見立てたレンコンボールがお目当ての方も多いんですよ」と言われ、買ってしまった。いなりをこういう形に使うのが新鮮。たしかにレンコンボール、おいしかった。いっしょに売っていた白みその玄米いなりもまたまた次回の挑戦にしよ。
表参道ブラウンライスカフェ

マクロビオティック料理実習第五回

Basic II の実習。

これ↓が今日のすべて。

マクロビオティック料理実習第五回

クルトン入り赤レンズ豆のスープ↓

かなり具だくさんなスープでボリュームがあるけど、味付けはさっぱりなので全然重くない。
マクロビオティック料理実習第五回

全粒パスタ人参セイタンソース↓ お肉の代わりにセイタン。ビーツでこんなあざやかな色になるんですねー。味は見た目のどぎつい色の味ではなく、おいしかった。全粒パスタは普通のパスタに比べ、かなりコシが強いのでかみごたえがあります。

マクロビオティック料理実習第五回

豆腐シーザードレッシングのサラダ↓。
マクロビオティック料理実習第五回

オートミールクッキー↓。おいしー!

簡単で失敗がなさそう。オートミールがかなりかみごたえあって、食べた感あります。
マクロビオティック料理実習第五回

漢方ミュージアム その2

漢方ミュージアム その2
漢方ミュージアム その2
漢方ミュージアム その2
漢方ミュージアム その2
レストラン「10ZEN」のカウンターで食事していたら、少し前に受講した養生気功の体験セミナーの劉先生と偶然隣り合わせに!
劉先生はお若いのに知識も経験も豊富で、情熱もあって、スケール大きくお考えなのが体験クラスの短い時間でも伝わってきました。そしてとってもかわいくて、写メ魔。何でもカシャカシャ撮られてました。
なので、わたしも劉先生と先生がお召し上がりになられていたサムゲタンをカシャ!

それから、この日、お客様にご結婚された方がいらしたらしく、レストランではお祝いのデザートを作っていました。イチゴを使った飾りがかわいらしかったので撮らせてもらいました。ご夫婦とお祝いをしているお友達がみんなイチゴで表現され、新郎新婦はまあるい飴細工から出て来るように仕上げられたようです。

漢方ミュージアムの美肌鍋

品川にある漢方ミュージアムのレストラン「10ZEN」で、マクロビアンのお友達と美肌鍋をいただきました。

これ↓は漢方茶。「軽々茶」というもの。ドリンクメニューには、症状からおすすめの漢方のお酒やお茶を選べるチャートもあって、そのなかから元気になりたい!と思って選んだお茶。650円。

漢方ミュージアムの美肌鍋

美肌鍋のメイン↓は、マクロビアンのわたしたちはお肉ではなくお魚にしました(2人分)。つくねはついているけど、ちょっとだけだから良しとして。盛りがきれいで、運ばれてきたときにわあーって言っちゃうのって、目でいただくおいしさですね。

漢方ミュージアムの美肌鍋

↓お野菜(2人分)。普段みたこともない種類の野菜もあります。オレンジ色なので大きな人参かとおもったら、中国のお芋。ほくほくしておいしかった。冬瓜やきくらげは普段お鍋にいれないけど、いけます!いけます!

漢方ミュージアムの美肌鍋

↓美肌鍋。右の辛いスープは最初は「辛っ!」って思ったのですが、だんだん病みつきに。それぞれスープの中には最初から、豆腐やネギ、杜仲茶、なつめぐ、蓮の実、などなど漢方生薬が入っていていかにも体によさそう。

漢方ミュージアムの美肌鍋

野菜やお魚を食べたあとは、ごはんを持ってきていただいて、両方のスープをまぜたおじやにしていただいて終わり。とっても体が温まりおなかいっぱいになったのですが、身体は軽く、気持ちも上々♪で帰りました。

代官山メルロパノニカ その3

またまた続き。これで最後。デザート。

わたしチョイスの豆腐といちぢくのタルト。豆腐って感じはせず、でも軽い感じでもう一切れほしいーというくらいのお上品さ。

友人チョイスの雑穀カスタードのアーモンドミルフィーユ。雑穀がカスタードクリームになるなんて!ホント驚きです。

友人チョイスの豆乳アイスクリーム三種。アラモードっぽい盛り付けで、フルーツが宝石みたい。アイスクリームはさっぱりしていて、ぺろっといけます。

どれもとにかくキレイ!それに卵や牛乳を使ったスイーツに全く劣りませんね。というか、クオリティでいえばそれ以上。Mチャヤ赤坂のスイーツもよかったけど、ここもよいです♪

ドリンクは撮りませんでしたが、穀物コーヒーをいただきました。

とてもオシャレな立地にお洒落なお店でデートにもマル!なレストランでした。近所だったら頻繁に来たいです。デザートテイクアウトがあるともっと来ちゃいそう。

代官山メルロパノニカ その2

続き。

これ↓は、友人チョイスのなんとかの香草焼き(忘れてしまった(ノ_-。))。フランス料理っぽくてきれいで、かつマクロビであることを忘れてしまう一品。

代官山メルロパノニカ その2

これ↓は、わたしチョイス、「大豆のナゲットとレンズ豆の土鍋焼き」。これもお野菜が彩りよく盛られ、キレイ! 大豆ナゲットは初めての体験だったのですが、大豆っぽくなく、かなり歯ごたえがあるもちもちっとした感触。レンズ豆がソースのようにたっぷりとあり、かなりボリュームを出してくれていました。
代官山メルロパノニカ その2

これ↓は、友人チョイスの「季節野菜と玄米のリゾット」。やはりチーズを使ってないので、軽い感じですね。とてもこれも盛り付けがかわいい。
代官山メルロパノニカ その2

これ↓は、わたしチョイスの「きのことブラックオリーブのペンネ」。ペンネは全粒粉ではないとのことで、オリーブやにんにくたっぷりで、ちょっと塩味も濃く、きびしいマクロビアンには受付けられないかもしれない。わたしでさえ、ちょっと味濃いなあと思ったくらい。でもやはりにんにくって美味しい。
代官山メルロパノニカ その2

これ↓は、温かいプレート「豆乳グラタン」。ゆりね、ぎんなん、エリンギなどの旬の素材がバジルソースで幸せな気分にさせてくれます。
代官山メルロパノニカ その2

デザートへ続く。

代官山メルロパノニカ その1

マクロビオティック料理クラスメートから聞いた評判のマクロビオティックレストラン「メルロ・パノニカ」に行きました。ホームページがないけど、多くのマクロビアンに指示されているレストラン。ちょっと駅からは歩くけど、おしゃれな建物をきょろきょろ見ながら到着。

わたしたちはみんな野菜のコース4300円とオーガニック赤ワイン(グラス800円)をオーダー。コースは、パスタとメインとデザートは好きなものをチョイスするスタイル。なので違うメニューを頼んだ友人のお皿も撮らせてもらいました。

冷たい前菜。広いスクエアの大きなお皿に4つの前菜が盛られている。色あざやかな4点盛りがとても食欲をそそる。

これ↓は、インゲンのピーナッツクリーム和え。

代官山メルロパノニカ その1

↓レンコンとドライトマト。バルサミコソース。
代官山メルロパノニカ その1

↓水菜とルッコラ、ひじきのゆず風味
代官山メルロパノニカ その1

↓人参とクランベリーのクミン和え。
代官山メルロパノニカ その1

これ↓が、最初の一皿。(アップと順番がめちゃめちゃでごめんなさい。)カボチャのテリーヌ。上の部分はさつまいもで飾られていて、黄色いテリーヌにラディッシュの赤がとにかく愛らしい。
代官山メルロパノニカ その1

↓パンと、塩入りオリーブオイル。
代官山メルロパノニカ その1

↓メニューボード。ボードを見ながら、今日のコースメニューの説明が聞ける。決めるのに迷う迷う!
代官山メルロパノニカ その1

わたしたちはお店の奥のテーブル席でした。テーブル席はひとつしかなく、あとはカウンター。↓奥のテーブル席からカウンター、出入り口へ向かっての雰囲気。とってもおしゃれで、デートにもよさそう。 外から見たお店の様子もとてもおしゃれでしたよ!
代官山メルロパノニカ その1

続く。

全粒粉パン 赤坂ドミニク・サブロン

全粒粉パン 赤坂ドミニク・サブロン

マクロビクラスの友人に全粒粉のパンが赤坂サカスにある「ル・ブーランジュ・ドミニク・サブロン」にあるよ!と教わって、行ってきました。なかなか全粒粉のパンってないんですよね。パン好きマクロビアンにとっては貴重なお店lovely

3点購入したのですが、写真の右側の2点が全粒粉。右上のが「エポトール(1/2)」420円、右下のが「プティコンプレ」136円。

エポトールは酸味のあるパンで、食事パンとしてシチューなんかと一緒に食べたい感じ。一方、プティコンプレは甘みがあってこのパンだけでばくばくいけちゃう。わたしはプティコンプレのほうが好きだけど、これの大きいサイズは800円を超えるお値段で、思わず退いてしまいました。

ま、パリでも5本の指に入るというほどのパン屋さんなら、トーゼンかっgawk

ちなみに、写真の左の縦長のパンは全粒粉ではないです。「フィセルチャパタ・オ・オリーヴ」294円。チャパタが好きなので、食べたいって思った衝動のまま買ってしまいました。

これからますます乾燥の季節なので、粉ものは控え気味にして、いいものだけを少しづつ・・・weep。何しろ一歩お店に入ろうものなら、食べたい気持ちだけで衝動買いしてしまいそうだもんね、日ごろから自分で自分を戒めておかなくちゃbread

カボチャの蒸しケーキ

カボチャの蒸しケーキ
これもパトリシオ先生のお菓子レシピ本から。
ちゃんとした蒸し器がないので、圧力鍋でやってみました。きちんと蓋を閉めずに、のっけている感じで。

出来上がりは、最後の膨らみがイマイチでふんわりと仕上がらなかった。原因は水が足りなかったためのよう。お鍋に水が一滴も残ってなくて、開けてみてびっくり。そういえば最後のほうでは音がしないなあ、出来上がったからなのかなあと思っていたのだが、水がなくなったせいだったのだ!ああ、危ないっ\(;゚∇゚)/

味は甜菜糖の量を半分にしたので甘さ控えめでグーでした。

今度はちゃんと蒸すようにしてやってみよう。って蒸し方がいまいちわからない~despair

クレープ

クレープ
パトリシオ先生のお菓子レシピ本「卵も牛乳も白砂糖も使わない パトリシオのハッピー・マクロビオティック・スイーツ」に載っているクレープシュゼットを作るつもりだったのですが、自宅に新鮮なフルーツがなかったのでクレープだけ作ってみることに。

クレープって想像以上にむずかしいのね!クレープ屋さんみたいな薄い柔らかなクレープにならない~(>_<) お洒落に、おうちカフェcafe、なーんて思ったのですが、まだまだですな。

マクロビオティックBasicII 料理実習第4回

マクロビオティック料理実習第4回
マクロビオティック料理実習第4回
マクロビオティック料理実習第4回
マクロビオティック料理実習第4回
マクロビオティック料理実習第4回
マクロビオティック料理実習第4回
今日の実習メニューは、

・玄米巻き寿司(具材:大葉、人参、たくあん、わけぎ、ごま)
・切り干し大根の煮物(人参、油揚げ、こんにゃく、大根葉)
・マクロ鍋(旬野菜:カボチャ、もやし、えのき、しめじ、ねぎ、春菊、全粒うどん)
・栗入り黒豆(甘栗と黒豆)
・ウォーターソテー(玉ねぎ、ブロッコリー、白菜、もやし)

巻きずしには、のり一枚に対してごはんの量はだいたい1カップが適当なんて実習ならではのアドバイスも聞けて、みんなで楽しく巻き巻きhappy01

マクロ鍋は全粒うどんがとてもコシがあったので、かぼちゃも入っていることもあって、ほうとうのような感じでした。油ものがないので、あっさりとたくさん野菜が食べれます。

ウォーターソテーは、自宅で作ったときはいまいち~wobblyと思っていたのですが、なんと野菜の甘さが感じられておいしいではないの!うーん、この違いは何かなあ。MAYUMIさんのレシピでは合わせる材料が2種類しかなかったし、使った野菜がすべてオーガニックではなかったからかなあ。こんな美味しいなら、ひんぱんに作りたくなりますねwink

PURE CAFE

PURE CAFE
PURE CAFE
表参道のAVEDAの一階にある自然派ヘジタリアンカフェ「PURE CAFE」。

ランチしたかったのですが、3時を過ぎてしまったのでランチメニューでない、「グレインプレート」1260円を頼んだ。ミニスーブとこはんとドリンクの3点。品数が少ないうえにどれも量は少なく、オーガニックとはいえ、これでこの値段?!と思ってしまった。こんなわたしは大食いか?
スーブはカボチャ。ごはんは玉ねぎ、いんげん、ごぼう、レッドビーンズ、白豆、ゆりのね、蓮根が入っていて、トッビングに葉っぱとオシムギ。入ってたもので、わからないものがふたつあった。ひとつ入っ野菜類、もうひとつは穀物かもしれなくて米粒サイズの黄色いものだった。味は基本ケチャップライスで、ちょっとハーブが入っててメキシカン風味でした。このプレートは満足度低い。次回ランチに挑戦せねば。

お土産用にりんごとシナモンのマフィン(420円!これもサイズと鑑みてやっぱり高いっ!)買ったけど、足りないからお店でたべちゃいました。
あとここでなくても買えるのだけど、ちょうど欲しかったのでタニヒ(有機ごまペースト)を買いました。

玄米チャーハン

玄米チャーハン
たまにはただ玄米ごはんを食べるのではない方法がいいかな、と思い、チャーハンに。油揚げと小松菜と一緒に炒め、味付けはお醤油にした。
うちの玄米はミルキークイーンなので、チャーハンにしてもパラッとは仕上がらずちょっとネチって感じになった。お醤油だけの味付けだけど、十分おいしい。お醤油ってスゴイ!日本人でよかったあと思った瞬間でした。

玄米ラーメン胡麻味噌味

玄米ラーメン胡麻味噌味
玄米ラーメン胡麻味噌味
お茶の水にある自然食品・用品店GAIAに行ったら、オーサワジャパンの玄米ラーメン(インスタント)が店頭で売られているのを発見。

「クロビオティックにラーメン!ちょっとマクロビっぽくないけど、試してみよう!」と、ひとつ、胡麻味噌味を買ってみました。

お味はというと、うーん、わたしはペケでした。味が濃くて、旨みってものが感じられませんでした。わたしがおかしいのかなあ~。

黒豆とプルーンのことこと煮

黒豆とプルーンのことこと煮

クシ・クッキングスクールのパトリシオ先生のスイーツレシピ本「卵も牛乳も白砂糖も使わない パトリシオのハッピー・マクロビオティック・スイーツ」に載っていたもの。これなら簡単そうだから、ちゃんとできるに違いないと思い、挑戦!

ちょうど水煮の黒豆があるので、それをなべに入れて温め、プルーンとてんさい糖を加えてコトコト煮るだけだった。で、出来上がったのがこれ。うーん、パトリシオ先生の本の写真とはかなり違うような・・・。味も悪くないけど、これが正しいものなのか・・・?

これだけよりも何かのトッピングにしたほうがいいような感じ。煮詰めてちょっと濃厚な味になっているからかな。そういう点からもやっぱりちょっと違う出来上がりなのかも。

初めて作るものは、レシピとおりなのか判断のしようがない。自分だけで食べるのはぜんぜん問題ないけど、人に出すのはちょっと心配だなあ。まあ、今のところ自分がおいしければよし!としておこうっと。

フィスラーのスナッキーセット

フィスラーのスナッキーセット
買っちゃいました。圧力鍋がフィスラーだから、今回もフィスラーにしてしまいました。
お鍋はひとつしか持っていなくて、サイズが大きいので、ついつい作り過ぎてたくさん食べてしまうということにやっと気付き、1〜2人分を作るのにいいサイズを買うことにして決めたのが、このフィスラーのスナッキーセット。ミニフライパン、ミニソースパン、ミニシチュー鍋にガラス蓋がひとつ付いたもの。
デザインはシンプルで美しい!料理するのもウキウキしますね!もちろんフィスラーだから考え尽くされた構造になっていて熱効率は抜群だし。ふちは液だれしない設計で超スマート!毎日重宝躍しそうです。
あとこのミニシチュー鍋サイズのスチームプレート買おうかな。そしたら玄米ごはん蒸すのも野菜蒸すのも気軽に出来るかな。

かぶとありもの野菜の豆乳スープ

かぶとありもの野菜の豆乳スープ
かぶを豆乳スープにしたかっただけで適当に作ってみました。あっさりとしてて身体が温まります。
出し汁と水半々の比率で、まず出し汁にかぶや火の通りにくい野菜を入れ、沸騰したら葉ものや豆腐、豆乳をいれてしばらく火にかけたら出来上がり。

ブランチドベジタブルをサラダに

ブランチドベジタブルをサラダに
昨日のキャベツメニュー2品のうち、ブランチドベジタブルは素材だけの味で食べる。味に飽きてドレッシングを作ろうかとMAYUMIさんのレシピ本をチェック。すると、今のウチではささっと作れそうなものがない。そこで冷蔵庫にあったピーナッツペーストとマスタードと柚子こしょうをつけて食べたりした。(マスタードが一番いけました、次は以外にもピーナッツペースト)。使う素材がちゃんと有機野菜だったら味に物足りなさを感じないのかもしれないが、今回はニンジンだけがオーガニックだった。

そこで昨日のレフト・オーバーをアレンジすることに。
黒豆を20〜30分黒酢に浸け、ブランチドベジタブルに和えた。冷凍のスイートコーンも目についたので加えてみた。
見た目は色とりどりでとってもキレイ!だが、食べてみるとスイートコーンが余計だった。黒酢とケンカしてしまう。ま、食べれなくはないので、しっかり完食しましたあ。

自己流だけどアレンジするのっておもしろい!失敗にめげずにほどほどにチャレンジしよ。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march