« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

スリッパ殺菌マシン

スリッパ殺菌マシン
スリッパ殺菌マシン
スリッパ殺菌マシン
今日初めて行った歯医者さんには、診療室に入る手前に、スリッパマシーンがある。どうやら清潔殺菌しているのがウリの歯医者さんらしい。

マシンの使い方は、

  1. スリッパを脱いだ人はマシンの上にスリッパを載せる
  2. そこが扉のように開いてスリッパが下に入っていく
  3. マシンの中はブルーの光線がキレイ。きっとコレが殺菌の光なんだろう。
  4. スリッパを取り出すときは、マシンについている赤いボタンを押す。すると下から一足出てくるしくみだ。

ちょっと面白かった~。

エリクシールの小泉今日子

SHISEISOのエリクシールのTVCFに小泉今日子がでている。40歳過ぎても昔と変わらない若々しさ、を伝えたいと思われるCFだが、小泉今日子の顔のラインが崩れていて年齢を感じさせる。

もしかしたら、この撮影のこのCFだけがそう見えてしまうのかもしれない。もしかしたら、もしかしたら、そう見えているのはわたしだけかもしれない。

でも、年齢なんかをそうやって気にして、同窓会で同級生だった男性に囲まれて「昔とかわらないね」とちやほやされる自分を喜んでいるってちっとも魅力的でない。うすっぺらなストーリー。

キョンキョンのファンだけに、こんなCFを見ると残念だな。

さらばWBS土曜版

欠かさず見ているTV番組、WBS(ワールドビジネスサテライト)の土曜版が今日で終わった。土曜の夜はあまり視聴率がよくないのか、スポンサーが経費削減なのか。。。

いち視聴者としては、残念。土曜の夜はあまり経済ニュースがないし、特集も興味深かった。

最終回はさっぱりしたものだった。これが最終回?って感じ。まあニュース番組だからそんなものなのかなあ。

平日の夜は終わらないらしいので、引き続き情報源とさせていただきます。

タイタニック、やはりよい

日本テレビで2夜連続で放映された「タイタニック」の後編だけを見た。10年ぶりなのだが、10年前に見たときのことを懐かしく思いながら見つつ、やっぱりいい映画だなあと思った。人間らしく、誇りを持つことを教えてくれる映画だ。

ソファになる布団ケースが欲しい

シーズンオフのお布団をクッションの中身にしてしまう「コンフォーターケース」がにわかに欲しくなった。これがあれば、ソファがないわが家でもなんとなく人を呼べるかも。

Futonsofa01 調べてみるといくつかあるようだ。

センスのいい感じなのは、All About スタイルストアで紹介されているの「WORTHLY WORK PLUS/ソファになる布団ケース」まあるいの(ラウンド)と、四角いの(スクエア)がある。組み合わせるとソファになるのだとか!

うーん、買っちゃおうかなあ。

KEYUCA CAFE&SWEETS

KECUCA CAFE&SWEETS
KECUCA CAFE&SWEETS
インテリア「KEYUCA(ケユカ)」の日本橋店に併設されているカフェでお茶。ケーキが食べたくて入ったのですが、どのケーキもまず見た目が素敵。かなりアートしてます。

今日は、友人がクリームシトロン(写真上)を、わたしがチョコナッツ(写真下)をチョイス。どっちもしっかり主張する味で、食べ応えあるボリュームで、480円でした。

レジ横にあった焼き菓子、パウンドケーキはミニチュアのようなかわいらしさでした。

KEYUCAインテリアらしいシンプルでナチュラルな雰囲気のショップで、居心地もマル!

これなら朝寝坊しないかも

朝起きれないわたしにぴったりかもしれない目覚まし時計発見。

Nanda

マサチューセッツ工科大学の学生ナンダさんが自分のために考案した「ナンダクロッキー」。

アラームが鳴ると、走り回って逃げるので、必然的に止めるために寝床から出なければならない、というもの。車輪がついて、顔があるみたいに見え、愛嬌がある。8400円。買う前にどっかで見てみたい。

Friend-Ship Project 第3弾夫婦の絆

先日テレビを見ていて、おっと思ったら「Frend-ship Project」というものの第三弾だった。フレンドシップ・プロジェクトとは、友情でつながった企業が「大切な絆」を伝えるプロジェクトだそう。第一弾は友情、第二弾は家族、そして今回が第三弾の家族。

※Friend-Ship Project については、Wikipediaに詳しい。

今回の第三弾は、読売新聞とANAとプラチナ・ギルド・インターナショナルが協賛。3社はそれぞれ伝えたい商品やサービスのよさをコマーシャルに入れているのだが、それをストーリにすることで、商品やサービスの利用瞬間に感情が伴い、視聴者に共感をもって受け入れられるわけだ。

読売新聞:文字が大きくなって読みやすい+夫から妻への粋なメッセージを伝える手段

ANA:1ヶ月前の予約「旅割」でお得にチケットを購入+夫婦の忘れられない旅行の手段

PLATINUM:プラチナリング+夫から妻への愛と感謝の証

TVCFでは90秒だが、Webでは5分のロングバージョンが見れる。ロングバージョンのほうが、夫(大和田伸也)の最後のキメ台詞も決まって、TULIPの音楽も効果的だ。

さくさくスィーツ

さくさくスィーツ
神奈川県金沢文庫の手作りパンの店「ペペルル」のチュイールというお菓子。うすく香ばしいサクサクした食べ応えに何枚でもいけちゃう。アマンド、ココ、ゴマ、オレンジ、シトロンの4つの味があるが、わたしはアマンドかココナッツがお気に入り♪

成功者の告白

成功者の告白
神田昌典著書の「成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」。

めちゃめちゃ勉強になった。ビジネス書なのに小説仕立てだから読みやすく、ぐいぐい読める。経営者に、起業を目指す人に、そして社員にもその奥さんにもおすすめ。

使ってるときも使わないときも楽しめる

使ってるときも使わないときも楽しめる
バナナの皮といえば、滑って転ぶ、の古典。これはその常識を逆転発想、バナナの皮のドアストッパー。ユニークで柔軟なアイデアに感服。

リッツカールトン東京アフタヌーンティー

リッツカールトン東京アフタヌーンティー

なにかと思いきや、、、
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

紅茶がさめないように火の上においておいてくれる。これがうれしい。

リッツカールトン東京アフタヌーンティー

ジャム。いちご、はちみつ、アプリコット、オレンジマーマレード。どれも試してみたけど、オレンジマーマレードが一番♪
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

一番上のお皿にあるスイーツ。一人分を並べてみた。どれもしっかりとした濃厚系。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

2番目のお皿のカナッペ類と3番目のお皿のスコーン。これも一人分をとってみた。カナッペはどれもおいしかったー。スコーンは温めて持ってきてくれたらよかったのになあ。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

はい、これが全貌。ちょっと上目線から。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

これは真横に近い目線から。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

グラスシャンパンまたは絞りたてフレッシュジュースが選べるので、シャンパンにする。モエシャンドンです。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

フキンについているリッツのロゴ。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

こちらはおしぼりについているロゴ。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

あ、これもジャム。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

テーブルにあったお花。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

紅茶は選ぶのに、リーフをこんなふうにケースに入れたもので選ばせてくれる。期間限定の桜ティーはこの中にはない。
リッツカールトン東京アフタヌーンティー

予約していた席に案内されると、テーブルはこんな感じ。お皿の上には目にも鮮やかなピンク色のメニュー。

今日から、ザ・リッツ・カールトン東京の45階のザ・ロビーラウンジ&バーで期間限定のアフタヌーンティー、チェリーブロッサム アフタヌーンティーが始まるというので、それをみっちり4時間半かけて楽しんだ。

メニューは、【ザ・リッツ・カールトン アフタヌーンティー】 :8,900円

グラスシャンパン又は絞りたてフレッシュジュース

フォアグラテリーヌ トーストにのせて
スモークサーモン
ベルーガキャビア、スモークスタージョンカナッペ
ロブスター、マンゴーカナッペ
クラブミート、アボカドカナッペ
パルマハム、メロンカナッペ

桜マカロン
抹茶のシューパフ
豆乳とチェリーのコンポート、桜ゼリー添え
デュオ
苺とバニラクリーム

桜のスコーン、クロテッドクリームとジャムを添えて

ザ・リッツ・カールトン東京スペシャルブレンドコーヒー又はお好みの紅茶と共に

今日の残業の友

今日の残業の友
パンダかわいいです。カリカリ残業もちょっぴり緩む。

手の所作も変わっちゃう?!

手の所作も変わっちゃう?!
シアバター入りのロクシタンハンドクリーム。少量でもしっかり保湿、でもべたつかない。何より上品な香りがいい。

花はけがれなし

花はけがれなし
たった一輪の花でも見る人に与えるものは多いとあらためて思う。美輪さんがオーラの泉で花にはけがれがないと言っていた意味を感じる。

緑色がまぶしい

緑色がまぶしい
ニンジンから芽が出た。小さなかよわい芽だけど、生命力を感じる若々しいグリーン色がまぶしい。

最近の挑戦

最近の挑戦
カカオ分が高くてチョコレートなのに苦い。おかげでたくさん食べないで済みます。

腐女子の品格

腐女子の品格
昨日書いた「腐女子」ネタの続き。

「腐女子だって!こんなサイトがある~!」と昨日オフィスで話していたら、今日臨席の同僚がその名も「腐女子の品格」という本を貸してくれた。マンガ好きだから、自分も腐女子かと思って購入したら、該当してなかったそうだ。

さてこの「腐女子の品格」、まだ読んでいないのだが、Webの特設ページをみると結構売れているらしい。今年の1月に発刊して、5日後にはもう増刷が決定したとか。って、初版の読みが甘かったとも言えるのかもしれないが。

腐女子度診断のあとにある4段階レベル別の漢字検定、けっこう間違える。お試しあれ!

社会の変化を感じる

Fujyoshi
腐女子(ふじょし) http://fujyoshi.jp/
ボーイズLOVE好きな人=腐女子を応援するポータルサイトだそうだ。
コンテンツもユニーク。

・腐女子数珠つなぎ
 →腐女子が友達の腐女子を紹介していくインタビュー連載

・腐女子徹底解剖
 →腐女子度チェックもある

・腐女子座談会
 →参加の立候補もできる

・腐女子用語大辞典
 →ボーイズラブ用語集。知っている言葉でも解釈がちがうぞ。
 
・腐女子の輪プロジェクト
 →日本の腐女子の数をカウント。10万人目指し、現在1359人。

・腐女子活性化委員会
 →PDFマガジンの購読とバナー配布

 などなど。

腐女子用語はちんぷんかんぷんだ。

男らしいランチ



普段の棲息範囲にはないので、知れども行ったことのない「餃子の王将」。餃子2人前にサラダとスープがついた餃子好きにはたまらない定食。こんなに食べれない、と思ったけど結構ペロリ。
コップは、OHSHOロゴがアサヒビールロゴと勘違いしちゃったほど、雰囲気が似ていたので記念にパリチ。

有機栽培のバナナ

有機栽培のバナナ
今朝、昨日買った有機栽培のバナナを食べた。まだ若いのだが、そのわりには本割と甘さが感じられた。おいしー!というものではないなあ。値段は普段の2.5-3倍なのだが。

有機栽培のお弁当

有機栽培のお弁当
カラダのキレがあまりよくないことが多くなった。食の見直しが必要かなあ、有機栽培に切り替えると改善されるのかなあと有機野菜にぐぐんと関心が高くなっていた。

今日は外出のついでに東京大丸百貨店にある有機野菜のお店「ビオ・マルシェ」に寄った。1680円の有機のお弁当(お惣菜と雑穀ご飯)を試してみることにした。

雑穀ごはんは白米といなきびと黒米だが、もちこめが入っているようにもっちりしている。このもっちり感はキビなのだろう。もともと雑穀が好きなので、ごはんはいける。

おかずは切干大根、ひじき、キャベツロール、しいたけと高野豆腐の焚き物、かぼちゃ、チンゲンサイのおひたし、何かのコロッケもどき、それからよくわからないものひとつ。味つけは総じて薄い。その中で高野豆腐だけがやけに濃く感じられる。口に含むとしっかりと甘さが主張していた。

量としては足りない感じ。味の薄さなのか、素材のやさしさなのか、単純に量が少ないのか。

味付けも量も、本当はこのくらいでいいのかもしれない。普段口にしているものが余計に味付けされていて、量も必要以上に摂っていたのかも。

裏塾バンザイ!

女性起業塾の3回目のワークだった。前回掘り下げた自分マーケティングを起業するビジネスに結び付ける案を発表する。メンバーのみんなの発表を聞くのが面白い。自分では思いつかないようなことを考えている人がこんなにいることが新鮮。

このワークの後に塾生で集まって交流を深める、その名も「裏塾」、これがまた刺激になる。女性起業塾に来るくらいだから、みんなかなり個性的だし、ポジティブだし、意欲的。ちょっと気になっていることなんかを口にしようものなら、だれかしら知っているとか体験したことがある人がいて、いろいろご教示いただける。今日も話の中で、いくつか帰ったら調べてみようとか、わたしも試してみようと思うものがあった。これからググッてみるぞ。

貴重な出会いに感謝しつつ、自分も彼女たちに貢献できる人になれるようがんばろー。

わたしも起こしてほしい

今、男性にめちゃめちゃ人気の「AXE WAKE-UP SERVICE」。

Axe01 Axe03

Axe02

ウェブサイトでモーニングコールをかけてほしい時間を指定して、自分の電話番号を登録して申し込むと、女性スタッフがモーニングコールをかけてくれるサービス。2月5日からスタートしているが、開始から2週間で100万PVを超えるほどのアクセスがあるとか

わたしはもともと朝に弱いのだが、とくに最近は遅刻が増えてきた。このサービスの男性版があったらいいのになあ。

強力なコピー

フジテレビ(CX)木曜23時放映の「VVV6 東京Vミシュラン2」を見ていたときのこと。その時のテーマはハンバーグで、ゲストは森公美子石塚英彦。ゲストがこの2人ということで、もちろん想像に絶する大食い。普通は3軒廻るのに、石ちゃんがぜひとも!と番外編としてもう1軒、合計4軒だった。

もう三宅健が食べれないと言いつつがんばっている4軒目、ゲストの2人はぜんぜんスピードが落ちずにバクバク食べている。

それを見た三宅健が一言、「吸引力が変わらない、ただひとりのデブ。」と。

そう、ダイソンの「吸引力が変わらない、ただひとつの掃除機。」というコピーのもじりだ。

これって実はすごーくコピーライター冥利につきる瞬間だ。まったく掃除機とは無関係のシーンでギャグに使われてしまうほど、この広告コピーが記憶されているということだからだ。

ころころとメッセージやクリエイティブを変えたり、タレント頼みの日本の広告とは一線を画す、ダイソン。ずっとシンプルに同じことを何年も伝えているという戦略の勝利だと思う。

とりあえずスイムキャンプ

とりあえずスイムキャンプ
何かカラダを動かすことを習慣にしなければと考えていて、近所にプールがあるからとりあえず水泳帽を買った。一回50円で借りることもできるのに、1860円のものを買ったのだからガンガン泳ぎに行かねば!

TABASCOはどのくらい熱い?

TABASCOはどのくらい熱い?
海外のTABASCOの広告。トウモロコシにタバスコをふりかけると、ポップコーンができちゃうくらいHOTというわけ。コピー不要なクリエイティブは、言語の違いも心配ない。

桃なんぞ活けてみました

桃なんぞ活けてみました
三日前に買った桃を活けたところ、ちょうど桃の節句の今日、めいっぱいという感じの花盛り。
それにしても気付いたら花を活けたのはなんと10年ぶりかも?!

独創的な片岡みい子さんの作品

片岡みい子さんの
片岡みい子さんの
片岡みい子さんの
片岡みい子さんの
片岡みい子さんの
昨日に続いて「it's展」。michikoさんのご友人の片岡みい子さんは非常に多才で多忙な方である。今回は赤で統一された奇妙な愛らしいキャラ。上から2つめは「君のことが好き!」と言えずにもじもじしている様子、3つめの作品は「直帰だから、bye!」という瞬間だそうだ。気持ちが伝わってくる、くる、くる!

モビールもどきは工作のようで楽しい。全体はうまく撮れなかったので、パーツも撮ってみた。うーん、どういう発想からこうやっていろいろ生まれるのか、不思議だ。

片岡みい子さんの作品はカラフルで楽しい。LEO GALLERYでもっと見れる。

michikoさんのまなざしと無題

michikoさんのまなざしと無題
michikoさんのまなざしと無題
michikoさんのまなざしと無題
今日はwebスクールのクラスメートだったmichikoさんが、毎年ご友人と銀座で開催されている「it's展」にお邪魔した。michikoさんの作品は「まなざし」と「無題」2点。ケータイ写真なので作品の良さがいまいち伝わらないのが残念。michikoさん、ごめんなさい。

michikoさんは仕事をもちながらもずっと積極的に絵を描いてこられている一方、ホームページ制作や動画編集やら、、といろいろチャレンジ。そのやわらかな物腰と反対に精力的なクリエイティブ活動をされているのに敬服。

表現したいことがあるっていいことだなあ。

小さな支援だけど

小さな支援は
ホームレスの人達の自立を支援する「THE BIG ISSUE」は、ホームレスが路上で売る300円の雑誌(この間まで200円だったと思うので、値上げしたみたい)。300円のうち160円が販売者の収入になるらしく、ホームレスの自分支援をしている団体だ。1991年にロンドンで始まったそうだ。

自分が支援できることと言えば、、と考え、販売者に会うと購入することにしている。毎回表紙がハリウッドスターだったりするので、買うのも楽しい。内容も毎回興味深い。

購入するときは、販売者の方が早く自立できるようにと願いつつ、お金を支払い、祈るのだ。ぜひがんばってほしい。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • uniqlo calendar
  • uniqlo march